氷瀑祭り

夢中になると回りがまったく見えなくなるタイプなので昨日までまったく気付かなかったが
またポンプが動かなくなって再度川にゆくとびっくりポン

崖下村氷瀑祭りかと思うような氷の柱が出来ていた。すが漏り対策に一か所だけ水の通路を作る為に電気を通してるがそこに氷柱がわずか半月でこんなになっている と言う事は思った通り機能してる事になる。
直径25センチほどこのまま放置は出来ないので取り除く事にしたが窓とガス湯沸かし器の煙突を壊さんように上手い事川に落とさんとならん 長さ約4メーター 径約25センチ 氷は軽いだろうけど200キロはありそう 上が繋がっていなければ木を倒す要領でやればいいだろうがなにせ繋がっているし回りの雪も一気に落ちる可能性もある。
根性無しで臆病者なので離れてスコップでツンツンと突くがびくともせん 今度は恐々小さなハンマーでコンコンと叩くもまったく反応なし 
テメ~氷ごとき舐めらてたまるかと一ポンドハンマーでバッカン~と叩くとあっけなく落ちたが氷は一本の柱となってすんでの処で身体を避けて川に落ちていった。

川に落ちた氷を見て思うのは川と用水路の違いは何だのだろうか ここは自然の川を護岸しただけなのでやはり川だろうと思う。
そうすると数十メートル先で海に流れるからどこの河川にも属さず独立河川と言う事になるが ここの川に名前があるとは聞いた事がない
うんうんよっしゃ~名前を付けてやろう何がいいかな~ 別刈にある洞窟は義経洞窟と言うが誰が義経に縁もゆかりもない別刈にそんな名前を付けたのか その心境と広がった仕組みに興味があったが
どうせなら世界の嫌われ者でヒトデナシのトランプ川とでも付けてやろうか
ピンクの桃太郎川などもいいか~などと昨日から思案してる。


ポンプは浸水でアウトに今どきのブレーカーは電流のわずかな異変でもブレーカーが落ちるので電気機器はリセットになるしで大変 人間より魚にとっては水の流れや水位が変わる事は人間が空気が無くなるのと同じ事だと思う 可哀想なので新品を注文したが来るのは土曜日 それまで水道水で我慢して貰うしかない
早く春になって山から引いてるパイプが自然解凍してくれる事を願うのみ

寒いのは何かと嫌じゃ~と思うがここ北緯43度51分は地球全体でみると北緯43度以北で暮らしてる人が遥かに多くカナダやヨーロッパーなどほぼ43度以北になる 
そう思うと崖下村にもうんうん文化と芸術の香りが~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。