E=mc2

そろそろ最後の内地ゆきになるだろう 完結編として人類として生まれたので 
3月3日この回廊を歩いて降りた。

すすり泣き以外は言葉を一言も発する事もなく歩く人達がこの回廊をめざしてあるいてゆく 
人種も日本人、アメリカ人、中国人と様々な国の若い人達が予想に反して多くいた。


無差別殺人にもっとも効果のある候補地として選ばれた都市群 効果を確認する為にこれらの都市は以前から通常空爆を控えたと言う。ラットだったのだ。 


ずる剥けになった皮膚に水を掛けて貰う為にしゃがみこむ子供達

金融工学も核融合も人類がもう少し大人になってから手にすべきものだったのだ。
幼児に自分の身を守れとトンプソン・サブマシンガンを預けたに等しく常識があれば誰がいったいそんな事をするのだろうか
核融合をルーズベルトに進言したアルベルト・アインシュタインはのちに
「 科学技術の進歩というのは、病的犯罪者の手の中にある斧のようなものだ 」
と言った。
ここでE=mc2方程式に出逢うとは思ってもみなかった。
人類360万年のうち3599886年はこの方程式が無くてもなんら困らんで生きて来れたのだ。

人類はもう足るを知る時に来たのではないのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA