洞爺湖と終戦記念日

今日は終戦記念日 
弱い者は強い者に耐えるしかない それを勘違いして勝てるかも知れんと挑んでもボコボコにされるのは当たり前 
生きてゆく上に力と暴力だけで生きて行く訳ではない
抑止力としての力もあるかも知れんが一番需要なのは知恵で強い者の狭間でどう生き抜くかはとても大事な事なのだ それは外交であり商業であり普段の分かり易い交流が大事なのだ。
烏合の衆は烏合の衆同士で連帯が必要でそれはまさしく遠くの親戚より近くの他人なのだ。遠くの親戚にも面倒臭い奴はいる 当然近くの他人にも面倒臭い奴はいる。
良い処取りは出来ない 人類は300万年らしいが強い野獣からも厳しい気候からも知恵を使い耐えた者だけが生き残って来たのだ。
それは今でも変わらないしこれからも変わらない。

洞爺湖に桟橋を作った奴がいてニュースになった。
揺れ水位が変わる水の上に工作物を作った割には完成度が高く中々の腕のいい作工大工だと思うので能書きばかり垂れてる連中よりはこれから何かと使い道はある。
やりそうな奴を数人知っているし船の事なのでニュースを色々見ていた中で最近はアホ臭くて見ていなかったが
ヤフコメなるコメントを見てシマッタ。
その多くのコメントは撤去しても探し出して検挙せよとの事だった。
高々、桟橋を作ったぐらいのこの大した迷惑も掛からん事に血眼になって皆が検挙せよとコメントする事に恐ろしさすら感じてしまった。
あれが居座ってるなら問題があると思うが即跡形もなく撤去したのだ。
筋金入りの無宗教の俺でさえイエス様の
「汝らの中、罪なき者、まず石をなげうて」と言う言葉を思い出した。

おい~おい~重大事故になり他人をブチコロスかも知れんスピード違反も子供が車を避けて跳ねられフッ飛んでいくかも知れん駐車違反も立派な犯罪だぞ捕まらなかったから無罪放免ではないのだよ。
公園の池にヘラブナ釣りの桟橋を作っても犯罪だぞ~
釣りしてクタバッタ魚を海に戻すと廃棄物処理法違反だぞ~

ので俺は撤去したのだから注意だけで終わらせれとコメントを書いたら60分ほどでそう思うが 2 そう思わないが70だぞ~
これからの日本はさぞかし清く住みやすい日本になるだろうと感激してしまったが
なんなんだこのヤフコメの気持ち悪さは戦争前夜の提灯行列かと思ってしまった。

万が一連合軍に勝ってシマッタ後はどうする気だったのか その後の話は誰も何もない

コロナ2

いまの政治の体たらくの出発点は小泉政権から始まっている。
郵政改革に反対する者は徹底的に追い落とす為に政治になんの理念も技術も持たない、その辺のオバサンからガキまで集めた小泉チルドレンを使って政敵を追い落とした結果 次の政治を担う人材を失った事と逆らったら明日は無いと恐怖政治を行って後継者や人材を育てる事が出来なかった。
今の体たらく政権の基礎作った小泉純一郎の国民に対する責任は大きい。

片や一番の協力者になるはずの各省庁や役所集団を事業仕分けなどと言って世間のさらし者にした結果は政権が変わる恐怖を知っただろうし良くとも悪くとも自民党政権を徹底的に守る事に終始していく 
その辺の町工場のオヤジだって知って居る 社員を皆の前で怒りつける事は決していい事ではないと
そんな簡単な事も分からんで政治は出来ない事に野党はサッサと気付くべきだったのだ。

コロナは田舎にとってもう一度自分の住む区域を見直す事の大事さを知らせた。
もともと都会や首都圏の恩恵を大した受けて居なかった田舎経済には見合った設備や車も農機具をトコトン使い地域から出る銭を少なくして銭の地域循環を見直す必要がある。
顔見知りしかいない田舎で都会の感覚や銀行に騙され店を新しくし資金を箱物に使ってシマッタ結果は商品品揃えに資金が回らなくなってしまっている店も沢山ある。
それは本末転倒なのだ。

意外と地域にある施設や名所には地元民はゆかない ほんとそれは勿体無い事なのだ。 

以前から気になって仕方なかった幾寅の佐藤板金工作所さんに行った。
仕事のじゃまをするからには何かを買わんとイカンと思いながら思い切って入って見た。
整理整頓が出来ない俺は作業場が綺麗な処は腕がいいと信じている。中に入ってさらに確信をした。

屋根の板金作業などで高い処にあがる危険な仕事をする人らしい後ろ姿だった。
食えない花には興味はないが買った物は花活けに使ってもいいかなと思う物を一つ
ブリキ板でオーダーでも自分の好きな物を作って呉れるとの事だった。

車中泊で車を留めて歩いて数分の処に呑みに出るのもいいし金山湖に竿を持って散策もいい南富良野道の駅はちょっと不思議な道の駅かも

コロナと戦争


ジョー、オダネル「焼き場に立つ少年」

コロナは様々な事を教えてる。
お盆休みが始まるが各地では帰省は自粛せと言う一方GOTOトラブルキャンペーンは行われている。
旅行と帰省は何処が違うのか
旅行はホテルや公共交通機関を使うが 帰省は実家に泊まり交通機関は一家で自家用車を使う。
要は金を使う場所と金額が違う多少の犠牲は払っても経済は回せ それが国家の為になるのだと
その国家の為に多少の犠牲は払っても人損経費と言う考え方は第二次世界大戦の日本の考え方に繋がるような気がしてならない

アベ内閣はどれほど無能で浅はかでバカで危険なのかが分かったと思う。
コロナとの闘いは戦争だと言った政治家が居たがコロナは戦争相手ではない
何処が違うかと言ったらまず殆どの人はコロナを防ぐ事は出来ても 闘い倒す事など出来ないそれが出来るのは一部の科学者でしかない
だが戦争は相手はほぼ自分と同じ人でやる気になったらチ~の海に沈める事も可能なのだし出来ると思わせられる。
そして人間は裏を搔き騙し隙を見せると襲って来る。その自分を襲って来る方法は何万通りもあり、その自分を的にして狙って来る方法はとてもコロナ程度ものではない


広島平和記念資料館 家族を探す人
広島は原子爆弾の効果を見る為に空襲を控えていたが天候により新潟や京都なども候補に挙がっていたと説明文には書いてあったが何の関係もない女子供も居るのに人間はそこまで冷酷になる事が出来るのだから自分自身の精神の定期点検は常におこなって行かなければと痛感した。


広島平和記念資料館

発熱から4日間放置後に検査からアホのマスクからGOTOトラブルキャンペーンからコロナ程度でこれだけ右往左往してる 安倍晋三に他国との揉め事を納める器量など全くない 身内贔屓の安倍晋三に改憲などさせる事がどれほど危険な事かを知らなければならない
この病的なアホにシビリアンコントロールなど出来る訳がない

今時殆どの人は身体を張った喧嘩などした事はないだろうが弱い者は嵐が去るまでなんと言われようが我慢辛抱するしかないのだ。
命あっての物種
嵐が去るまでクタバッタ振りをし いい敵が加減弱った後でノコノコ出るそれが喧嘩の常道なのだ。
裏を搔いて卑怯な手を使い一時勝ったとしても一度その世界に踏み込んだ者はさらに上手が出て来て争いは繰り返され消耗戦にと進んでゆく
そしてどちらも経費に見合った勝者はいなくなり
その場に出くわした者だけが100パーセントの貧乏くじを引く
そうならない為に
危ない事には近づかない それは強い者 経験した者ほど気を付ける事を知って居るはずなのだが歴史は繰り返される。

初物ウニ丼食った。


ウニ丼をゴチになってしまった。

昔ここに新興宗教の婆さんに虐待され育てられた子がロクな教育も受けれずに悪事を重ねたあげく都会からここに連れて来られた。
当時は休憩時間になると上の者が交代で缶コーヒーなどを皆に差し入れたが
その子はいつも缶コーヒーを一息で飲みほした。
ところが自分で買った缶コーヒーは一日掛かって飲むのだった。
なぜそうするのかと聞いた時に貰った物は返せと言われるかも知れんから飲んでしまうが自分で買った物は返す必要がないと言った。
その子は何か美味い物は自分で抱えて持って行き誰も居ない所で隠れて食っていた。
ウニ丼はその子の大好物だった。

今頃何処でどうしてるやら堅気の仕事をしていて呉れたら嬉しいのだが
あれから十数年まだ顔を出せる状態でないのだろう。

辛抱する木に・・・・


337を小樽に向けて走っている。この337は小樽から各地に向かって荷物が配送されてゆく為にトラック専用道路と言っていいほどトラックが多い
いまやトラックは16メーター20トン積みなど普通にあり その間を走るには流れに乗るしかない それはトラックは車高が高い為に乗用車とは違い遥か先の交通状況と先を走る車がその後どう動くかを長年の積み重ねで予測できる為に二手も三手も先が見えてる事と
重量がある為に空けている車間距離にそこに目先の事だけで割り込んで来られてもトラックでは我慢しかない
一定数のドライバーは用心に用心を重ねても
海は自然が相手で予測は出来るが
車は予測不可能な走りをする車は沢山あり そいつらが相手ではいつかは事故は起こすだろうとその時は仕方ないと思っているらしい
俺も重量がある船の下に潜るなど割と危険な仕事だと思っているが それもいつかは一回くらいは下敷きになるだろうと思って来て・・・・・ 
その時はその時と思って覚悟して来たが 危険な稼業をしてる人達は腹を括って日々過ごしているが、
評論家と言われてる人達やド素人のSNSとやらなどの覚悟とは鯨と鰯ほどの違いがある。


この羽根はオトンルイ風力発電所だと思うがそうだとしたら一本の長さは25メートルある それにヘッドがおよそ6メーターあるので被さるが30メーターはあるだろう休憩中なのかと思って動く処を見て見たいと思ったが深夜まで動かないのか
幾ら待っても動く事はなかったので諦めて出発~


何がどうなってるんかこのターンテーブルにも発電機が積んである。
この275を走ると言う事は苫小牧にでもゆくのだろうか

いまやコロナでもエンジンでも技術の世界は日進月歩で素人は見るのは勝手だがあ~だのこうだのと口を出す事は控えた方がいいかと
コロナも科学者を信じて今は我慢して辛抱して待つしかないのだ。
アホのマスクやGOTOトラブルに使う銭があったら回して貰いたいと思ってる医療関係や科学者は多いだろう。
「 辛抱する木に花が咲く 」枯らしたらアウト 水をやりましょう。

いざ塩ラ~メン


ひと月の予定はまずこの携帯のカレンダーで日祭日を確認してホワイトボードに予定を入れるがなぜか俺の携帯のカレンダーは7月20日が休日になって後は土曜日まで休日はない
これが先週は実際には23日から4連休だったこれがすべての誤りの元で開陽台に遊びに行ってる場合ではなかった。

ここには欲かいた奴から売れ残ったマスクを買ってやったりとしたが必要な人にやってもまだ百枚以上が残っているが
安倍晋三はこれからまだマスクを8000万枚をまた配布するらしい  
それをするなら医療用のマスクを医療機関に現金を付けてサッサと送れって
人の税金を使いきっと表にだせない裏があるのだろ。
この狂気の政権が続く限り壊滅するまで悲劇は繰り返されるだろう。
選挙を棄権し狂気のアベ政権に白紙委任した者にも責任はある。


DF140馬力
船外機は海水を汲みあげて冷却をしているが卑金属と貴金属の接合部分の電蝕は現在では安価な方法ではまだ解決はされていない
対策は水洗いを徹底するしかないが内部は洗う事は出来ても外観は中々難しいので防錆スプレーを頻繁に掛けて防水膜を張るしか安価な方法では現時点ではない


DF150馬力 冷却水が上がらんと斜里から持ち込まれる。
4サイクルになってから2サイクルと違い排気ガスにエンジンオイルが混ざる事が無くなった為にドライブシャフトが噛み込みが多く外れない事が多くなった。
最悪はドライブケースを壊してドライブシャフトを切断して外すしか無くなるので
5~6年程度で何もなくとも外しグリスアップする事が必要だと思う。


ついでにジンク交換をする。

最初は各ホールは塞がっていたが取っても取っても塩とアルミの化合物が出て来る。
船外機は塩との闘いでこれが解決されたなら最高のエンジンだと思う。
車をバッテリーを付けて電源を供給しながらボンネットを開いて潮風の吹き付ける浜辺にひと月も置いて置けばタダではスマンだろうと思う。

ブログを久しぶりに書いていたら塩ラーメンが無性に食いたくなった本日は定休日なのでこれから小樽に塩ラーメンを食いに行ってこようと思う。

富良野に

目の前を走る札ナンバーの小さな商用車は出は札幌だとしたらここからやや200キロある そこにこの小さな商用車に載る商品を運んでも幾らにもならん
一袋100円程度のポテトチップスだとしたら140サイズで50袋にもならんだろう
それを小売店に降ろして売って歩いても稼ぎは高々知れている。しかし実態は商用車に乗る人達はそんな人達が多いのだ 俺の処にも毎月小樽からビスや小物の資材屋さんが来るが ひと月の買い上げ金額が1万を超える事など珍しいのだ。
俺もお金を稼ぐ事がどれほど大変な事かは知ってはいるが 
バブル期に一回の取引が数百万から千を超える取引をすると下準備もあるが粗利も大きい それに慣れ切ってしまうと元の感覚に戻る事は中々難しいがその苦労をたまには我が身に置き換える事が出来なくなっていては男としていけないと自分に言い聞かせているのだが・・・・・
仕事してる車は先に行かせろ 早く着いて家族にも逢いたいだろうし足を伸ばして休みたいだろう。

何度も38号線を走ってるが気になって仕方ない場所があった東山を過ぎた処に同じ小さな家が5軒ほど建っているが、この空の狭い場所でどうやって生計を立ってるのか不思議だった。耕耘機が数台置いてあるがどれも年代物で今時は使わないだろうと思う物ばかりだったが、その日は雨除けのテントが掛かっていたと言う事は使われている物なのだ。
丁度人影が見えたので止まって話をしてみた。

耕耘機を置いてある処が旧国道であった事や向かい側の山奥で一家で農家をやって散々苦労をした事や今は富良野市街に住んでここで趣味で野菜を作っている事などを沢山話をしてくれた。

新ジャガだと言って持っていけと貰ってしまったのでフクハラで買った総菜とカップ麺を置いて来たが大層喜んで呉れた。
同じ家の謎は解けた昔は東大演習林の官舎だったそうで今は皆出て行って売り家になっている家もあった。

新得から北落合、南富良野

アホのミックスGO,TOトラブルキャンペーンが始まったが 遊びにまで税金をバラ蒔くなど考えられない 貧乏人からも集めた税金で食らうメシはさぞかし美味いだろう。
メシは自分の財布に見合ったものを心置きなく食うのが美味いと思うのだが 
50年以上様々なバイクを乗って来たがバイクはカーブを曲がる時にはハンドルを切らないで車体を傾ける事で曲がってゆく バランスを崩した時にハンドルの小手先で回避をしようとすると脳と身体の遅れが出る為に小手先での回避はタイムラグで余計に危険を招く 
そんな人は鼻からバイクに乗らないか上手になるまで自分に見合ったスピードとバイクで走るのが一番賢いと思う。
小手先アベ政権はこのままでは国民にとってリスクが大きいサッサと降りろ。


芽登発電所 この山の上に川か湖でもあるのだろうか 下から見てるとそうは思えない

名寄の道の駅で車中泊したが名寄道の駅の隣が十勝や釧路地方によくあるスーパーフクハラや大衆食堂があって食料調達には便利なのだ。


新得で珍しい いすゞの6気筒ジーゼル4輪駆動トラック 山奥の工事現場につい最近までよくあった。


狩勝峠越え
この商用車はよほど急いでるのかこの濃霧と雨の中でずっと後ろを迫って来て先に行かせたがかなり危ない

札ナンバー商用車 誰かコロナで危篤にでもなったのか事情もあるのだろうが前の車もサッサと避けてやりゃいいと思うのだが濃霧で先が見えずに右に出ては対向車でブレーキ踏んでは元に戻るを繰り返し結局は俺も追いついてしまった。煽り運転と前の車が申告すれば煽り運転かなとも思えるが免許取消=無職になる可能性は大きい 
俺の以前の事は棚に置いてすっかり人間が出来た俺が後ろから見てるとトロイのに避けない前車でどっちもどっちだと思った。


すっかり雨の区域は通り抜け落合から右折して北落合を通り南富良野道の駅に到着 大型バイクの集団が居た川崎や大宮ナンバーですぐコロナは大丈夫かと思ってしまった。
ゴミゴミした首都圏よりはいいとは思うがこれから超えるであろう狩勝峠は酷い濃霧と雨なのでコロナを洗い流して頂戴と思いました。
皆ヘルメットには動画用のカメラが付いていたが
俺もアチコチゆくが旅はフォトでありムービーではないと思うのだ。
隙もなく連続するのでなくその一枚一枚の行間を自分なりに繋いで行くのが面白いと思うのだが 
人生も旅も隙間なく記憶していたら恥ずかしくて外は歩けんぞ~

開陽台から

色々考えもあり10万は貰って使ってシマッタが
俺が考える補助金とはそもそも国民が国に託した金であり それは有効に使われなければならない
政治家の様に恥かしげもなく自分の私利私欲の為に使う事は許されない 
こうしたら皆が良くなるとアイデアと実行力はあるが銭が足りない所に助け船として支援するのが正しい補助金の出し方になる。
その理念がないからアホのマスクになったりコロナバラマキツアーになるGOTOナンチャラなどと訳のわからんロシアンルーレットに使われてしまう。

人間の修理屋と機械の修理屋の大きな違いは
機械の修理屋は金を出せ~後は黙って直るまで待って居ろ!なのだ。
人間の修理屋は貴方がまず頑張りましょう 私達はお手伝いをしますょ~なのだ。

これは病気なのだ補助金を一番に使われるべきは病院や研究機関に使われるべきなのだ。
一日も早い収束と先の見える辛抱が与える経済効果は計り知れない。


どんどん東にゆく

開陽台から白い点々はベコ 十勝地方は乳牛を多く見る。


開陽台 本州ナンバーのバイクが4~5台来ていたが 車は道内が殆ど
道内はこのほぼ360度見渡せる場所は何ヵ所あるが ここは車で簡単に行く事が出来る。キャンプでテント張りが可能 ここの場所があるという事を知ったのは
内地にいる時で北海道に戻る事があったらいつかは行って見たいと思っていたが
すっかり忘れていて本棚にあった本で突然思い出した。

 

鶴居村から阿寒湖に抜ける 鶴見峠 カーナビの音声ガイドも道の全くない処に誘導しようとするし装備なしで行くのは止めましょう~

ジャリ道は15~20キロほど続く途中ハンドルが取られのでほぼ4駆で走る。
空が狭く18時なのに暗い 北海道は道を間違えたと思ったらすぐ戻る事が肝心で
いつか何処かに出るべ~と進むと内地と違い通行止めが普通にありそこから戻ると真っ暗などもある。

なぜか内地は北海道では考えられない奥地でも人が暮らしている。
それもたまに小さな子が歩いていたりと不思議で仕方ない 座敷わらしとも思ったりもするのだが。

いざ開陽台へ~

月曜日に部品発注が終わりしばらく待機の状態になって色々やらん事は沢山あるが・・・・・
ええ~え~そんな店はあるんかいと言う話を聞いたのと
雨竜町出身の橋本編集長が「 開陽台はいいょ 」
と言った言葉を数十年ぶりに突然思い出し初めて行って見る事に


遠くは佐幌岳の麓からも汽車で学校に通う子達にタコ焼きを一個でも売って呉れる店が 38号線のある駅前にあるとの事で行って見た。
おそらくこの店だと思うが残念ながら高齢らしく閉店していた。
タコ焼き一個など焼いたらガス代にもならんだろう 間口は二間 北海道では小さな建物になる。
その一個は厳しい冬も汽車で通う子供達にどれ程の励ましになったのかと思うと
商売の鏡だと思う。

今アチコチからなにかって言えば金には色は付いていないコロナ商売持続給付金を貰えと言って来る。
銭は額に汗して稼ぐから価値があるのだ 貰い癖は習性になりその姿は孫子にまで祟るぞ~
GO、TOナンチャラも貧乏人からも集めた税金使ってまで遊ぶなど何が面白いのだ。

マザーテレサは言った。
行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから と
「 神かまうな 仏ほっとけ 」の無信心者の俺さえもが思うのだから間違えないだろう。


山部の外れにある駐車帯で車中泊をして夜明け前に開陽台に出発 この38号線はまだ無料高速が無いせいか39号線の大雪国道と比べるとまだ集落が残ってる処が多い
231号線はバイパスが出来た途端に集落が機能しなくなってタマゴ一個買うにも50キロ先にいかんとなくなってシマッタ集落あちこちにある。
隣の留萌は無料高速が全線開通してシマッタがこれから各地の轍を踏む事は間違えないだろう。
なんの本だったか忘れたがある研究では道路幅が6メートルを超えると道路向かい側は同じ商圏には入らないと言う。
すべての道や交通機関は首都圏に早く行く為に作られていて
それはストロー効果を生み出し地方の衰退を招いているのだ。


俺の手作りキャンピングか~は燃費を稼ぐ為に屋根を低くしてる効果かリッター18キロ走るデフロック付き軽トラにしてはいいと思うがなにせ北海道は広い途中で給油をする時は言っちゃ悪いが出来る限り小さなスタンドで給油する事にしてる。
螺湾のスタンドのオヤジは
「 この古い給油機は50リッターと給油スピードが速く効率がいい 」
と折角言って呉れたが 次の客はいつ来るのかとう~んと考えてしまった。