鳥取県


3月2日の海に潜りサザエを獲って来るとゆく80歳の浅海漁師 
留萌周辺の浅い海はほとんど潜ったと言っていいが一定の年齢になると潜ると頭が痛くなり潜れなくなると思うのだが
準備してる時に年齢を聞いてしまった。
「 まだまだ~東北では90でも潜ってる人がいる 」との事だった。
サザエの店頭価格は一個150円ほどだった。


こっちは5~60代くらいと思うがクッチャべってばかりで中々海に潜りにゆかない
素潜り漁師は男ばかりで海女さんは見えなかった。
ウエットスーツは浮力があるので浮いて来ないように鉛の重りを付けるので何かあっても浮いて来ることはない それが危険なので自分の浮力にあわせた一息分の微妙な調整が必要になる。
男に生まれたら泳ぎは必須科目で元々羊水の中を泳いでいたので泳げると思うのだが 


80歳ドンドンゆく
鳥取は母親の生まれた土地でいったいどの辺りだったのかと聞いておけばよかったと思った。
どんな苦労をして100年も前に一家して酷寒の北海道に来たのかきっと海辺でないだろう思う。
叔父さんは大変な真面目な人でその息子さんも超の付く位真面目な人なのだ。
母も堅物で曲がった事が大嫌いだったがあまり怒られた記憶は無い
どうしてこんないい加減の見本のような父親と一緒になったかと何度も思った。
親父に散々苦労をさせられ次は息子達に言葉に出せないほどの苦労をさせられて結局はいい人生と言えなかった。
 生きてる間に親孝行らしい事を出来たのにしなかった、本当にすまなかった、申し訳なかったと心底思うのである。

在所は海辺ではないだろうからと山に入ってみる。

県道を左にどんどん入るとまるで日本昔話のようなこんな一体どうして生計を立ているのかと思う集落が沢山ある。
山に入れば切り立った空の狭い土地 海で出れば砂が舞う海岸 鳥取県のGDPはそんなに高い位置にはなかったと思うが
方々の県に行ったが ここは暮らすには大変と思う場所は長野県の比ではない
鳥取に比べると北海道や東北はパラダイスと感じてしまったが人間の幸せは小さく切り取った50メーター四方の中にも充分あるような気がしてならない 


島根県に近づくと屋根に鯱が付いているし何か高価そうな瓦なのだ 屋根にいったい幾ら掛かるのかと思うほど立派な屋根と瓦が多くなる。
暇そうな店を見つけては入り幾らもしない物を買いクッチャべるのだが どうも鳥取県人は島根県が嫌いそうなのだ。
それは言葉の端々に感じる事が多かった。

明治以降より江戸時代の方が遥かに永いのだ さらにあらゆる情報がゆっくりと伝わる昔は情報は土地や時節によって脚色され篩に掛けられて流れてゆく 現在より遥かに中身の濃い裁量のあった時代と言っていいと思う。
現在は県割りになったがその時代の藩割り意識が今も残っていたとしても何も不思議はないのだ。
島根は至る処に『 神仏の通る道 』と書いてあるが全国最下位グループの鳥取県にしたら
神も仏もあるもんか『 おもしゃくない 』と言うのもなんとなくわかる。 

観光地の行政主導の箱物はロクタものがないのはどこも同じだがあせってるのか箱物がやたら多いような気がした。

なめたらあかん~♪ VC3000

余部から横にそれて片側は断崖絶壁を軽でないとチョット恐いなと思う道をドンドン登る。
梅か桜かなんかわからんが もはや木に花が咲いている内地の林相は北海道とは全然違い生えてる木では標高を中々判断出来ない 
それだけ北海道は気候が厳しいと言う事だと思う。
九十九折をもう500は登ったかと思うあたりに人家らしきものバス停もあると思ったら
御崎地区分校があってビックリしすぎて写真を撮るのを忘れてしまった。

登り詰めた所に集落があった。なんで生計を立てるのか網などがあるのでどうも漁師だと思うが今いいとして昔は毎日浜にどうやって降りるのか ほんと凄い処にある御崎地区


平家の落武者が住んでるらしい 
今から1100年も前でも源氏も相当しつこくかクドクドと落武者狩りをしたか 滅びゆくものにたいしての哀愁か美学なのか半官贔屓なのか平家伝説は方々にありいまだに語り次がれる。
義経が増毛に来るわけね~べと思うが増毛にも義経が住んだ洞窟がある。


その平家集落にある余部灯台 標高284メーター 日本一高い所にあると書いてある。
あれ~島牧村にある茂津多岬灯台にも日本一と書いてあったぞと思ったが
ま~どっちにせ大したかわらんし困る事もない
ここの凄い処はすぐ傍に集落が有る事が凄いのと登って来るのはこちらの方が危険度は遥かに大きい


ここは矢引和尚の居た処と書いてある 由緒正しい処なのだろう。

まず北海道では考えられない処に人が住んで居る なぜなんだろうといつも考えさせられる。
それと山の常を一つ越えると漠然とだが全然違う感覚になる事が多い
内地の人は500年位前の事でもついこないだの事と思ってる節がある。
あの山の常を超えた所にはロクな者はいないと 競争心と言うか警戒心があるような気がしてならない
よくよく聞くと500年前の戦国時代に山の向こうの奴らに騙された調略にハマったと
あいつらの歩いた後にはぺんぺん草も生えないと言うのは今でも普通に聞く事が出来る。
裏切られたとかご先祖様が討たれたとか言ったりする。
その話は上杉謙信廟や真田村に行った時も当時の事を昨日の事に様に聞いた。
余所者に聴かせる話なのか本心なのかはわからないが 
そう思うとたった70数年前の事で現在も真偽のほどはわからんとしても存命してる人がいる朝鮮半島との問題も聞く耳を持ち 何も出来ないでも聞くしかないのかも知れないが
聞いて呉れないならさらにダダをこねる子供の真理なのかも知れない 
誰であろうが話をしてるなら聞く姿勢と対話の道は閉ざすべきではないと感じた。

これほどこじれた原因は出来不出来はあっても国民に選ばれた相手にたいして
「 取り消しません~ 」
その舐めた態度にあると思うのだが


これ全~部~墓 内地日本海側の田舎には家の傍に墓が兎に角多い それも嘉永とかなんかわからん年代も多く見る事が出来る。
毎日墓参りをしてたら恨み辛みも新鮮かも


家から持って来た酒とスーパーで買った豚肉に一玉50円のうどんを食す 何も身体を動かさないので道中の食事はほとんどこれ 冷蔵庫を駆動させるバッテリーがダメになり買ったのは痛かった。

煙り草

俺にもし取り柄があるなら もうひとつはタバコをまったく吸わない持った事すらない事だ。

今日手紙が来た Tkamiと一緒に昇った裏山の夢を見た 誰かが手を延そうとしている。
もう体力的にも資金的にも無理なのだ。
でもお前が生きていたなら一緒に手を差し出せたかもと夢の中で恨んでいた。
誰かに引き継いでほしいと思ってるが一円にもならんで出る一方で勧める事は出来ないが
頑張れ 一緒に頑張るべと言える子供達が出来る。

なんでお前たちはみんな早じになのだ。
青虫がたかった腐り掛かった枯草に火つけた煙を吸い込むタバコだと俺は思っている。
それにしても毎回住所も宛名も違ってるが届く 
俺の事など間違えてもどうでもいいが・・・・・・・・・
郵便屋のニイチャンもこのクソ寒い冬もバイクで配達を頑張ってるので
届くからま~いいっかと思っている。
もう一回寝よう。

余部橋梁

俺にもし取り柄があるなら ひとつは年金を満期掛けていなかったので 年金や不労所得は月々18、000円しか貰っていない事なのだ。
それでも日々の食う事に困る事はない 冬期間の収入源は時給換算にすると230円ほどをコツコツと稼いでいる他にはなにせここは食糧生産基地みたいなもので貰い物が多い
財布も口座も二つに分けて一つは生活費一つは仕事用の銭を入れて毎月20日には生活費6万円を生活口座に振り込むが毎月余るのだ。
現金主義など仕組みは色々あるが長くなるので端折ってっと

平成は確信犯の社会保険事務所や食品偽装から耐震偽装と振込詐欺と次から次とあったがバイトテロなどと言うレベルではなかった 
それでもまだ日本品質などと言ってるのは他と比べたら少しマシと言う程度のものなのだ。
誰かが陰腹でも切って止めるか意にそぐわない事に手を染めるなら野に下る覚悟が無いのが一番の原因だと思う。
仕事だと言うが一旦チャラにして仕事を失っても場所によっては食うには困らない場所はここを始めに結構あるのだ。

一番は入る金より使わない事と現金主義を徹底する事だと思う。
物を買う時は安い時に買うのは当たり前で 大損の穴埋めに手放し今は株は持っていないがこれは株でもなんでも何かに投資する時の大原則なのだ。
速攻的に通常以上高くなるから儲かるから買うなどと言うのは詐欺に逢うか大損をする事になる。
一定数しかない札を誰かが一人占めしたら他には回らんのは常識で株などで儲けたなどはほんの一部で宣伝でしかない 
その方法手段はなぜかよく熟知している。

分別付く歳になってまでやってはいけない事をやって
他人のたった一度の人生をふいにする事はないと思うが


宮津線 水戸谷川橋梁 ここらで京都府ともお別れ京女と出会いでもと思ったが ここらは京女とは言わんらしい 
能登半島周辺から和歌山周辺に掛けて女性の顔立ちに特徴がある人が多いような気がしてならない


北前船で使用した進路を指し示すコンパス 由良港資料館


余部橋梁 使用後は切って文鎮にされて一本1800円だった。おいおい全部切ったら幾らになるのよと思ったが買ってしまった。
途中で車の予備バッテリーを交換してシマッタ マイナス6800円+マイナス1800円 残るは3万弱


余部橋梁 やたら高いが


行き止りまで登り続けるが 出た処がびっくりポン 
いままでカーナビに散々文句たれてスミマセン

3月


一生のうちに一度はここに来ようと決めていたのだ 舞鶴に上陸してここに来るまで連続運転が出来ずに中2日間も掛かってしまった。

2月27日から28日と2日間 雪の中にもぐってヒッチメンバー取付をした。
かなりの台数のヒッチ取付したが リバイバルした新車に旧型と比べておやっと思ったが説明書通り取付けて確認をし完了したのが28日夕方4時 すでに荷物を積んでいたミニキャブで
1年間コツコツと貯めた100、000円を持って無くなるか呼び戻されたら帰って来ようと崖下村を出発
車に乗ってすぐ腰に痛みを感じ始めて歩くのもやっとだった。
2日間も雪の中に寝たのがまずかったのかも知れんが どうせフェリーは寝てればいいのでそのまま決行 

2月28日午後11時頃 小樽を出港し3月1日午後9時頃 舞鶴着  小樽でラーメンとフェリーでメシ二食とフェリー代金30530円を払ったので帰りのフェリー代を除き使える銭は4万弱になった。遊びはすべて現金で支払う。
毎回なるべく国道は走らんようにしてるので店が無い事が多く舞鶴のスーパーで半額食糧を買い冷蔵庫に詰め込んで舞鶴港で車中泊

内地は暖かく雪は全く見る事もなく作業服の下にTシャツと腹巻と雪駄で充分で
たった1日で不思議な事に身体も頭の中身も雪の事を過去の事として綺麗さっぱりすっかり忘れているのだ。
俺だけの特性かあれっと思うほど楽な生活に順応してるのだ。
これが内地から北海道と逆だったらどうなんだろうと思ったが
忘れてしまう事はいとも簡単に出来る事がわかった。

核融合には懲りてるはずの日本がいったいどうしてしまったのか
再度核融合に頼ろうとしてる。
マンハッタン計画に関わった多くの科学者は原爆はハッタリに使うべきで実際に日本に使う事を
反対して
『 フランクレポート 』として提出されたが時の為政者達によって広島に原爆は投下され計画は遂行されていった。
カーチス、ルメイと同じく確信犯なのだ。


安寿と厨子王丸 これはこれで可哀想な話だが忘れても大した困らん
う~ん 被害者の像はよくあるが被害者が居れば加害者も必ずいる加害者の像を見た事が無い像~ 
う~ん 自分の代で完結できるものはそれでいいのかも う~ん


宮津で北前船航海安全 奉納絵馬これとほぼ同じ物を増毛で見た記憶があるが思い出せん これも思い出せんでも大した困らん
説明のただし書きにはちょっとビックリだったが!

E=mc2

そろそろ最後の内地ゆきになるだろう 完結編として人類として生まれたので 
3月3日この回廊を歩いて降りた。

すすり泣き以外は言葉を一言も発する事もなく歩く人達がこの回廊をめざしてあるいてゆく 
人種も日本人、アメリカ人、中国人と様々な国の若い人達が予想に反して多くいた。


無差別殺人にもっとも効果のある候補地として選ばれた都市群 効果を確認する為にこれらの都市は以前から通常空爆を控えたと言う。ラットだったのだ。 


ずる剥けになった皮膚に水を掛けて貰う為にしゃがみこむ子供達

金融工学も核融合も人類がもう少し大人になってから手にすべきものだったのだ。
幼児に自分の身を守れとトンプソン・サブマシンガンを預けたに等しく常識があれば誰がいったいそんな事をするのだろうか
核融合をルーズベルトに進言したアルベルト・アインシュタインはのちに
「 科学技術の進歩というのは、病的犯罪者の手の中にある斧のようなものだ 」
と言った。
ここでE=mc2方程式に出逢うとは思ってもみなかった。
人類360万年のうち3599886年はこの方程式が無くてもなんら困らんで生きて来れたのだ。

人類はもう足るを知る時に来たのではないのか

眼が疲れた。

申告がやっと終わった。終わるまで手が付かずに残った仕事をせんといかん

左右の眼の視力が極端に違う為に電卓の打ち間違えが激しいのだムッタシ
しかし電卓を叩き続けて不思議で仕方ないのだが 
どうしてマイナス×マイナスはプラスになるのかいまだに平方根がわからん
借金に借金を掛けたらチャラになるのか 借金に現金を掛けたら借金になるのか
よくわからん わからんでも大した困らんからいいかと思ってるのだが

俺に常識があるどうかわからんが
ニュースでしか知らんがアメリカの大統領もかなり非常識だと思うし北朝鮮委員長もかなり非常識だと思う。
この非常識と非常識を掛けるとプラスになるのだろうと思った。
世界平和がもうすぐそこまで来てるのか知れんと思うと
税金位払ってもいいと思って一週間掛かった仕入れと経費の見直しは止めて申告は終了
消費税から始まって燃料税 自動車税 固定資産税、税、税と粗利のやや三分の一を持っていかれる。

頭のいい奴や強い奴は他っておいてもやり過ぎるだけやって生きてゆくが弱い者は誰かの助けがいる。
人間界の政治とは弱い者を助ける為にあると思うのだが 
たいした払ってないが税金もそうあって欲しいと思うと払い甲斐もあるってもんだ。

南青山

南青山のような高貴な人達が住む場所に児童相談所を作るのは俺も反対なのだ。

人の性格はどうやって作られてゆくのかと考えた時に 6人兄弟に育った中でただ一人 整理整頓が出来ない字を正確に書けない 8すら正しく書けない。
身内に暴力を振るい続けながら外に向かっては借りて来た猫だった実兄と末弟 世間を恨む事で自分の立位置を確認する姉 
貧乏だったゆえにクタバッテしまった妹 不幸を口に出したら不幸になるとその時知った。 
自分が世間並の生活が出来ないのは社会が悪いらしい事を言っては家族を捨てて何処に行ってしまう実父 ただ一人厳格なゆえに金を稼ぐ子を嫌った可哀想な母親
自分にコイツラと同じチ~が流れてると考える事すら恐かったが
救いは求めた者により多く与えられると思っている。その方法が正しいのかどうかわからんが前に前にガムシャラに進むしかなかった。
それを教えて呉れたのは祭りに神社下に掛かるタダで見れる芝居小屋と電気屋の店頭でタダで見れるテレビに映る藤山寛美が先生だった。
『 おっかさん~ 』と 現在多少芝居掛かってるのは当時の名残なのかも知れない
環境が性格を変えてゆくのではないかと思うのだが

修理工になると決めて行った先が良かった アニ~がこの本を読めと薦められたのが鉄道日本車の自動車工学だった それ以来づっと買い続け読める字だけを読み500冊以上は読んだ。
読んだ者と読まない者はハッキリとした差が付く事を知った それは同じ修理工でも指名が付く事になってゆき お客さんに感謝の言葉を貰う事になる。
それは衝撃で人に感謝される事がほんと嬉しかった さらに別の本を買って読める字だけを読んだ。
途中寄り道して再度修理工になろうともう二度と道は間違えないようにしようとこの本に誓った。
油虫と言われる修理工の良さは直して感謝される事もあるし自分の両手が何かを出来る。
と確信した時に貧乏や境遇に負けない自信が付いた。

俺は思うんだがマッチを擦る火が付く それはすべてが自分の知ってる範囲で自分の手を使い汚して何かが変わってゆく事を実感出来る事が大事ではないのかと思うのだ。
身一つで一から出来上がってゆく事が実感出来る場所が必要だと思うのだ。

ここにはマリーナーがある 皆の憧れのボートの傍には朝からバカ騒ぎするオヤジ達がいた今はそんな連中は少ない
どんな苦労を重ねて買ったかは船には書いていない これを買う為に友達も無くしましたと言う者もいた。
月曜日からは必死に稼がんならんその上でのバカ騒ぎなのだ。

最初と最後の最初と中間が抜けて最後しか見えない そんな場所が苦労の真っ最中の子供にとっては良いとは思えんし南青山では無いような気がしてならない
誰かが言っていた ここはもっと稼げる場所だから来るなと!
それならその場所で稼いだ金を使って いっその事ここ北海道に港区の出先を作ったらと思うのだ。
海はかなり綺麗だし食うには困らん なんなら土地を進呈しようではないか

過去、現在 2

エンジンの事しか知らない それもほんの僅かだが

同じ内燃機関でも農耕用の機械はスピードより低速重視 車の様にある程度の高速重視など 様々な用途に使う機械があり 出力の出方と場所が違う。
出力の出る一番得意とする回転域があり現在はそれを外すと他はほぼ役に立たない物が多い

一家の父さんが鹿も獲って来る土器も作る正確に飛ぶ矢も作ると言った縄文時代とは違い
複雑な現在においては様々な専門性を持った者と機械が必要とされる。
その専門性により人も機械も使える幅がさらに狭まって
ヤンマーやクボタのエンジンを背負って草刈は出来ないのだ。
現在ほど専門性=多様性を認めなければいけない時代に自分の考え以外の者を排除しようとするのは大きな間違えなのだ。
もう縄文時代の過去には戻れない 庭先に鹿は歩いていないし 栗の木も植える事は難しい時代に
他者と同じに鹿を獲なければないと言う過去をもう一度見直す現在になったのだ。
政党政治も同じ事が言える 強者に強い政党 弱者に強い政党と役割分担が求められて
それぞれが守ってやるべき事に専念する事が必要で他をトコトン排除するなど真の政治とは言えんと思うのだが

上、下でなく横の幅に1000あったとしたら自分はいったい何処で一番力を発揮するのか必要とされるのか知ろうとするのはとても大事な事なのだと思う様になった。


崖の上に住む元縄文人の春さんにエンドウ豆で納豆を作ったから食えと貰った。
粘りが強く掻き混ぜるにも一苦労だった。


最後のニシンだ~と言って崖下村のやや現代人に近い幸さんがニシンとカジカを持って来てくれた。
魚の飼育は趣味だが食うのも大好きでニシンは刺身にして食った カジカは虫が恐いのでアラは煮て食って身を冷凍にして刺身で食おうと思っている。
カジカの刺身は絶品なのだ。
美味しい魚の見分けは 口が大きい魚 鱗が無い魚 長い魚 これらはほぼ美味い


先週大好きな275線沿いから義理堅いお客さんが来て呉れると言うので50坪の倉庫を少し片付けて置かないと思って
段ボールを整理していたら中から置きっぱなっていたスカンピンパン屋のバイクが一台と黄色い除雪機が一台出てきた。   
今週は他にも何かお宝がと思って立て横 3メーターの段ボールの山を崩して見た。
ここでハタと気付く
小さい箱は右に大きい箱は左にと分けて崩したら再度整理する時に楽だったと
崩してから気付く超頭悪いでヤンのと
御幼少の時からバカで頭が悪いので最後の砦の性格だけはなんとか守ろうと思っている
金を持ち慣れない者が金を持つと性格が悪くなりそうなので金より大事なのは稼ぐ力と思っているのだが
お宝を探したり結構セコイ奴なのである。

過去、現在

今は未来を想像すらしないので未来と言う言葉は無くても大した困らん 
アチコチ傷跡や生傷が絶えない俺にとって現在とはチ~が流れている時で
チ~が止まってしまえば過去と考えている。
顔の皮を半分ほどが一回 四分の一ほどを一回をアッチを引張りコッチを引張りと張り替えたがあの時にこうすれば良かった、あ~すれば良かったと思っても後の祭りなのだ。
ただ誰も巻き込んいないのが救いなのだ 後は笑って誤魔化すしかない

常識が非常識に勝つ事も難しいと思っている。
モリカケにしても隣国との事でも常識で考えてもおかしいべ~と言う事が政治の世界では行われているが常識ある者はそれに打ち勝つ事が出来ないでいる。
それを選んだ大多数の人が暮らす国に住んで居るから仕方ないのである。
拉致問題は現在もチ~が流れてる最中なのだ何処か見えない処で非常識な手でもやるしかないのではないかと思っている。
解決したらすっ呆けて知らん顔をするのが非常識に唯一勝、手ではないのかと思うのだが
「 取り消しませ~ん 」なんと軽い情けない指導者なのかと やり遂げる事が出来るのかと


水槽を三つに区切って連絡通路を幅3センチ程度にしてあり30センチ超えのアメマスやニジマスに小さな魚が食われないようにしてるが
水温か日照時間か両方か春めいてくると3センチの隙間をくぐって魚達が上流域水槽に遡上し始める。
その先の水槽には恐ろしいアメマスなどの魚が待ち構えているのに傷付いても行止まりまで登ってゆく
なにか自然界の法則にしたがって命まで掛けているだが 人の手によって捻じ曲げられた水槽で飼うには少し可哀想と思っても飼うのだ。

ここに住んで居たら自然に逆らって生きてゆく事はかなり難しいし銭も掛かる。
季節季節に沿って生きるのが一番無駄がなく結局は楽なのだと思う様になったが それと同時に都会では絶対暮らせないと思う様になった。
田舎生活は物理の法則と自然界の掟に沿って生きてゆく 
都会は人間の手によって水槽の様に捻じ曲げられている事が多いのだろうと思う。
当然何かの弊害は発生してゆくのだろうと考えると
現在のバイトテロもなんとなく頷けるのだ バイトテロの出身地は何処なのだろうと


カワシンジュガイは何年も皆元気だが汚れた沼に生息するドブガイには餌や環境などを考えて手を出し過ぎてこの冬に5個をまとめてアウトにしてシマッタ 残るは5個 

カミナリ族から暴走、族と言う言葉が知られ始めた頃に愛知県にあった日本最大と言われた。
暴走、族が鍋田や名四で検挙された。
200人近い者の出身都道府県で一番多かったのが北海道で中に北海道の農協組合長の息子がいた。
いま売出し中のある農協組合長は同じ名前なので本人と思うのだが 
それまで交通事故死は愛知県が一番だったがその数年後に北海道が一番になってゆく

年から年中ある埃を被った緑 土など滅多に見る事が出来ない日常 田舎者が何処かおかしいと身体が感じ始めてもおかしくない
それもやがておかしい事すら感じなくなってゆく 自然界に戻ろうとする帰すう本能と戻る事を許さない水槽構造 
 
やっぱし俺が思うには牛のションベンや魚の臭いにまみれても田舎者は田舎者でいいのだょ。
ゆったり流れる北海道にはIRも新幹線も要らないのだ。