鶴への恩返し


マークルーザー5,7リッター このエンジン下に付いているセルが回らん
30年はゆうに立ってるだろうからビルジ水でボルトは錆びてるだろうしボルトの頭も無いかも知れんもしそうだったらエンジンを一旦外さんない
多少は海の怖さを知っているし修理には保証が付くし先々の故障も色々考えると面倒臭いのでやりたくないが かなり前に俺が売ったので仕方ない
船主はエンジンを始動させれば海に出ないでも満足する人なので
少しは気持ちが救われる。
船底に一万札が落ちてると思って狭い中に手を突っ込んで傷だらけになりながら作業開始

自営業がボヤクのは仕事の内なのだ。
真面に聞いたらイカン
通天閣あたりのオッサンに儲かりマッカと聞いて
「 ボチボチでんね 」は相当儲かってる。
「 あきまへん 」はソコソコ儲かってる。


三菱南部菊水

三菱新光

北炭清水沢

昭和炭鉱 坑道商店が雪の下にある。

北海道は石炭産業に大きく依存して栄えていったが
昭和46年を境に国策によって石炭政策が大きく変わり各地で閉山の嵐が吹き上げる。
その中でも財閥系の三井、住友、三菱などで働いた鉱夫や組夫達はまだよかった黒手帳や他所に移籍も出来たが
赤平や芦別や夕張などの自営業者はなんの補償も無く廃れに任せていくしかなかった。
従業員が居る者は何の補償も無い中で従業員の行く末を案じて
自分の年金を掛ける事も出来ない中で
鶴の様に見ないで下さいと自分の羽根を抜いて従業員に渡し新天地にと
頑張ってねと、元気でねと、新しい親に可愛がって貰いなさいと
駅から手をふり送り出したのだ。
いまがあるのは見えない鶴のお蔭なのだ。

旧産炭地で腰を曲げ杖を付いて歩くお年寄りは残ったお客さんが居る限りはここに居ると残り続けて私財を取り崩し最後は家までも風雪に潰されていった。
北海道には国策で商店街がなんの補償も無く消えてしまったマチは上芦、茂尻、我路、とアチコチにある。

オリンピックより旧産炭地に学ぶべきものは多い
なにをコロナで未来にツケを残す補償金がドッタラコッタラ
本気で泣きを入れるなら自営業などするな!サッサと辞めちまえ
これからは誰の指図も受けんと一本独鈷になったのではないのか

ダメな時はダメ 無い物は探しても無い

ステアリングワイヤーを交換して

ジンクを四個交換してと快調にうんうんと仕事を毎日順調に片付けてゆくが

本日のケッ躓き
何がどうしたのかインペラ交換したが検水口から水が出ん
オーバーヒート警告ランプが点灯し制御センサーが働く
穴径8ミリ程度のパイプか何処かが詰まってるらしい
1時間考えに考えてウオータージャケット内部を見る事が出来るサーモスタットを外しジンクを外し圧縮空気を送って見るが反応が無い
今度は冷却パイプにホースをバンドで止めて水を送り込んでみるが水は通らない全然ダメ
根気よく水を出しっぱなしで1時間挑戦それでもダメ
何がなんでも今日中に修理をして渡さんとないと
数時間挑戦するうちにスズキはウオータージャケットを直接洗うジョイント口がある事に気付く
なんてこったこれだけ長い年数作業をしてるのに思い出さない眼中にない
ネジで止める事で水道ホースは外れる事が無くなったので水道圧を目一杯掛ける。
水道圧力はおよそ0.7MPaありホームセンターで売ってる下手なコンプレッサー以上ある。
直接水を送れる事になって根気よく水を源泉かけ流し状態で約1時間以上流し続けて詰まっている塩の固まりやアルミの化合物を流す事に成功
今度は何処から水が入ったのかエンジンが始動しなくなる。
強烈な点火ミスをさせたのでエンジンをバラして点検し
折角入れたばかりのエンジンオイルとフィルターも再度交換して始動させる
以後ヒートセンサーもオーバーヒート警告ランプも点灯しなくなる。
出来たのは夕方6時頃
なんでもっと早くに気付かないのか
思い込んだらまっしぐらの性格が災いしている。
こういう奴の俺は人と一緒に何かをする事は苦手なので人様の上に立つ事も嫌いで協調性ゼロ
でも不思議な事にどんな原因不明の故障も面倒な作業も一定の流れで一日の仕事終わり時間頃には解決して終了する事が多い
間の時間はサボってるとは思えないのだが
24時間のうちに何か脳や身体が冴える時間か周期があるのだろうか不思議
だから終業時間は5時と決まってるのだろうか

ダメな時は脳も身体も休ませる事が必要なのだと思うのだが
それが出来ない筋金入りの貧乏人なのだ。

負け惜しみと自己満足 

琵琶湖水族館 オオサンショウウオ
古くからサンショウウオやイモリなどにオットセイの〇〇を混ぜたり黒焼きなどと漢方薬になったりするがこれは食ったら犯罪です。

半月ほど掛かった事がやっと終了した。
「 ありがとうございます お世話になりました 」
と深々と頭を下げて去っていったが
ひとつの考え方として国や行政というものは共済会か互助会とほぼ同じで上手く行ってる者や災難に遭わんかった者はそれで良しとし国にミジカメ料の税金を払い災難に遭った者を助ける。
ところが現在のガースや竹中平蔵などは強い者を助け弱きを挫く 運の悪かった者はさらに金がカタキの泥沼にハマる構造になっている。
対策は下々の商人(あきんど)は自分の裁量の中でサッサと諦める事も必要になってゆく
全部が全部ではないがそれは困ってる者を追い詰めない事にも繋がり立ち直りに時間を与える事にもなる。

ここから札幌にゆくには道は大きく二つしかない231号線を通るか一旦北に戻り275号線をゆくか
数を数えた訳ではないがコロナになってから浜通りの231号線はいったいどうしたんだと思うほどメチャクチャ混んでいる。
土日ラーメン屋も再開をしたが完売してシマッタ
バイクは特に多く感じるが北海道でのバイクは内地のバイクとは全く違い
バイクは一年に僅か5ケ月程度しか乗れず
あとは交通機関もまばらな為に車に頼るしかない
バイク乗りはその無駄なバイクと車に銭を掛ける余裕のある人達と言う事になる。
馬鹿タレ政権が経済がドッタラコッタラと言いGOTOトラブルを実行し全国に感染拡大を招いたが
それでもこの231号線の混雑である。

ホント人間って強いなと思う。
その強さの根源は自然の法則にしたがい、
より水と土に近い処に居る者
北海道や田舎は強いと言う事なのだと実感する。

「 ありがとうございます お世話になりました 」
と深々と頭を下げて去っていった子だくさんの彼は家族を守る為に海へと戻っていった。

な~に俺にしたらテ~した事ではない一回フェリーに乗って遊びにゆくくらいの銭でしかない

俺がクタバルのが早いか出世払いが何倍にも大きくなって戻って来るのが早いかと
負け惜しみと自己満足

下々は身を捨ててはイケマセン

 


昨年行ったっきりの
南小樽市場ここは小樽方面にゆくと必ず寄る
もう一か所新南小樽市場もあり両方とも地元のお客さん向けで安くて新鮮
それゆえに観光客も多くいつ行っても賑わっている。
年寄りの魚屋が多いのに可哀想に集団コロナが出たので14日まで休業するらしい

オリンピックは何か国参加するのかわからんが100カ国だとすると危険性は随行員も含めて100倍以上ある事になるし閉塞された空間でコロナのカクテルが出来る可能性も大きく
最新型コロナはTOKYOジャパンファイブリングコロナかガースーオモテナシコロナと名付けられる可能性も大きい

八百長を防ぐ為にレース前は隔離される競輪選手であるまいし隔離された状態では地元日本との真面な競争にすらならない歴史に禍根を残すオリンピックになるだろう。
いまさら主催者ではないと言い出すガースー
その心は責任者ではありませんででわいったい誰が責任者で
なぜにたいした生産性もないスポーツに大量の税金が使われるのか説明して見れと
漁業者や農業は振興の為の様々な補助金はあるが一匹釣る為に
俺が言うのもなんだが高いボートを買って海に出る者に補助金を出す国はないだろう。
なにをどう考えてもこのまま行けばオリンピック関係者は選手も含めは漁業者の間を我が物顔で走り抜ける暴走ボートと同じ扱いになるだろう。
オリンピックは身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれなのだ。


下々は身を捨ててはイケマセン

やっちまった。 

修理屋の悲しい処は故障は突然起きるのとさらに定期的な仕事も入るので予定が立たない
先週は船の狭いエンジンルームに逆さ吊り状態で覗き込んで点検中に胸ポケットから電源が入った携帯が落ちてエンジンルームのビルジに落ちてシマッタ
電源が入った状態で回収に手間取ったが
それでも真水なら何とかなるが流石にビルジ水ではアウトに
仕事柄身体が水に浸かる事が多いのでスマホは使えない
身体が濡れてる場合のスマホの危険性はもっと知らせないといけない思うのだが薦めるばかりで危険性は誰も言わない知らせない

データーが消える前に新しい携帯に移行出来て良かったが
どうせなら世界中からイチニノサンで携帯が無くなったらどんなにサッパリする事やら
『1時間待ちましたサチコ 』と書かれた駅の伝言板
そんな女を待たせる様な奴はサッサと別れてしまえと思った名駅裏の伝言板が懐かしい

一部の船関連で最近変わったのは縄梯子を備えれと言う。
これも危険性は言わない!知らない!
「 あの~お言葉ですが縄梯子を素手で昇った事はおありで 」
と言いたい
伊賀上野の出稼ぎ忍者か相当訓練しなければ下をガッチリと固定していない縄梯子を昇る事は中々出来ない
縄梯子は下がる事すら難しい
使い方と危険性までは考慮せん行政の下々平民に上から目線で何か言ってみるべや~と言う
安心安全の為にと検証なしの思い付き程度の物なのだ。
思い付きで始めたオリンピックも大した検証もせんでやるから鼻からゴタゴタ続きで税金が垂れ流された。
その銭があったなら
どうも最近の人間は自分を過信し頭の良さと頭の中で何もかもを乗り切れると思っている節がある。
甘い これからはどんな疫病や災害があるかわからん何もかもが用意され便利に進む都会では生きて来れたかも知れないが
現場に出て身体を張って自分の手を使って初めて知る事は沢山あると思うのだが

令和銭形平次

やっと忙しいのも一段落し暫しの待機時間が出来たので再び軽トラに箱を載せる事が出来た。
今迄は横に貼っていた50Wのソーラーパネル2枚を屋根に乗っけて発電量を増やす事に
北海道ではソーラーパネルは積雪がある為にカネ勾配が多いが内地では水切勾配程度で空に向かっているので内地と北海道では同じパネル面積でも経費も発電量も全然違うと思う。
北海道でソーラーで稼ごうと思ってる人は注意が必要だと思うのだが
中心二枚は冷凍ショーケースの二重フタを天窓にしたが夜空が見える反面日中は暑い

いまどき銭形平次じゃあるまえし弁当屋で銭を投げた奴は
その後菓子折り持って謝罪に行ったらしいが
親告罪なので俺だったら謝罪に来たら被害届は下げて許すな
謝りにゆくにも結構根性が要る事は何度も失敗し続けた人生で経験済だし
その時の許され方によっては、その人にその場所には今後絶対に迷惑掛けないと誓ったりして来た。
相手は若いし育てていく事も必要だと思うのだが
ネットではま~一度も失敗こいた事が無い奴はこんなに居るのかと思うほど許すなと散々叩いていて
中には終身刑にせと書いてる奴もいる法治国家に住んでいてまともな量刑判断も出来ん
お前の頭の中身はどんな事に成ってるのだと

揉め事もそうだが今迄で何度かの危険な場面に出遭って来た経験から
さ~これからと危険な場面に向かうと言う時は普段元気のいい奴はあまり頼りにならんし
揉め事で恐いのは何も言わない一見大人しそうに見え眼を落す奴は危険で恐いのは常識
本気の奴は足が斜になってる。
令和の銭形平次は声は大きいが充分やり直しが出来るタイプに見えるので赦してやれと思うのだが
ケツの穴が小さい弁当屋店長は許さんと言ってるらしいが俺は意外と女を上げた女性店員はゆるすのではないかと思う。
女性店員も売上は今週一週間は先週の倍は売れるべ~

罰金刑は前科が付くどんな奴でも
親はいる子も居るかもしれん家族の為にも許したってくれ~

高血圧には菊芋らしいぞ~

一体どういう事なのだ時間がない昨年までやっていた事が出来ていない。
5月は石狩川沿いアチコチにある三日月湖に行って鯉の産卵を観察にいかんとないのに今年は一度も行っていない
ここ数年山菜取りにも行っていない
これではド田舎に住んでる甲斐がないではないか

特に感覚ではコロナになってから兎に角忙しいのだ浜にも港にも人が集まり同好の趣味人だと思うが海にはコロナないと思ってるのか
マスクもせんと近距離で話をしてる。
さらに話が合うだけに時間が長い
広い海にはコロナはないかも知れんがお互いにコロナを持ち帰ったり置いて行ってる様な気がする。

人間の裏を見たとかナントカ言って
どうも群れるのが嫌い人達が田舎に集まって群れてる様な気がするのだが
そんな訳で土日ラーメン屋はしばし休業する事にしたのです。


二年で菊芋に掛けた時間は総時間数は1時間未満だが
菊芋の栽培に挑んでいたが今年は芽が出てあっと言う間に1メーターほどに育った。
元々菊芋は外来種で北海道では雑草扱いなのだが不思議な事が沢山ある。
芽が出始めると面白いので耕運機の中古を買って来て耕してみる事にこれにはイタドリの防止の為もあるのだ。


野生えではなぜか斜面にしか生えていないのだ。
それで裏に斜面が留萌に向かって延々とあるのでそこに穴掘って菊芋を植えて見た。

やはり斜面に植えた菊芋は育ちがいいが平面に植えた菊芋は育ちが悪い
なんでだろう不思議 他にも不思議な事がある。

修理工兼商人なので秋には収穫した菊芋を道端で売ってみるかなと思っている。

紀伊半島に行ってからは

十津川村役場前の国道168号線をゆく子供達

紀伊半島ではこの斜面に石を積んで家を建て農地を作るのに
北海道ではそこら中に平地が放置されているので回りにある空き地を耕してみたくなった。
これが俺の悪い癖で飽きるまでトコトンやらないと気が済まない
そして燃え尽き症候群になってしまうのだ。

8メーター水槽ではカワシンジュカイは簡単に育ち大きくなるがドブ貝は難しい
そのドブ貝も10年以上掛かったが越冬飼育に成功した。

人類は機械も生物もいまや、ある程度までは思い通りにする事は可能になった。
商人は心理学者と言っていいが唯一思い通りにいかないものは人で上手く行けば妬みを買い 失敗すれば同情を買う。
どうすりゃ~いいのだと思うが
この歳になってやっと人は自分の思い通りにしようとしてはイケない領域なのだと思うようになった。
どうも政治家連中や指導者達を見ると人を機械や作物並みに思い通りにしようと思ってるではないかと思う時がある。
ド田舎でさえこの状態なのだオリンピックなどやったら何が起きるかわからん

すっぱい, しょっぱい、しっぱい、

俺は酒一辺倒でビールはまったく呑まないが最近数杯呑んでみた結構いけるぞ~
頭も悪いので何をしても器用に両立と言う事が出来ないで何かひとつに賭けて来たがそろそろ切替時期が来た。

最近のニュースでオリンピック中止がドッタラコッタラ言ってるが誰かの関係ない者の命を賭けてまでやる事ではない
中止した場合は違約金がドッタラコッタラ言ってるが
この状態でIOCとやらが違約金をもし盗ったら今後オリンピックに手を上げる国など出て来る筈はなくオリンピックが成り立たなくなるだろう。
寝技はオリャっと返した時点で裏と表が逆になるだけ
オリンピック中止を言わんのはIOCでなく政権の身内の財布が困るからなのだろうと思うのだが
苦労の無い性格の悪い親方を持つと下は惨めな思いをする。

宮本武蔵は負けた事が無いそうだが逆を言えば負ける相手と闘わない事が勝ち長生きする為の一番の秘訣になるが
どうしても喧嘩になったら自分を知り相手を知る事が大事になってゆく事を孫子は言っている。
若いガキの頃は感情に任せて喧嘩になったが 其の内にそれでは身体が持たんくなって喧嘩の仕方を少しは考える様になり
喧嘩に勝ちたければ一般常識や多くの人達が持つであろう一般的な感情を持つ事だと思う様になった。
回りが見えなくなった時点で負けるのだ。

航空機を新潟に緊急着陸させたニイチャンも自分がコロナになるのは構わんが
自分からよそ様に移す危険を回避したいと言う思いがあったならマスクはすべきで
よそ様に迷惑を掛けるなと言う一般常識が欠けてる部分で裁判が喧嘩ならすでに勝敗は付いている。
どんな業界でも専門職になると言う事は一般大衆を一歩超える事になり紙一重で一般常識から乖離する恐れがあるのだ。
そうならない為には一歩前に進む事はやり過ぎで政治家も商人(あきんど)も皆と肩を組んで半歩前に出て地雷を先に踏んでやる気概が無い連中はさっさと自滅してしまえと最近トラブル続きで思っている。


最近漁師のアニ~から連日タコを貰っている。
タコで一番美味いのは
トンビコを生で薄く切ってしゃぶしゃぶで食うのが一番美味いが浜の漁師と肩を組んだん者の特権なのだ。
よく動く処は美味い
アコギな真似するとこの特権すら失う。

2008年に行った岩手阿子木
ちなみにアコギな奴の場合は阿漕と書く

困った時や喧嘩に勝ちたかったら一般常識を身に着ける事
一般大衆に支持されん者は喧嘩には勝てん
ここ数日はつくづくそう思う。
suppai,  syoppai,  sippai, スリーS

新情悶時代パート3

パート2の動画のオヤジは間違えなく職業漁師である。
なぜかと言うと終わりの方で魚を網カゴに入れているがこれはエビやカニなどのカゴ漁を行う際のエサになる。
他の桟橋にはそのカゴがチラッと見てる。
職業漁師としては漁獲量も随分ノンビリした漁師と言えるし
船も26フィート程度あるが漁師の船としては日本では考えられない使い勝手の悪い構造をしてるし
僅かな漁で生計が立つ事が不思議
この動画の漁師は想像するには何処かの水産業に携わっていて定年後に趣味と実益を兼ねて漁業をしていると思われる。
ノルウェーは養殖漁業が盛んで回転寿司のサーモンはノルウェーから来てる。
地形的にも海に面してる部分が多いのも日本に似ているが
漁漁者の生活は天と地ほどの差があるらしい
それは嫁さんと思われる人の着衣や容姿が日本の漁師のおっかさんとは全然違う。
日本の浜では26フィート程度の漁家のオッカサンは網外しをし子供はリヤカーを引いている。
市場に魚を出し終えると今度は加工場か何処かにパートに出掛ける。
この辺の浜の人にはとてもでないが動画に出て来る姉さんの様な感じの人はいない
一つには年貢を取り立てる為に遊んでる事を許さない弥生文化の国民性かも知れないし
仕事しか人生を楽しめない様に躾けられてるのかも知れない


釧路港にイワシ巻き網船団が全国から集結

寒い処に住む者は身体が大きくなるのは生物学上当然の事で北方民族はガタイが大きいが
北海道は江戸後期や明治維新の動乱によって全国各地の集まりなので体格は一定しないが流出はあっても流入は少ない東北にゆくと吉幾三や千昌夫の様なガッシリしたガタイの人が多くいて女性もタッパがある人が多い
北海道ではおよそ700年前に突如消えた北方民族のオホーツク人が居たらしいがガタイがよかったらしい

「オホーツクミュージアムえさし」前に立つ消えたオホーツク人
展示物は改装前のほうが面白かった博物館も水族館もなぜかリニューアルオープンすると暫く面白くない

なんでだろう歴史的には結構アコギな事を繰返して来たのに白色北方民族は何をしても様になってるように見えるのだ。
人類はエジプトのナンチャラ川の傍で生まれたらしいが360万年の何か俺の遺伝子の中にコーカソイドに支配されたり恨みつらみでもあるのだろうか
もうコーカソイドは放っておいて独自の道を歩まんとイカンと思うのだが・・・・・・
このゆっくり走る両方が船首の船が欲しい
銭が無いので密かに似た物を作ったろうかと思い始めてる。
イカン

新情悶時代パート2

俺は今迄、村とか大字とか字とかに憧れがあったが紀伊半島に行ってからは
崖下村は村にもならんほど恵まれている事に気付いた。
この田舎にもコロナがヒタヒタト押し寄せてるが
ここも情報が先走って情報に悶々とする新情悶時代パート2

資本主義も金融経済が身体を張って働く実体経済を押しのけて利益のみを追求する事で貧困国をいい風に使い捨てし続けて限界に来ているが一方民主主義もどこの国の指導者も自分の既得権益を守る事に必死で庶民の事などなんとも思っていない
だがそれでも選挙で選ばれた連中なのだ。
現在のガザで子供達も含めて空爆をしてしまうネタニヤフも選挙で選ばれてるが、
一般人を殺戮する事がイスラエルの民意を表してると限らんのだ。
少なくとも日本では公正な選挙は行われてるだろうが
それは自分達が勝つように仕組まれて、それでも負けそうになると選挙制度まで変えてしまう。
この状態では民主主義が機能してるとは言えなく民主主義の限界が来ていると言うか破壊行為に近いが
それは皆が目の前のニンジンに飛び付いた結果なのだ。
もう目の前のニンジンに飛び付く事は止めなければならない
その為には日々の暮らしの見直しが必要で
本当に大事にするものは何なのか、なんの為に手を油で汚し仕事をするのかを考え直さなければならない
一番手っ取り早い方法は今ある物を使い倒す
自分の手で直せる物は直す
修理工人生が半世紀を超えた俺が思うのは故障する時期は一定期間に集中し
その期間を過ぎると不思議な事に故障しなくなる。
一つには構造や弱点を知る事で対処方法を覚えるからかも知れない


この動画はノルウェーだと思うが首都オスロは北緯59度56分にある。
崖下村が北緯43度51分で稚内市が北緯45度31分なので遥か北にあり相当寒い
この動画のオヤジが使っている船は北欧では大昔からよくある船型で狭いフィヨルドに挟まってもすぐ着岸離岸出来る様に両方が船首になってる。
エンジンは音からすると単気筒ジーゼルだが日本では
あおもり北のまほろば歴史館にゆくとやっと見られるエンジンなのだ。
青森まほろば、だょ、まほろば
それを動かし漁が出来るそれには自分の手で治すからこそ維持できるのだ。
ノルウェーは北海道とほぼ同じ人口だが周辺の家々を見ても日本の海岸沿いによくある黄昏た傾いた家ではない
可処分所得の高さと生活に信念が感じられるのだ。
クソ寒い極寒の北緯59度でなんでこうも生活レベルが違うのか不思議でしょうがない
王国だからなのか
北欧でバイキングと言えばメシ屋でなく海賊だが昔相当儲けたのだろうか
さらに傍に居る姉さんが娘か嫁か非常に気になるのである。

さらにさらに回りの船外機はスズキ製やりすぎだと思う。
急激な変化の行きつく先は、、、、、、、