シマッタ


3番水槽でもう数年飼育してる川真珠貝
1000個に一個の割合で真珠が入ってるらしい
滋賀かどこかで川真珠の養殖をしいて そこで使わる貝は大人の掌大の大きさがあるが北海道の川真珠貝はこれでも大きい方

外形は川真珠貝に近い ドブ貝は形がもっと丸い見極めは人差し指の根元にある突起と川真珠貝は少し口を開けた時に歯が見えるので毎度観察してるが判別しない ほぼドブ貝の変形判だと思う。

数日のうちに干からびるかカラスのエサになるだろうと思うので拾って来たが 俺も等々カラスのエサまで横取りする様になった。
昨年は雨竜川水系の田んぼ用水路工事で何百と言う数のドブ貝が干上がっていたが
今時は農薬もあまり害のあるものは無いらしく田んぼ用水路には様々生き物がいるが田んぼ用水路は民地なのと農家の仕事場なので無断で入ってはいけない 埋められるカモ

今回は干上がってる場所だけでも貝はまだ沢山あったが水槽内のエサ不足になるのでこれで終了 それでも多すぎたので朱文別の農家の溜まりに養子にだした。
帰り道今頃農家のオヤジにツンツンと突かれていないか 不憫だの~とついうっかり次郎物語を思い出してしまった。

思えばあの松の木が出て来る次郎物語はテレビだと思うが当時テレビなど無く何処で見たのか記憶にないが 見たとしたら電気屋の店頭か南陽通りの3本立て映画か・・・・・
場所は九州の何処からしいがまま母に虐められる次郎が可哀想にと見た記憶があるのだ。

栗東だか何処だか忘れたがある飯場で九州の連中と一緒に数か月暮らした事があり
終戦後でも女や次男以下は親と一緒にメシを食わないと聞いた記憶があるのだ。
筋金入りの貧乏人の出の俺の中でも九州は五木の子守唄の様に女と冷や飯食いの次男以下は可哀想すぎると言う記憶がある。

それと炭鉱は北海道と九州で本州には無い事と何か関係があるのだろうかと
いつもの悪い癖でなんでも関連付ける癖が出てシマッタ

敵地攻撃論

今年は忙し過ぎて川も沼もあまり行っていないが暇になったのでアチコチ行って来た。
ある農業用ため池が工事の為に水を抜かれていた そのため池は水が抜かれているのは初めて見たが二枚貝がゴロゴロとあったので持って来たが
ドブ貝とも川真珠貝ともつかんこんな形は初めて見た。


2年ほど前になるが空知の三日月湖が工事の為に水が抜かれ魚は干しあがり沢山居たドブ貝も魚もすっかり居なくなってしまった。
どうせ干しあがせるなら公示して好きな人に持って行ってもらったらと思うのだが

今週取って来た二枚貝を数年飼っている川真珠貝と比べて見た。形はドブ貝より川真珠貝によく似てる。
ヨシノボリでも絶対に戻る事は出来ない落差溝によって陸封された環境と何か関係あるかも知れん
俺の水槽では川真珠貝は育つがドブ貝を育てる事は中々出来ないのでアマゾンで二枚貝のエサとやらを大枚数千円出して買ってクロレラの培養をしてる。
今度こそ飼育成功させるぞ~


たった一日水槽に置いただけで3番水槽内で異常繁殖してるカワニナが貝に卵を産み付けている。

 

北海道から関西に飛んだ飛行機にマスクをしない事が原因で新潟に降ろされた奴がいた。
俺なんか思うのはその飛行機会社は民間なのだからその会社がコイツは嫌い乗せんと決めたら搭乗を断ってもいい
それは背中に絵を書いてる奴は銭湯に入るなと書いてもいいし雪駄履いた奴はレストラン入店禁止と書いてもいい
その結果お客さんの支持が店の経費以上に失えば倒産するだけなのだ。
ところが税金で運営されてるパブリックサービスとなると誰であろうが前科があろうが無かろうが誰でも他の人に迷惑を掛けない限りは拒否する事は出来ない
税金を多く払おうが少なく払おうがそんな事は関係なく公平に恩恵はこうむる事が出来ないといけない
それは何国人であろうが日本国内に居る限り拒否は出来ない
もし国別で拒否をしたりすると日本に働きに来てる人達が来なくなり恨みを買い早晩テロの標的にされるし
3Kの汚れ仕事を遊んでいてもしない今の日本ではここの田舎であっても産業は停滞する事を意味する。

何かの取締り等の法が出来る時に法が世情より先走って作られる事は疑わしきは取締れとなりとても危険な事で
殴られそうになったから先に殴りましたで無罪になったでは俺の様にツラがマズい奴は危なくて人が沢山いる外を歩けん

損害が発生した時には目一杯賠償請求すればいいので
新潟に臨時着陸と遅延は考えただけで恐ろしいが

自分のケツは自分で

やっと暇になりこれから10月末までこれと言った仕事はない
それどころか暖冬でひょっとしたら春まで仕事がないかも知れないし そこから先も業態が変わりつつあるので仕事がないかも知れない
確実に俺の周辺で地殻変動が起きている。
それはそれで何度も経験して来た事なのでいいのだが実際には闘うにも身体が付いて行かないのに頭がその状態を認識をしていない恐ろしい事です~

20~30年以上前から年に二回は東北の奥地に毎年通い始め7日から10日ほど休んでは東北の奥地を回って歩いていた。
ここは東北震災前に三陸鉄道と徒歩で歩いて来た。

親も子もいないのでハイそうですかと言う性格はしていない

おっとこどっこい波の合間を見て進む


道があれば進むのが・・・・・・・


次の漁港に進む

ドンドンゆく

震災前に行ったが震災前でも波でこの有様
震災後はここも跡形も無くなってるだろう 上に隧道が見える。

途中に何ヵ所も波が被る処があるが道は進む為にあるとかなんとか言ちゃって
進むが太平洋側は波と波の間隔がある為に勘違いするが波の一発事の力が日本海側とは全然違い それが日本海側に北前航路が発達した要因の一つではないかと思う。
が日本海側は波の間隔が短く波の回数が多い為に次の波に対処する時間が短いので小さな船では危険さは日本海側が危険と思う。

 

波の合間を見て進む

柵すら波で飛ばされたのか無い。

俺みたいバカは必ずいるが
俺も相当バカだがここに遊歩道を作った奴は俺以上のバカだと思う。
国でここに遊歩道を作ると言った時に地元民は今の惨状を知っていただろうと思う
賢そうな中央の役人でも結構思い付きで計画され絵図が出来き一旦走りだしてしまうと
当時の担当者はいないと言い 絵が独り歩きをして誰も止める事が出来ない


今年はコロナで道内から出ずに道内各地を回っていて
春に寿都に三度行って行ってシラス丼を食って来た。
寿都は日本海側にあり太平洋側とはたった40キロ程度しかなく
道南との流通の首になっている。
さらに誰が見ても北海道も寿都も口に入れるものを作る一次産業の町なのだ。
原発を必要と言う自治体はゴミも含めて自分のケツは自分で拭け!
都心に穴掘って埋めれと思うのだが

八つ墓村

八つ墓村はやはり党員選挙は無いので出来レースはなるようになってる。
小泉進次郎が呼ばれてもいないのに総務会に乗り込んだのは安倍晋三を総理にしてシマッタ事を後悔しているオヤジの差し金で
この行動は再度価格を下げて売り出し中の小泉進次郎にはどっちにせ損はない

総理と内閣官房長官は一蓮托生の仲で言わば共犯者で代々内閣官房長官や幹事長が次期総理になる確率は多い
それは自分が辞めた後に訴追の危険や身の安全が保障されるからなのだ。
このセコイ仕組みはヤクザ組織にある次期組長に若頭がなる構造によく似ている。
もっとも国会議員とヤクザは近い関係にあり桜を見る会にヤクザや反社が招待されたりしたがこの期に及んで反社と言う定義はないと言い切ったのは菅内閣官房長官
麻生大臣の出身地と同じ遠賀川出身の吉田 磯吉や小泉組などはよく知られていてヤクザに近い人物ではハマコーなども知られているが
麻生太郎と言う人物を見る時にこの吉田 磯吉と言う人物を一緒に見るとおよその言動を想像する事が出来るが小者感がどうしてもあり
それはその時代時代のメシ食った違いなので致し方の無い事なのだが少し幼稚でちょっと笑ってしまう。


上野博物館 弥生の父さんメシが足りないと叱られる図
弥生時代から子供も犬も負ける側には立たない

ヤジ将軍と言われた三木武吉などはここ一番と言う時に懐に短銃を忍ばせていたと言う逸話があり
何か事をなそうとする時に早さスピードはすべてが壁となり自分の障害になり柔らかい水もブチ当たれば痛く音でさえも音速と言う途轍もない壁が出来る。
昔の議員はその時その壁をブチ破る気力とヤクザな気性がきっと合うのだろうと思う。
世の中が安定期に向かうと人類は小者になるのはすべて歴史が証明している。
その大昔は一家のおとつあんは槍を持って一家の為にマンモスと闘い ある時は土をコネくり回しカメを作り皿を作ったが便利になる事が徐々にセコイ人類を作って来たのだ。
セコイどうしようもない奴が居ると言う事はそれだけ文明が発達した証なのかも知れない
いまや誰が総理になろうがそんな八つ墓村などほっておき
日々自分の稼業に取り組んで行かなければならない
旗振り屋はクソ熱い中で旗を振り ラーメン屋もクソ熱い中でデボを振る。
今月いっぱいで今期のラーメン屋は終了するが 20年振りに若い子yuuitiが訪ねて来て呉れたりと今年もいい出逢いが沢山あった。出遭いもあった。
商売とは大小ではなくそこの通りに灯りを付け待ち続ける事なのだ。
自分の足元を見た時に日々ありがたいな~と思う事が多い

ちょっと時期外れの怪談

昼めし食いながらテレビ見ていて食った物を吹き出しそうになった。
次期総理になるには
「 国会議員は人間関係なんですよ 」
と現政権隠れ広報担当の白髪の爺さんが言った。

3÷713×100=0.42
これを一般組織や会社や市町村の成人に適用すると
5000人の町として成人率はざっと考えて8割くらいとすると
4000×0.42÷100=16.8
おい~おい~~そんな近づくだけで恐怖の八つ墓村のような危ない組織や市町村など何処にもないぞ
そんな危ない組織に真っ当な人間関係などある訳がなくまともな会社ならとっくに潰れてる。
その危ない濃密な組織の人間関係とは身内だけのどんだけ秘密が隠されているのょ~
ちなみに3は表に出ているだけの逮捕当時自民党在籍の勾留数
713は法律を自ら作る立場の国の立法府の人数
713人は自民党国会議員396人でもよかったのだが恐ろし過ぎて出来ん
3÷396×100=おそロシア~

分母を少しでも大きくする事は間違える確率を少なくする為に出来る限り多く集め拾おうとするのはどの業界でも常識
八つ墓村みたいな連中で決めるのでなく党員選挙をやるべきだと思うのだが
無理か~八つ墓村の実態がバレちゃうもんな~


以前から内地の奥地や北海道の田舎の居酒屋にハマっていて
こないだ三町合併で消滅してしまったナンチャラ村の居酒屋にいって呑んで来た。
まったく知らない居合わせた人達とわいわいと言いながら呑むひと時は楽しいが
自分の器量も試される。
場所は ひィ~密~

出来レース

次はこの秋にトランプが選挙で落選して 習近平が失脚し プーチンがアムールトラに返り討ちに遭い
そうすれば世界は少しはまともになるかとも思うが でもそうは問屋は降ろさない この歳になると世の中にはどうしようもない事が沢山ある事に気づき諦めも多くなるが 生まれ持った性格で少しは逆らってみようかとも思ったりする。

総裁選は決まったような物だし(この物の字がピッタリ)
直接選挙で選ばれる訳ではないので訴追の可能性もある現政権の後釜はすでに決まってから引退を決めるのは常套手段だろう。
選んでる振りしてるだけなのだ。

それは今までの選挙で自民党を選んだ者と棄権と言う手段で現政権に白紙委任状を出した者達が選んだ結果で日本国民の民意なのだ。
なんの因果かこの国に生まれてしまった以上は仕方ない事なのだ。
チベット山脈のクソ寒い石だらけの中で揉み手しながら辺りを警戒し立つマーモットに生まれるよりはマシかなと。

修理屋は問題が解決しない場合はまさかと言う坂の左右両極端な考え方をして両方から攻めて行く
それでも同一人物がやるのでどうしても考え方が偏ってしまうので堂々巡りに陥る。その場合は一旦現場を離れて何処かにメシを食いに行くかして再度挑戦するのがいいかと思う。
その中でも今までの過程を自分一人で振り返ってもやはり無理があり専門職でも全くの素人に分かる様に説明をする事で気付かされる事は多く その過程で故障の原因と対策が分かる事は沢山ある。
原因がわかっても対策が成されない場合は修理完了とは言わん
そんな事を思い出してはまだまだ青二才の駆け出し者だとつくづく思うのであります。

留萌の最後の店からここ崖下村までの間はおよそ14キロほどあり
その間には舎熊にセーコーマートが一軒あるだけで他の商店は全くない そこを毎度遥か先から歩いて買い物に来るお婆さんがいて
舎熊のセーコーマートではナントかチャンと呼ばれている。
この店が無くなったらこの周辺に暮らす人は千人は居ると思うが田舎は一体どうするのだと思う。

それにしても田舎も国民も一切無視で一国の総理が決まる!凄いね~としか言いようがない
どっちにせ自民党内の一族郎党ならせめて石破氏と思うのだが

昭和は遠くになりにけり

俺の感覚では北海道ではお盆が過ぎると一雨事に寒くなっていくのだが、その雨も降らんぞ今年の異常な忙しさも終わったと思ったら熱さで何もする気がしない。
車もクーラーは使わないので車内は常に30度を超えているそれでも体温以下なので何とかなると思って我慢している。


土日営業のラーメン屋もガスを二台も着けっ放しでさらにソーシャルナンチャラでビニールで囲っているので滅多に汗をかかん俺でも汗だくになっている。
ただのビニールでは味気がないので昭和の昔の写真をぶら下げているが
みな昔は良かったと言うのはなんでだろうと考察するには
一つには良い処しか思い出せないのかとも思うのだが
俺などは確実に現代の方がいいと思う 何が一番かと言うと
それは歯医者さんで歯に隙間が出来たせいか物が挟まるようになったので硬い歯ブラシを買って来てゴシゴシと船をデッキブラシで洗うようにしたら歯茎からドバっとチ~が出て病んでしまった。
丁度金曜日だったので痛~とうて痛~うて明けて先々週から歯医者さんに行っているが
「 チョット痛くしますね~お注射しますね~御免なさいね~ 」
「 チョット痛くしますね~御免なさいね~ 」と何回も言って呉れるが
超臆病者なので一気に行ってくれと思うが中々痛くならん
サッサとやらんかいと思っているうちに終わってしまっていたのだ恐怖の歯医者さんがあった昭和は遠くになかりけりなのか
では他に何がそんなに昭和は良かったのかと思うには普通の凡人には何かをしようと思うとチョット頑張ればそれなりに夢は叶う事が出来た。
昭和の昔は年季奉公修業などと言う言葉があって修理工など職人仕事は東京オリンピックが終わっても遅くまでその習慣はあった。
年季奉公の最中には給料などロクに貰えずにメシ付き部屋住みで一日200円も貰えれば上出来だったが同じ処に5年ほど勤めると年季明けと言って給料も一気に上がったが
3年事に職場を転々として歩いたのでその年季奉公を務めあげた経験がない。
それでもいつかは自分で店をやってみたいと思って給料が入ると工具を買っていた。 当時の工具は価格も高かったが今の様な鈍ら(なまくら)工具などはなく二重丸京などの工具は今でも使っている。

工具と言えば熱田区西郊通りに居た時に事情がありその工具一式を手放した時があった。
二重丸京などのいい工具ばかりだったのでその工具を工具屋に持って行き買い取って貰ったが
その工具屋のオヤジはその時の勤め先にコッソリ電話をして身元を確かめてから銭を貰った。
その工具は売られる事もなく一年ほど後に買い戻し再会したが
なぜ売られずにあったのか仕組みはわからないが勤め先の大将か番頭さんの気遣いか工具屋の大将の気遣いか誰かが売らずに置いていて呉れたのだ。

やはり昭和はいい時代だったのかもしれない

北帰行

もう一泊車中泊するかと思ったが何処に行っても休みなので戻る。


道にホタテの貝殻を敷き詰めている白い道とやらを通ってドンドンどっかにゆく

俺の処にも土日はホタテラーメンを作ってるのと宴会で食ったホタテやカキの貝殻は沢山あるが
なにせ俺は筋金入りの貧乏人なのでたとえ貝殻でも食い物を足で踏み付ける事が出来ないので崖下村に来て25年以上になり沢山溜まっている。
貝殻が食い物ではなくなり踏み付けていいのはいつだろうかと
食ってしまったあと49日かな~などと思ってしまった。
結構気持ちはセコイので細かい処が気になってしまうのだょ~。

おおこの羽根こそが275で運んでる途中の羽根だぞ~
なんかオトンルイとは少し違う気がしたもな~
風力発電がまだ走りの時にある風力発電所にスノーモービルをレンタルしたり荷物を運んだりしたが技術者はフィンランド人だったかスウェーデン人で当時使用してる工具が日本の工具と違い綺麗な洗練されたスタイルの工具だった。
羽根の回転直径が50メーターは柱も50メーターほどあり風車の中は騒音と熱が凄く上に上がる為のエレベーターが付いていた事を思い出したがついでにその外人野郎がモービルを事故で全損させやがった事も思い出したバカ野郎~


これは古いタイプ 最近の主流は羽根の先端が細いのが多い

宗谷丘陵


無人駅
俺は駅前の景色は個人の財産ではないと思っているだから無闇やたらに変えるべきではないと思っている。
それはそこで乗降した人やそこから都会に巣立っていった人達の帰るべき心の故郷なのだからと思う。


駅の壁
1998年4月30日いま頃いいオヤジになってるだろうが また一緒に来たと思いたい。
最近惚れた女より長生きして惚れた女を看取るのが男の役目と思う様になったが余計なお世話かも

この一筆で迷う事なく一気に書いた跳ねや書き順など何か・・・・・・・

いたいた俺の処にも履歴書にプリクラで撮ったシールを貼り夜露死苦と書いて持って来た子が
親のたった一枚の写真をチャック付きの財布に後生大事にしまい込んでいた。
履歴書なんか名前だけわかりゃいいんだょ。
あとは人物の所作で判断するんだから

またのお越しをお待ちしております。

金融投資をした場合は株券など発行元がツブれてしまったらタダの紙屑になってしまいゴミに出すしか無く そこには何の保証もない
またのお越しをお待ちしております~

会計処理上では有価証券は資産で左になるが~
はい! 自分が困ってるので売却して現金化をして使うべ~となった場合は
は~い 大たいは~自分がそう思った時は皆もそう思ったりするので売りが多くなり
元値で売る事すら難しくなる。
結局は手元に置いて置くしかなくなって勘定科目を戻す事は出来なくなる。
現在においては現金をカメなり口座なりに手元に置いておくのが零細商人は一番確実な資金になるが
それでは錬金術を狙う連中が困るのであの手この手で策を弄して
貯金金利を下げたりNISAニーサーなどと言って少額投資を薦めたりするが それを数十年単位で長期投資を出来る人達は極僅かな人しかいないのは確実で
そんな事をされたら困るのは一回事の売買に入る手数料で食ってる株屋や現在は銀行で揉み手してアッタラコッタラと言う。
その中でいち早く情報を掴み先に買ってサッサと売り抜くには田舎に居て知る情報などは情報とは言わない
それは近所のお喋り婆さん程度の物でしかなく
先を見越し察知する肌感覚か内部で働いてる人間がやるか もしくは形勢を変える事が出来るほどの圧倒的な巨額の資金を持った者しか勝つ事は出来なく
一斉に現金化をする事は価格暴落が起きるので皆が一斉に困ってる時ほど手持ちの有価証券を思った価格で現金化をする事は出来ない
この企業を応援したいと捨てた気になって株を買うのが本来の株の正しい買い方になるのだ。

困った時ほど手に油を付け額に汗して稼いだ者が最後に残るのだ。
自民党はこの株価が下がる事をおそれ大企業を応援する為に出来てる政党で
下々がコロナで感染しようが経済が持直し株価が下がらんば良いだけなのだ。
経済も確かに大事だが下々の健康も大事で
企業寄りの政党と下々の政党と力のバランスが必要になってゆく
その為にはまず誰を選ぼうが選挙を棄権する事だけは止めなければいけない

お盆休みも無く働いたので ここに美味いと言われた塩ラーメンを食いに二日掛かりで来たが定休日
またのお越しをお待ちしております。

ならと気を取り直し 一時間並らばんと食えないと言う ここにホタテラーメンを食いに
ガビ~ンお盆休みも無く働いたので臨時休業と書いてある。
もう一軒に行ったが臨時休業
またのお越しをお待ちしております。
皆思う事はたいした変わらん


ならと焼けクソでウニ丼を人生初めて銭出して食って来た。
ウニが嫌いな人にはなんの価値もないが価格は1800円と言う大金


以前食わせて貰ったウニ丼
これは丼の大きさとウニのひと房が倍以上あり超美味かった
メチャクチャ価値がある事に気付いた。ありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。

竹中平蔵の大罪

最近 真夜中の3時ピッタリに可愛いネエチャンからメールが来るようになった。
シフトの切れ目かこれから仮眠に入るのか真夜中にこうして働いてる人達は多くいる。
日勤から夜勤のシフトに入る事がどれだけ大変かは多少は身体で知っている 飯場暮らししていた時は普通に残業が180時間越え朝日を見て仮眠してそのまま通常勤務もして来た。
30台あるエンジンを定期的にスリーブ交換を一日でしてそのままエンジンの傍で仮眠しながら慣らし運転をして全体を留める事は出来ないので朝には現場に引き渡す。それを次々とやってゆく
それは24時間稼働の飯場に一旦入ると次の交代要員が来るまで続いた。
だが普通と違い仕事が面白かったから出来たのだと思う。その結果は銭を使う暇もなく溜まる一方だったが身体には決していい事ではなく身体に罪を作っていったのだ。

近代はその人達のお蔭で世の中が動いている。

数十年単位で見れば必要とされる仕事だけが生き残ってゆくのは仕方のない事なのだ。
後十年もしたら検温や見回りなどの夜勤の多くはAIが取って変わるだろう。
時節や環境に流され消えていく仕事も沢山あるだろう仕事ってそんなものなのだ。

皆で国債と言う借金をして先食いをして現在の繁栄を楽しんで
コロナで休業するならさらに借金して金を出せと言う
そんな奴らは何を寝ぼけた事を言ってるのだ向かう先は他にもある。
企業は過去最高の450兆円越えの内部留保はいったいどうしたんだ。
下請けや出入り業者や下々が困っているなら今こそ使うべきではないのかと思うが
それは金融経済に回されて実体経済がどんなに困っても取り崩す事すら出来ないのが実態なのだ。

これが竹中平蔵の大罪なのだ。
俺はチ~見るのは大嫌いだから介錯はしてやれないが
いま夜勤でやっと生計を立ててる連中に腹切って詫びれ