帆待ち

あと少しで連休が来る無事に終わって欲しい
出来る事ならなくてもいいかとさえ思ってしまうのだ。
シーズン初めは海は歩いては戻れないと実感する船が必ず一隻か二隻は出て来る。
命への執着はどんどん薄れているのに海への恐さは歳を食うほど深まっている。
ボート屋にとっては高い銭を出して海に出ないお客さんほどありがたいお客さんはいないのである。
海に出ない事が最高の海上安全安心なのだ。


この冬の猛吹雪に一党一強の北朝鮮からの船と思われる木造船が漂着して来た。
まじかで見る船は想像より遥かに大きいがボロボロの木造船で、よくこんな船で波長の短い日本海で漁をするなと思った。
左右の舷は広がらない様に16ミリほどのボルトで留めてあるだけでボルトが切れた時には船はバラバラになるだろう。
同じ海でシノギをする者としてもし乗員が船内に残っているなら荼毘に付して国に帰してやって欲しいと切に願う。

海が開けて漁が始まった これは全部ザッパ魚で流通に乗る事は無い 分け魚にもならない箱代にもならないので捨てるしかない
北海道は広いその為に輸送費が掛かる市場まで50キロなど普通にあるが 
修理工兼そこそこの小商人(こあきんど)の俺にはなぜ道端で売らないのか不思議で仕方ないのだ。
よくはわからんが海で身体を張って生きる漁師は金の事を口にする事は何か卑しいと思ってる節がある 
それは職人と言われる人達にも共通する部分がある 
自分が作った製品をタダでやるから持って行けと言うが買うなら
『 俺からは言わんお前が値を付けろ 』と言う なら一円と言ったら怒らずに渡すのかと
小商人(こあきんど)の俺から言わせると だからいつまでも貧乏こいてるのだと
無意識のうちに原価計算を下手にする処に間違いがあるのではないかと思うのだが 
元々は捨てるものなのだホマチ銭なのだ。

『 このホマチとは帆待ちから来てると初めて知った それは由良港資料館で北前船の帆から来てると説明書きにあって知った 理由は大阪商人ならではでなるほど思った。ホマチ 』

50円でも120円でも買って貰えるならそれでいいと思うのだが子供に鉛筆を買ってやれるべと
段ボール紙に書いておけばいいだけと思うのだが
海ではクソの役にもたたんプライドがあるのか組合のシバリがあるのか
魚が口に入る それは安い魚しか買えない人を助ける事にもなり魚にとっても嬉しい事だと思うのだが

越冬ヌマチチブ

もっとも魚がどう喜びを表現するのか毎日水槽の魚を見てるがいまだにわからん

自民党パチンコ議連大臣うんざり

自分でもうんざりなのだ
俺は整理整頓が出来ない 最近つくづく情けないと思い始めてる。
思い当たるものは整理整頓が出来ないのは頭の悪さとある程度目鼻が付くと片付けずに次に仕事を移るからなのだ
後始末が出来ないケジメが付けれない奴と最近気付いた。

オリンピックに全然関心がない俺にとって復興とオリンピックがどう関係あるのかわからん
まず先に片付けるものがあるのではないのかと
原発さえ無かったならもっと早く始末出来たろうに

チェルノブイリが広大なロシアの何処にあるか知らんが後の無い俺ならロシア産も一向に構わんがもし子供や孫がいたらロシア産の食品は食わせない
WTO海外から見たら日本は狭すぎる島国だと思う。
政府も電力会社の人達も全員子供も含めて福島産を定価で買って食い続け
そのうえでの提訴だと思うのだが

自民党パチンコ議連の大臣が辞任した。
党首が決めた事にイエスとさえ言っていれば誰でも大臣に議員になれる事は
わかっていたがヤッパシなのだ。
安倍政権は地方の事など真剣には考えてはいないのだ。
そう言う人達なのだ。
うんざりなのだ。

鴨ネギ

ほんと忙しい 
その一番の理由は売りたいと全然知らない人からも連絡が来る為に売りたいと言う船の見積もりで地方に走る事が多いのだ。
売りたいと言う人が表れる時に不思議な事に一定の時期と流れがあり 
なにか太陽の黒点と関係があるのかと思うほど誰かが売りたいと言い始めると続く
この業界ではかなりの数の船を売っても来たが 買っても来た。
そこで感じた事はどんな場合も通用すると思うので残り少ない俺の戯言と思うがここで

親の稼業を全否定する者で現在 大金を持っている者は鴨がネギを背負っているように見えるのだ。
それはどんな稼業でもドロボウ稼業だろうがヤクザ稼業だろうが大社長稼業でも変らないだろうと思う。  その親の稼業でメシを食わして貰い学校にも行かせて貰い 育てられた事はほぼ間違えないのだ。
見ようとする者には見え 聞こうとする者には聞こえる。
一番傍にいてその親の苦労を全否定する者は何も見ていないに等しいし これからも何もみえる事はないだろう。  それでも元気のある者で一時的に金を持ってるのは逆起電流現象の様な気がしてならない
それは金を持ってる時から没落するまでの時間が短いのだ。
もう何度も没落ゆえに手放す事になったそんな船を買って来た。
船を最初に買って貰う時の商談で言葉の端々に親を否定する者は手放す時も早いだろうと感じる事が多いし その通りになる事が多い
物が動く時にすべてとは言わんが利益が発生する 親を否定する者は鴨がネギを背負っているように見えるのだ。
時節の見切りが出来ない 決断が出来ない者は損を上乗せする事になってゆく
鴨ネギにならないように親の生まれた土地を見てそこに素足で立つ事を薦める。


遥か向こうに見えるのは三頭山連山か
あまりいい取引にはならなかった早く帰ろう 
もう大した食いたい物もない銭もたいした要らない年寄にとっていい取引とは銭の過多ではない
気持ちよく終わるかどうかなのだ。

選挙が終わった。

13億人も居て広さはなんぼあるのよ!と言う中国と言うだけでいまだに二級品と決めつける人は多い
食糧生産基地の北海道に原発もカジノも要らない なにかあった時には北海道など狭い
北海道と言うだけで買って貰えなくなる事は目に見えてる。
なんぼ善意があろうがこの自由競争社会 己の失点は競争相手の得点になるのだ。
新知事の若さ期待にしたいが衆議院の足掛かりの道具にしないようにと願う。
 

京丹後 自分にないもの手の届かないもの普通の場所 普通の人を見るのが好きなのだ。

今年は週2日働いたら5日休みたいと思っているのに鴨の足掻き状態で何がなんだか毎日が忙し過ぎて気持ちにも余裕がない 
元々性格は短気で荒く身勝手で結構セコイのでブチ切れそうになる日々を送っている。
あ~あ~何処か雪の無い何処かに行きたい
雪もまだ降ったりやんだりで春とは言えないし 気持ちも仕事の切り替えも出来ないのだ。

日本列島は長い この長さが気温の違いを生み品物の格差を生み、それは必要とされる時期も違い価格の差にも繋がり その格差は北前船のように利益にもつながってゆく
この長い日本列島のドライバー不足はもっと深刻になるだろう その時に運転手一人で大量に運べる鉄道線路を無くした事を後悔しても後の祭りなのだ。
一般道の危険な自動運転などせんでもいいと思うのだが
廃線になった処は沢山あるが JR北海道島田社長は金も無いのにまるで復活を恐れかのように金を掛けて廃線と同時にすぐ線路撤去をする。
雪原や車では見る事が出来ない草原の中を走る北海道の鉄道は良い観光列車になると思ったのだが
残念 
人が乗り降りしないすれ違う事のない駅など駅とはいわん


 
 

増毛醤油

朝ドラを見始めて朝の時間が拘束されマズイと思いながらも見てしまう。
まんぷくの手法は何にでも通用すると思ったので
偉大なガムテープに繋がる次はセロハンテープ開発物語かと思ったのだが
違って北海道が舞台になった。
毎回次回は一週間は見ない事にしてるのだが今回は二回目から見始めてシマッタ

『 よそのメシにはトゲがある 』
と言うが他人のメシを食った者にしかわからない言葉と思う。
一食や二食ならいいが毎日毎食となると拷問に近いものがある。
性格が悪くなるかそこを逃げ出すかしかない 物語なのでそうはならんが極寒の十勝ならやがて凍死かそれなりの稼業に付くしかない
草刈正雄のやり方は正しい選択だと思う。働いて使用人として堂々と食って生きる。
昔はおかずは大皿で出て来る事が多くそれを取り皿で取るのだが箸を付ける順番が暗黙のうちにあり
忖度しなければ食って生きてゆく事は難しかった。
最後に残った一個のおかずをどう取るかでその後の人生が変わると言っていい
笑って誤魔化すかコッソリ取るかほんと難しいのだ。どうしても上目使いになってしまう。
江波杏子のような三白眼お姉さんに手を出したらどんな仕打ちが待ってるか知れんと思うほどの
恐い~三白眼はその人のそれまでの生活が表れると思うのだが

俺は実親から虐待を受ける子供達は毎日がそんな日々を暮してると思うとたまらんのだ。
朝は近場の漁師の網外しを手伝い魚を貰い 山に山菜を採りに行って働いて自分の手で食う
自分で稼ぐ事が出来るまで いっそここ増毛に施設を作っで腹一杯食って生きた方がいいとさえ思う。
廃校は沢山あるし少しは手伝う事も出来ると思うのだが

育ち盛り食い盛りの時に食い物を得る、食うと言う事はそれほど大変な事だったと朝ドラを見て思い出してしまった。
親のゆがんだ価値観がはけ口として子供を虐待すると思うのだが それが本当に歪んだ価値観なのか もしかしてその歪んだ価値観は周りから与えられてるのかも知れないと思う時に自分の頭と手で考える事が必要と思うのだが
自分には何が出来るのか何が出来ないのか知る事はとても大切な事と思う。


なんにでも醤油をザブザブと掛ける俺は醤油が大好きで少しうるさい
町内の健康診断に行ったらこの減塩醤油を2本貰った。
胃ガン検診に行くと何が嫌といってチ~を抜かれるのが一番嫌で倒れそうになる
チ~を抜き取ってる最中は
もっと色っぽいネエチャンならチ~の出もいいだろうにとか
他の事を色々考えて過ごすのだが
やっと終わってレントゲンになると「 ハ~イ右に回ってもう一回右に 」
緊張が解けるのか あれ~どっちだったべと上下左右グルグルと回されて方向音痴になり右と左が分からなくなる。
時計をしてるのが左なのでとか考えてから回ったりするが
作業員はまったかよチッと舌打ちもせずに指示する声は全然変わらずに
「 反対で~す 」と言う
 爺婆相手にムッタシ来るだろうにと思うがそれを黙々と毎日何十回と繰り返す
声の主に俺には絶対に出来ない仕事と尊敬してしまった。

令和

人間生きてゆく限り知ってるか知らないかはあっても
そんなはずではなかったと思わぬ事に何かに加担する事は沢山あるだろう。
それが昭和の初期時代だったと思う。

最低限の食ってゆく為に食糧を得る為に動く事はあっても
働く仕事なら
今自分の手で作る小さな部品が四方から集めれて組み立てられ 
やがて出来る物が後世の役に立つ事になって欲しいと願うだろう。
そうして何をやってるんだと言う退屈な流れ作業の様な日々を真面目にコツコツと過ごす。
小さな源流の水が集まりが大河となってゆくような人々の暮しを束ねるのが政治というものだと思う。
そのコツコツと積重ねる退屈な日々の中で
捨てあったたパイプ椅子を剥がして穴を開けて
板を拾って来て緑の色を塗って
水が漏って来ないようにさらに緑の色を塗って 
ああでもないこうでもないと水に浮かぶ姿を思い浮かべて考えて考えて造ってゆく
そのささやかな庶民の幸せを守る指導者とは政治とは
いつの時代も政治家に求められているものは無我無欲ではないのか
ら行の令 昭和の和 令和

北前船

いつもなのだが旅から戻ると あれはどうだったべ~と見落とした事を思い出しもう一度見にゆかんとないと同じ処に何度もゆく 
二度目の琵琶湖だったがまた行ってみたいと思い始めてる。

今回は偏西風に乗って北上した北前船の戻りに二つの航路があった事がわかった。
一つは敦賀で荷を馬に積み替えて琵琶湖を船で渡り大阪に出る航路と そのまま下り関門海峡を通り大阪に出るコースがあった。
当時は西洋の船やヨットの様に風に向かって走る事 切り上がる事が難しかった日本の船は
追い風に乗って走る為にアメリカ側に流される太平洋航路は動力船が出来るまで中々発達しなかった。
その点は難破しても流されるのは日本の陸地だった日本海側航路が早くから発達する事になってゆく
北前船が運んだものは古着や酒など様々な物が運ばれたが同時に近江商人や富山の薬売りなど
人も考え方も商法も荷物と同時に運んだ。
なのになのになのだ 太平洋側と日本海側ではあきらかに格差がある なぜそうなったかは今回は少しわかる気がした。
地球を見た場合は都市は北半球に多くそれも偏西風の吹く北緯40度周辺に集中している。
資源は南半球の方が多いと思われるのになのだ。
これは勝手に想像するのだが個の確立の問題ではないのかと思うのだ。
個の集団が地方であり地方の集団が国なってゆくと思うのだが

 
由良港 慶応時代高札の説明文
北前船寄港地は動力船や列車の普及と明治維新の中央集権によってザップンピュ~と黄昏てしまった。

北海道でも莫大な資源を誇った12号線と452号線に囲まれた産炭地は今は見る影もないのだ
それはすべて中央に持っていかれた結果なのだ。
さらに旧産炭地振興と称してビックリするほどの箱物がアチコチに点在するが それを建てたのは中央の大手ゼネコンでその稼ぎはほぼ中央に持っていかれて現在は財政再建団体になって爺婆から集めた銭で借金を返済してる。
これは返せない事が分かっているの貸し付ける 
最後は娘だせ~と 寝ている病人の布団を剥がす悪徳金融の手法で
それに乗っかってシマッタ首長を頂いたか 選んだか個の馴れの果てなのだ。

弱い者を見捨てるのは人として忍びないが手を出すにも財源がいる 
ではその財源は何処から出るか
それは強い者にせいぜい稼で貰うしかない 儲ける事が趣味で銭には頓着ないと言う者も確かに居る。 

自民党と言う強者を守ろうという党があり対極に共産党と言う弱者に寄りそうと言う党があり
そうした両輪が成立った時に初めて国が成立する事になってゆくような気がしてならない

それが現在では偏狭な指導者によって、相手を殲滅する所までやろうとする。民主主義の限界をみる。
やがて江戸時代の様に絶対君主制が始まるのかもしれない 江戸時代も民衆受けしないバカ殿は結構引き摺り降ろされたりしたらしいし
庶民にとってどの時代が良かったのか今更わからんが 

現在は藩の取潰し切腹はないので気を付けていれば良い時代と言えるし
いまは選挙と言う手段がある
それは間違いなく大事なもので大切にしなければない
一党独裁などロクた事がないのは歴史が証明してる。
願わくば右も左も両輪の均衡と尊敬を持つ選挙であって欲しいと思うし
それが日本海側もソコソコに生きて食っていける道と思うのだが

山陰完

結婚を控えたお姉さんが鉢合わせになった強盗に襲われなくなった事をニュースでやっている

空き巣対策にクレセントを増やせとか言ってるが
二階など人目に付かない場所なら時間が掛かっても窓を外す事はやるだろう。
クレセントを増やす事も大事だがもっと簡単な方法があるのにニュースではなぜ教えないのかと不思議で仕方ない
知らないのか それともセコムなど防犯業界のスポンサーに遠慮してるのか
以前はかなり高価だったが今は1000円~2000円程度で国産品が買える
窓に張付けるだけで窓を破ったら100デシベルの警報音がなる
商品名は『 防犯ドアアラーム 防犯センサー ドア窓用 』
などで検索するとなんぼでも売ってる これは窓を破った時点で音が出るので
たんなる空き巣ならそれを無視して続ける奴はいない


最終日はもう一度見たかった琵琶湖水族館 琵琶湖に生息する二枚貝

マルドブ貝

ちなみに美唄とはアイヌ語で二枚貝のいる所と言う意味だそうだ確かに石狩川周辺に沢山ある三日月湖には数年前には二枚貝は沢山いたが今は全然いない なぜだろと不思議でしかたない
採取は年に10個以内と決めてる俺が絶滅させたと思えないが


バイカル湖のカジカ ベスチャーナシロコロブカ 日本にも淡水カジカは沢山の種類がいるが北海道のカジカは見る限りは
内地のカジカよりバイカル湖のカジカの方がより近いと思わせる 俺が水槽で飼育してるカジカはこのカジカにそっくりで急流を作ると水槽でも簡単に増える。
さすが北国産しぶといのである。


燃料も出来る限り小さなスタンドで入れるようにして来たが 感覚では山奥も大した価格はかわらん 
フェリー代以外の手持ちの銭4万円が尽きたので
3月7日 フェリーに23時乗船 翌21時には小樽に着く
同じ車のチョット特殊な集団とフェリーに乗り合わせる。
なんとなく動きに無駄がないトンネル工事などの特殊な仕事集団か
今回の旅で気付いた事は もう大都会では車に乗れない事を知った 一生掛かっても弁償は出来ないだろうと思う高級車が大都会ではギリギリに近づいて来るのは財布も俺も恐かったので広島から尾道と岡山に行かずに戻ってしまった。

岡山市には今の俺を作る切っ掛けを作ってくれた人がいる。
逢ってもなにも言葉にする事は出来ないだろうし 
託された事は見事に失敗に終わり面と向かって逢えるほど今の自分に自信が持てないのだ。
何が悪かったのか今は少しわかる 無我無欲の境地になれなかった事が大きいと思っている
その事は数年の間一日たりとも忘れる事は無かった。
人間過ちは沢山あるし確信犯的な事をする事もある そこにはおのずと限界点、限度と言うものもある。機械でさえ下降伏限界点と言うものがあるのだ。
気付かずに戻る事の出来ない領域に足を踏み入れる事もあるだろう 
もし悪事を働こうと思うなら 
それは相手にはとんでもない人生がその後に待ってる事を想像する事が大事なのだと思う。
これやったら相手は困るだろうなと、
何百億という星の中で偶然にも地球にたった一度しかない人として生まれた甲斐がない
人と人の狭間で生きて行く事にわ 臆病であれ慎重であれと俺は思う。


放射能で汚染されたガレキの中を誰を探してたたずむのか 
戦争は政治の最大の失敗で最大の悪事なのだ。
臆病であれ慎重であれと 山陰完

平成秒読み

選挙が始まる。
たまに誰それを知っていると言う奴がいる。
「 だからどうしたのよ 」と普通はなる。
その相手がヤクザのオヤジだったら 
そんな名前を出す奴はアンポンタンなので、コイツは少々気を付けようと思うが
それが政治家だったら 
そんな名前を出す事自体がとても恥ずかしい事と思うのだが
ただその政治家が忖度させる奴だったら話はまったく変ってくる。 
「 事と次第ではよきに計らいますょ~ 」
とプンプンと臭いを自分からまき散らしてるから回りも個人利用をしようと
忖度する事になってゆくのだ。
普通であれば王道は決まっているのだ、忖度などは有ろうはずがないのだ。

あと数日で元号も変わる。
まさか党則を2度も変えて4選を見据えてる相手に 忖度して新元号が
『 永安 』  にならんべな

200パーセントの食料自給率の北海道にIRはいらん
ギャンブル依存症が現在でも
子供も大人もまったく賭け事をしない者も含めて全人口の4パーセントもいるのに
さらにIRはいらん
帰りの旅費もスッテンテンになった外国人の不法滞在は目に見えてる。

国と太いパイプがあろうがいい風にされるのは沖縄を見てるとわかる。
誰が消していいと言ったのか早々と日高線も地図上から消えた事だし
都合が悪ければ自治体の民意など首都圏で働く奴も国も無視なのだ。
原発も必要と言うなら一番必要とする首都圏に穴掘ってでも作れ
基地も東京湾に作るのが筋ではないのか

誰に投票しようがカラスの勝手だが
選挙を棄権する者に世の中が悪いなどと四の五の言う権利はない

サブロー

歳ばっかり食った俺は会見を見て勝手に思った。
イチローは努力さえすれば誰でも自分のようになれると言ってるように思わせる処がある。
それは会見の態度や言葉の端々に感じた。
だがだがなのだ、
グランドには
何処にも今にも崩れそうな崖もない 落ちたら上がれない穴もない 
波頭が何千回と襲い掛かる6メーターにもなる波もない
落ちたら確実にジエンドになる鉄塔もない
イチローはいないが
普通にその辺りにも道端にも海にも山にもスーパーの惣菜売場にも一郎も次郎も三郎も居る。


3月3日 なんてこった。


3月4日 保守が大変そうな崖下を走り続けてここに出た。
本の地図を見てないので一体どこだべ~わからんのだ。


どっかわからんドンドン進むが暗くなり始める。
家の感じからして安芸の国か島根か道端には人っ子一人いない標識も無い
だんだん面白くなってゆく
カーナビは通れるとなってるが実際は通行止めが多いので なにがなんだかわからんくなってしまったのだ。
最初の取付道路が分からんのと操作が未熟なので勘でノースを目指す。
カーナビはそれでも右だの左だの言い続けてるがやがて諦めたのか何も言わんくなった。
AIに勝ったと思った。


真っ暗闇に突然 


焼きそばを食う この辺りは焼きそばは味噌味だそうでなんでも味噌を使うらしい 
途中のスーパーで猪肉を売っていたが髙くて食えなかったと言ったら
持って行きなさいと冷凍の猪を貰ってしまった。場所は蒜山と言うらしい
何処か寝る処を探してすっかり暗くなってしまったが 気を取り直して再度鳥取に入って沼を見たい
海岸線に出るとこっちのもんと海に向かう。