母の日

妹はクタバッタが他の5人の子を飢えさす事もなく育てた母親は偉大だった。
言葉が7~8歳になっても遅く頭も悪い俺は学校にゆく事は苦痛でしかなかった。
ある言葉を切っ掛けに学校に通う事を勝手に免除してしまった俺はさらに字も読めない書けない状態になったが
今の市立病院とバイパス道路の間に大きなコンクリー製のタンク群があった そこでの鉄屑拾いや開運町での空き瓶を拾い西田商店に持って行って買って貰いアチコチにチョコまかと稼ぐ事を覚えた。
一向に稼ごうとしない実兄に替わって
その稼いだ金を母親に持ってゆくのだが鳥取出の厳格な母親でもその金を受け取らなければ
たった一合の闇米すら買えないのだ。
冬を過ごす暖房の為に薪も石炭も買えない一家は人造石油にゆき沢山落ちていたコークスを袋一杯詰めて持ち帰って冬の燃料にする  
副港の原田木材に行って原木の皮を剥ぎ冬の燃料にと
好都合な事にアチコチにゆくには学校などノンビリ行ってられないのだ。
母親は子から金を受け取る度に自分の不甲斐なさを突き付けられる様に感じたのだろうと思う。
母親はあきらかに俺を嫌っていた。
母親に気に入って貰えるように媚びるようにさらに稼ぐ、
まるで虐待を受ける子のような その悪循環に落ち入ってしまったのだろうと今は思える。
やがて言葉の遅い分力に暴力に頼る癖が付いていった。
母親には一度も怒られた記憶がない
その母はいつも「 悪に強い者は善にも強い 」と言った。
母は辛抱強くそれから そこそこの大人になるまで十数年も待つ事になったが当時はどうやって苦労して稼いで来るかわかっていたのだと思う。
それでも受け取らねば一家飢え死に状態にしてしまう父親
父親には本気で殺意を持った事は何度もあった。
やがて限界を感じ親元を去る決心をするがそれは正しい判断だったと今でも思っている。


母の日に
俺は男で立場は違うが ふっと桜木紫乃の本日開店を思い出した。
桜木紫乃にどうして書く気になったのか聞いてみたいと思った。

何かがおかしい

なんか世界中が悲惨な事故事件が多いような気がしてならない
原因はなんなんのだろう。
平和が三世代続くと言うのは珍しい事なのだが それは後において

以前に留萌のバイパス道路で神居岩に行く道を
前から来る大型が通り過ぎるまで右折の為に停止していた。
その時に後ろから某建設会社の普通車に追突された。
その衝撃で前方から来た大型トラックの前に押し出された その頃はモトクロスをやっていたので反射神経も0.1以下で反応でき今よりはかなり良かったので
アクセルを吹かし大型トラックの前をすり抜けに成功
乗っていたのは軽キャブトラックでその後は何度も夢に出るほどの恐怖だった。
右折など毎日ある事なのでまた同じ事が起きたらどうやって防ぐかを考え続けた。

対策は
右折停止する側は進んで来たレーンなりに真っ直ぐ停止する事でハンドルも安全を確認するまで右に切らずに真っ直ぐしておく。
真っ直ぐ停止する事で顔は前方に向く為に前から来る車もよく見える。 
さらに追突された場合はハンドルを右に切っていない為に真っ直ぐ前の空いてる場所に進む事になる。
前方から来た車は停止してる運転手の顔がどっちを向いてるかである程度の今後の動作がわかる。

これはバイク乗りの必見で必ず右折待機中の運転者の顔を確認しながら交差点は進まなければならない
運転者の頭が動いたら危険
右折の為に斜めに停車する事は二車線を塞ぐ事になるのだ。
俺は車同士なら100/ゼロなどありえないと自分に言い聞かせている。

以前は請求書もカーボン紙を挟み手書きで切手貼りポストに行って投函した。
工具も格段に進化して大幅に時間は短縮されているのに兎に角時間が無い 
なぜ不思議で仕方ない
原因の一つは先進国や大企業は正当な対価を払っているのか
粗末な安全策もロクに取っていない現場が存在する事を見てもロクに対価を払ってるとは思えない
同じく10連休は大企業だけで下々は鼻から無かったのだ あっても手取りが減ってそのシワ寄せが明けに来たりする。
その穴埋めに60過ぎてもせわしなく働く
 
普段のせわしなさが前を見る余裕すら奪ってゆく

修理でさえ一か所に5人のメカニックが居たら それぞれが一件事に10分間考える事は50分のロスと
考えるのはチーフメカニック一人でいいと言う考え方が何も考えない日常を生む出してゆく
何かがおかしい

金メダル以外はメダルでないと言い切る 
そこに勝つか負けるしかない発展途上国の選手など眼中に無い 
勝か負けるか 金を持ってる者か持っていない者かしかない
何かがおかしい

今朝食ったメシさえ忘れて思いだせない 
それでも70歳まで働けと言う年金も支給しないと
何かがおかしい

自分に実害も無い殴られた事もない相手や国をクソ味噌に叩く 
それは自分自身の内に問題がある事を見つめようとしない
何かがおかしい

世界中で正当な対価が払われていない 誰かがよっこしている。
正当な対価があったら後は使う者の知恵と見識に掛かって来る。
鼻から普通の国民と
自分以外の有色人種は三等国と思ってる事が
世界中が最近の悲惨な事故事件を多くしてる気がしてならない

ただ有名と言うだけで買ったり喜ぶのはもう時代遅れなのだ
自分の眼で見て触って考えて財布を確かめて買う 買った物は永く使う時代が来た。

遠き島より椰子の実ひとつ

30フィートを超えないとボートとは言わんと言う人もいる。
確かに波長や対波性を考えた時にそうかも知れんが 
要は波のある時や波の出そうな日に海に出なければ済む話なのだ。
そこが遊びと職業の違いなのだ。
末席の端くれではあるが両方を見て来た俺には遊びには一定のルールがありどれほど知識を知ってるから述べたからと言って職業人には勝つ事はかなり難しいし命の掛かる浜で知識をひけらかす事はかなり恥ずかしい事だと思う。
メシの数なのだ。

なんぼ話し合っても分かり合えない人が一定数いる事は紛れもない事実なのだと思う。
海は歩いては帰ってはこれない 
一人を助ける為に見えない処で連絡掛かりや緯度経度の確認などやバックアップの待機に多くの人がいる事すら気付かない また見ようともしない人がいる。
まったそう言う人はそのまま何も気付かずに人生をあっけらかんと過ごしたりする。
いちいち裏の裏まで考えたら恐くて暮らせんと思うので気付かずに過ごす事は何も悪い事ではないと思うが
だが不備を指摘されたら一応考え 海に出るのは止めるべきだと思うのだ。

『 名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ 』
は愛知県伊良湖岬にゆくと歌碑が立っている 
伊勢湾や三河湾で
『 波をチャプチャプかき分けて~ひょっこりひょうたん島 』
などとやっていて伊良湖岬を出たら名も知らぬ椰子の実、のチョット困る状態になるが
北海道日本海側は何処もそんな海域なのだ。

お前だ お前の事だ~ ドンガバチョ~

昭和一合升

連休も中日になった。
連日誰かしら来てくれる 時代は確実に変って、
何処の誰か何をしてるのか一切聞かない事にしてるが 生まれてこの方悪事などまったく無縁と思えるこの人と俺はどんな繋がりなのかと自分でも思ってしまう人達も来る。


朝 目が覚めたらポストに置きメモと缶コーヒー 一瞬言葉を交わしただけなのでチョットビックリ 
字数にしたら半角を除いて30文字 缶コーヒーがタダの缶コーヒーではなくなった。

北海タイムスと加地外科の間に二軒続き長屋にあった闇米屋の婆さんがいた。
鉄屑や空き瓶を拾い雑品屋に売って( ちょっと頂いた物や横取りもある )帰り道に闇米屋でいつも持ち歩いてる小さな米袋に一合を入れて貰うのだ。半世紀を超えて一合升は本当に180.39ccか測ってみた結果は169.29 6パーセントほどが減額になっている 
木は古くなると縮小するのと淵を20回ほど叩くとかなり隙間が空く人生帳尻は合うのである。

俺は思うのだが、ふるさと納税や伊達直人の中に名誉も物も要らね~ょと人生の帳尻を合わせようとする人達が居ると思うのだが
俺の右足には当時飛び降りて錆びた鉄筋を踏み抜いた傷が今も20センチほどハッキリ残っている。

平成

なんかこのブログがおかしい事になってる全然関係ない会社が表示されるが
消す事が出来ない 
どっちにせ大して役にも立たんブログなので平成と共にブログを消してしまうかどうかなんとかせんといかんのだが・・・・・・やり方がわからん
いっそ全部削除か間違えて削除かいずれにせ整理をせんとイカン

昭和炭鉱跡地
 

NHKの大河ドラマは前作が終わってもしばらく見ない事にしてるが今年のはまだ一度も見ていない
朝ドラも次回作は最低一週間は見ない事にしてるが 今回は北海道と言うので二日目から見てしまった。 
去ってゆくものにたいしてたった一日で次の月曜日に何も無かった事にするように新しい番組を見る感覚がよくわからんのだ。
半年も見続ける朝ドラを見てる人が二回前は何だったか覚えてる人は居るのだろうかと思うほどすっかり忘れて見てしまう事になんか無情を感じるのだ。
テレビに映る新元号をバカ騒ぎで祝う群衆を見てもなんかこの世の無情を同じく感じるのだ。
俺にとっての平成はほとんどがここでの暮しと独り身に戻った時間だった。
思いかえせばこの閉塞された狭い土地だが次から次と揉め事が起きてやがて解決してと
それは様々な人達との出会いと別れで永かったような短かったような様々な事が起きた。
ただ昭和と違い力ずくで解決と言う事はなくなった平成だったが
土から染み出た水がやがて急流になり次はゆったり流れる河になってゆくそんな様を見るような昭和平成と過ごしたが最近はすべてが運命だったのだと自然に思うようになっている。

夜寝ていて誰かが部屋に居るような気配が一晩中していた。
一体誰なんだろうと朝になったらまた誰かの訃報を聞く事になるのかと考えたり何か不思議な感覚だった。
俺は平成になにを残したのだろうか 俺は一体どんな奴だったのか
ふっと20数年一番ながく暮らした逃げられた元嫁さんに聞いてみたくなった
が、やめた令状の令、令和は整理整頓の時代にしようと思うので逃げられてから25年過ぎた。
男の責任として何処かに再婚でもして幸せになって呉れるまではと思って来たが一番にコイツを記憶から整理しようと思う。

ノスタルジックイン留萌

港で待ち合わせをした。
待っていた相手はここでしか生きてゆけないと思わせる相手で親方から離れたら生きていけないだろうと思わせる連中だった。
親方は明るい元町でガキの頃から知ってる若い親方だが
仕事帰りの一杯か大きな鞄を小脇に抱えて夜の街を歩く姿に
頼って来る奴らの為にもいつまでも元気でいて呉れょと思った。


一面が真っ白な雪で覆われる冬が過ぎて春が来るとアチコチからゴミの山が出て来る
そのゴミの下には港湾荷役に使われた線路の一部がある
それももうすぐ雑草で覆われて見えなくなってしまう。

どんな人間にも心の何処かにゴミを抱えていて何処かに仕舞っていてふっとした時に出て来るのを押さえながら生きているような気がしてならない。
地域性がありそこから出なければ普通の事として過ごして居られるものを外に出たばっかりに
上を見てしまったばっかりに元に戻る事すら出来ない
それでも足掻いて足掻いて日々を暮らす人達の中に安らぎを覚える時がある。


大和路地トンネルビルが解体された。
 
この狭い場所に何人も何十人もの雑多な悲喜こもごもが詰っていたのに
こんな狭い場所だったのかと驚いた。

ここには昭和35年当時は路地トンネルがざっと4本ほどあって中でさらに路地に繋がっていて今でも二本が残っていて通り抜けるにはチョット心構えが要りそうな雰囲気がある。

35年当時は右側の階段を上るとさらに路地があった。


通りを挟んだ別のシマ
この界隈を離れて東に渡り北海タイムスと加地外科の間にあった闇米屋でたった一合の米を買う為に走り回った子供達がいた。
どんな奴でも食って生きてゆく権利はある、だが同じくどんな相手にも生きてゆく権利はある。

永遠のクズ 

頭がいいのと知恵との違いは俺自身の中では
頭がいいと言うのは頭の中で考える事で
知恵とは自分で考えて自分の手を使い完了させて初めて知恵と言われるような気がする。
一時期肉類がまったく食えなくなった時があったが 今も食べ物の命を考える事は他の人達に頼って暮らしている。
分業がいつの頃から始まったのかはわからないが末端の現場を見る事も無く、頭と手が分離し進んでいく
言いっ放し、考えっ放し、が人類の終末を加速させている事はほぼ間違えない

自分の親族を三親等も遡ればロクデナシや問題児はほとんどの人はいるのではないかと思う。
俺にもコイツとは近づきたくないと言う奴が二人ほどいる マッタそういう奴に限って冷たくしようが怒ろうが なぜかちょくちょく来やがる。
コイツは怒られる為に来るのかと思うほど来る度にツマらんのから大事(おおごと)まで揉め事を持込むのだ。
三親等身内にロクデナシが居るからと言って
そこら中にある齊藤姓を見るだけで吐き気がする 職業だけで吐き気がするなどと口にだし言われたら 
それを口にだし言う奴は相当の精神凶暴な奴で人間のクズであろうことは間違えない。


百田尚樹がハングル文字を見るだけで吐き気がすると言うのは、そう言う事なのだ。
百田尚樹殿には
言いっ放し、考えっ放しの日本のクズを飛び越えて人類のクズ

『 永遠のクズ 』 の称号を与えようと思う。

馬糞風


昭和60年 素手で作業する除染作業員

 
昭和60年 核で汚染されたロンゲラップ島を離れる島民
この事を第一当事者や科学者はどうとらえてるのか 己の気持ちの何処に落としどころを持って毎日メシを食うのか
結構頭のいい奴でもロクデナシは沢山いると言う事で バカが考える悪事はたかだか知れてるが
頭のいい奴が考える悪事は規模が違う。
 

昨日はバカデカイ ジーゼル、マニュアルシフト車が来たがアイドリングでもこれに轢かれたらチョットやそっとではすまんべなと思った。
今時の車は低速が効くので軽でもない限りエンストする事は無いのでマニュアルシフト車でも暴走する。 
確信犯以外に燃料も高い今時公道でアクセルをベタ踏みなど異常に操作する奴がいるのだろうか
アクセルペタルとEFIはワイヤーで直接連動してる訳ではないので途中に
ベタ踏み防止や異常な操作を制御する装置を入れる事は何も難しい事ではない
なぜ車メーカーは明日からでもしないのか不思議で仕方ない 
AI自動運転などは想定外の事故が起きた時に
その時までのんびり運転していた。
アクセルペダルから足を外す事すら出来ない運転者に自動運転を解除して手動に切り替える時にパニックになり制御出来ない事は目に見えてる。
自動運転など畑の端が見えない十勝の畑でやる事なのだ。
公道での自動運転など年寄にどんどん事故を起こして下さい 貴方だけはエアーバックで守りますから車はまた買って下さい と言ってるのに等しい

自動運転をそこまで考える頭がある頭のいい奴を沢山抱えてるなら なぜベタ踏み防止装置を明日からでも付けないのか理解出来ん
そう思わんかい 豊田 章男さん
「 アメリカには100年前、1500万頭の馬がいた。それが今は車に変わった。残ってるのは競走馬。変わらず残る車を、だか らスポーツカーを作っていきたい。… 」
馬が公道から消えたのはアスファルト道でシッポをあげてクソ垂れるからなのだょ~

北海道の浜は馬糞風が吹くと春が来たと実感したものだ。
人類を救うのは頭より知恵なのかもしれん

筑水キャニコムライガー

乗り物は空を飛ぶ物以外はスノーモービルから船までほとんどを所有し乗って来た。
バイクは750刀やTX650は一番長く乗り数年乗った 乗るのをすぐ止めたのがVFR750でなぜかと言うとかなりの高速でもスピード感が全然ないバイクで これはマズイとすぐ止めた。
身体のアチコチ切ったり貼ったりしながら事故に関しては
殴られるかも知れないが1センチ手前でも止まれば事故では無いと言う思いがあり 
歳食ったら乗り物は小さいに越した事は無いと思っている。
最後に乗ったバイクはスーパーカブで東北に行ったりした。車は現在はミニキャブバン


二年前に格安で買った車で他にハイゼットトラックが一台あるがエンジン音がもう~ダメ~と言っている。少し長い時間を使うと多少油の焼ける臭いもする。どちらも低速ギヤ付4輪駆動 

任意保険料が二台で約15万 燃料代が年間25万前後 車検費用が年間5~6万 原価消却損料は一台15万程度を見てる。
ざっと合計すると年間55万程度 これを月割りにするとざっと4,6万程度 
俺は思うのだが近場はバイクで遠くをタクシー代やバスに使ったら相当乗れると思う。 
そろそろ免許を返す準備をしようと免許センターに車の免許だけ返納しバイクの免許は残す事は出来るのか電話で聞いた。
結果はOKでバイクなら事故を起こしても自分だけで済みそうなのでいずれはバイクの免許だけにしようと思っている。
車の免許は修理工なのに20歳を超えてから取り大型免許はそれまでの運転の性格上絶対に誰かに迷惑掛けるだろうと取っていない 
俺は免許は原付、小型特殊。二輪。軽自動車、普通車などとそれぞれを独立させて個別に更新手続きをすべきで歳と共に車をドンドン小さくすべきと思うのだ  長野や鳥取などの山奥で鹿か猪しか居ない場所でも年齢に応じて車にスピードリミッターを付けさせる事も必要と思う。
それか最高時速15キロの筑水キャニコムライガーでも乗れって
4駆だしキャビンは付いてるし中々優れものだと思う。
いつかは筑水キャニコムライガーの中古を買おうと思っている。それまで頑張って製造して欲しい

足が悪けりゃ電動車椅子に乗れって思う。後はタクシーに乗った方がよほど経済的なのだ。
クソの役にも立たんプライドなど捨てれってハタリが迷惑だって
87歳は年代から言って何も無かった事に出来る記憶から消せる年代なっている。
残るはクソの役にもたたんプライドと誰それにこうしてやった俺は以前は官僚だった何々だったと言う記憶と行動
記憶を消してしまったからと言って責任は消えない家族にも賠償責任は及ぶだろう
事件の結審までに事前に財産の移転や自己破産では犠牲者は浮かばれんと思う


田舎者にとっては都会観光では車は止める所を探したり右折出来なかったりとかえって邪魔になり見たい処も行けない
都会は10分と歩かんでも公共交通があるので車での都会観光は邪魔になるのになぜ87歳になってまで車に乗るかわからん
操作技術が無くても乗りたいから乗る それは無免許とほぼ同じで犯罪ではないのか

帆待ち

あと少しで連休が来る無事に終わって欲しい
出来る事ならなくてもいいかとさえ思ってしまうのだ。
シーズン初めは海は歩いては戻れないと実感する船が必ず一隻か二隻は出て来る。
命への執着はどんどん薄れているのに海への恐さは歳を食うほど深まっている。
ボート屋にとっては高い銭を出して海に出ないお客さんほどありがたいお客さんはいないのである。
海に出ない事が最高の海上安全安心なのだ。


この冬の猛吹雪に一党一強の北朝鮮からの船と思われる木造船が漂着して来た。
まじかで見る船は想像より遥かに大きいがボロボロの木造船で、よくこんな船で波長の短い日本海で漁をするなと思った。
左右の舷は広がらない様に16ミリほどのボルトで留めてあるだけでボルトが切れた時には船はバラバラになるだろう。
同じ海でシノギをする者としてもし乗員が船内に残っているなら荼毘に付して国に帰してやって欲しいと切に願う。

海が開けて漁が始まった これは全部ザッパ魚で流通に乗る事は無い 分け魚にもならない箱代にもならないので捨てるしかない
北海道は広いその為に輸送費が掛かる市場まで50キロなど普通にあるが 
修理工兼そこそこの小商人(こあきんど)の俺にはなぜ道端で売らないのか不思議で仕方ないのだ。
よくはわからんが海で身体を張って生きる漁師は金の事を口にする事は何か卑しいと思ってる節がある 
それは職人と言われる人達にも共通する部分がある 
自分が作った製品をタダでやるから持って行けと言うが買うなら
『 俺からは言わんお前が値を付けろ 』と言う なら一円と言ったら怒らずに渡すのかと
小商人(こあきんど)の俺から言わせると だからいつまでも貧乏こいてるのだと
無意識のうちに原価計算を下手にする処に間違いがあるのではないかと思うのだが 
元々は捨てるものなのだホマチ銭なのだ。

『 このホマチとは帆待ちから来てると初めて知った それは宮津市由良港資料館で北前船の帆から来てると説明書きにあって知った 理由は大阪商人ならではでなるほど思った。ホマチ 』

50円でも120円でも買って貰えるならそれでいいと思うのだが子供に鉛筆を買ってやれるべと
段ボール紙に書いておけばいいだけと思うのだが
海ではクソの役にもたたんプライドがあるのか組合のシバリがあるのか
魚が口に入る それは安い魚しか買えない人を助ける事にもなり魚にとっても嬉しい事だと思うのだが

越冬ヌマチチブ

もっとも魚がどう喜びを表現するのか毎日水槽の魚を見てるがいまだにわからん