もうすぐ三月春が来る

修理工が長いが
その中でなぜか理由は分からないが 物が壊れる日は決まってるような気がしてならない
前日の除雪機は夜10時にヤットコサ片付いた次は少し小型の除雪機を3時間掛かってバラして完了と思ったら今度は船外機が物にあたりクラッシュ
海は大荒れで その過酷な中でも港湾作業をしてる人達がいる。
漁師は漁に出れない日が続き天候の隙間をついて出漁する 
集団で乗る船の漁師達は自分の遅れが全体の足引く為に作業服を着たまま居間で寝る。
この過酷な北海道西海岸で物が壊れないのがおかしいとさえ思う。

みんな一生懸命頑張っている。
なぜ無宿人シェーンもカラ揚げお里も美勇士も今を大事に生きてゆこうとしないのか
小さな時になにがあったのかと思うが 見つけたら蹴り倒してやりたくなる。
子供のいない俺が言うのもなんだが子供は小さな時に飴玉一個でもその後の人生が変わる時があるような気がしてならない
一生懸命今を生きる若い子に声を掛け続けるのが大人の男だと思うし 
厳しいからこその浜にはツラは恐いがそんなオヤジが沢山いる。

富山まで取りに来いと言ってきたが寒いし布団から出るのは面倒くさいのでほかって置いたら字がロクに読めない俺に難しい漢字ばかりのナンやらカンヤラと書いたものが送られて来たが
小さな子から貰った全部ひらながなは嬉しいのだ~
クソ寒いので布団に入りながら写したら紙がズリ落ちた!

あ~あ~

物を売る為の広告はいく通りかのやり方があり
只々売る事のみを前面に出すと、どうしても価格競争に陥り結果は生産者に一番近い者か生産者を泣かせてもいいという者には勝てない
買った人がその物を使うか消費して実利を狙う商品は安い事も大事だが長持ちする事と使う事によって作業時間が短縮される事も大事で そんな場合は正しく使う事を知らせてゆく事も大事な広告の要素になってゆく
レジャー商品の場合は買っても万度に使われる事が少ないので買うまでの行程を楽しませる事も大事な広告の要素になる。
広告を見た人の殆どが買う事はないので費用対効果はすこぶる悪いのが広告になるが気休めにはなる。
それならいっその事、楽しい広告や為になる広告をと思ってやってきたが全然関係ない会社の広告を見るのは面白い

恩人であり商売と人生の師匠だった森本正義さんは広告より何度も通い顔を覚えて貰いなさいと教わった。
その人そのもが広告なのだと

最近は除雪機までマイコン管理されてる 
およそ警告ランプには信号機と同じで3通りあり 青は進め 黄色は注意 赤は止まれ 
で機械もまんまそのまんまで
青ランプはそのまま使用できる状態
黄色は何処かに異常があり点検せと言っている 
赤は直ちに使用を中止せと言っているのだ。
除雪機の場合は柔らかい雪から固い雪や氷も果ては石まで入る為に絶えず振動があり異常を察知するのが難しい機械でもある。
異常に綺麗に除雪する人は石を飛ばす、質量のある石は雪より何割か先に飛んでゆく
まったそう言う時に限って恐いオジサンの車が通ったりする。
安いので除雪機保険を掛けましょう~


9年使った機械 
この場合はECUがローリングに異常がある事を黄色ランプで知らせていたが無視して使い二次災害に
ケース取付ボルト4本のうち一本が切れてスイッチを壊して残りボルト3本も脱落したまま使用して回転部分がアチコチ壊れてシマッタ!
だからと言って船と違い誰かがクタバル訳ではないので眉間を吊り上げあまりにも神経質になる事はその事自体に振り回される事になるのでいい事ではない
機械はいつかは壊れる壊れたら直しましょう~ 銭か時間を掛けると生き返るのが機械

修理と販売を同時にやる者はやはり壊れない、修理のやり易い機械を薦めるのが癖になっている。


入れた記憶のない魚発見 水槽世代の新種か!


酒貰ってしまった。大好物のギシカジカの唐揚げとエビで早速一杯毎度有難うございます。

AUの携帯が難し過ぎてメールも電話掛ける事さえも上手く使えない
登録人数が多すぎて相手を探せない今までは管理番号を付けていたので良かったが、この機種は管理番号は出来ないと言うので電話を掛ける事さえ難しい 電話のみで顔を見た事もない、あまり電話のしない人はサッサと削除してしまえばいいのだが電話が来た時に失礼のないようにと思うので中々削除も出来ていないで増えるばかり さらに三途の川で釣りしてる人の番号も残ってる。
減らそうと思ったが何か思い出も消えそうでヤッパリ止めてしまった。
それからもう俺もよいよジエンドか思うほど今はいない人達の夢を三夜連荘で見た 。
クッソ~もっと簡単なメーカーに替えようかと思ったがソフトバンクは止めようと思い止まる。

商売は信義がなければ成立つ事は無い
では信義をどこで見分けるか それは儲かれば何でもやると言う姿勢のある者は用心するに越した事はない
孫正義は早速アメリカまで出向き人種差別主義者と握手をしたが時の権力者なら誰とでも組むと言うのは商売道からは外れる。
人種差別主義者は早晩倒れるだろうし一年で倒れて貰わんと困る。二年続けば欲も出て立場を維持する為に巧妙になるし三年になると軌道が一人歩きする。

商売は貰った銭に見合うものを渡す事が出来る者だけが商売を続けてゆく事を許される
折角貯めた銭を自分の身から離す事が出来るのは世情の安定が不可欠で世情が不安になった時は銭は貯めこまれるし長期的投資も出来ない
その為に商売人は世情の安定と民心の安定は欠かす事は出来ない
混乱は大きく稼ぐ事は出来るがそれは商売道とは言わない餓鬼道を歩む者でその者は生涯で満足のゆく納得のゆく人生を終える事は出来ない勘違いで満足だったと思っても隔世で現れたりする。
失敗は大小様々誰にでもあり違った側面を見ると成功への一歩と言う場合もあるが人類の最大の失敗は戦争である事は誰しもが認める大失敗なのだ。
その失敗を防ぎ次の世代に平和な時代をバトンタッチする為には出来るだけ早く争いの芽を摘んでおかなければならないが夫婦喧嘩を見ると分かると思うが争いはお互いかどちらかの忍耐と寛容と理解がもっとも有効な手段になる。
世情の安定それが商売道のもっとも大事な仕事の一つとなる。

好き放題にやらせて貰った雑誌が休刊になった これで広告原稿を書いた雑誌の休刊は二誌メだが近いうちにこうなるだろうと思っていたので読者に挨拶文を考えていた矢先だったがこれもネット時代の定めと諦めましょう。 
わりと長かった雑誌では様々な人から言葉を掛けて貰ったりして多くの方達と知り合いになれた事は銭金には替えられない有意義な事だった。
応援してくれた皆様に有難うございますと
編集者の皆さんにこれからも貴方様達のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
俺はもうここから何処にもいきません

北28条で講習会

金曜日は札幌で以前から頼んでいたスズキのDF140のエンジンオーバーホール講習 翌日はラーメン屋が開店なので日帰りで戻る事に
若い人達に混ざって実技講習を受けるがどう見ても俺は遥かに最年長 目が悪くなったと言っても角膜の問題なので朝は普通に見える。
相手から見える俺は体温が自動調整できなくなって暑いだの寒いだの言ってガッチリ着込んだ初老の男がクッソ使いづらい他人の短いTレンチを使って、
う~う~呻りながら使ってるように見えるのだろうとフッと思ってしまった。
さらにデジタルトルクレンチなど初めて見るが若い人達はツラこいて使いこなしてる。
油で汚い上にやっと見えるようなデジタル数字を見て考えてると若い人が横からすかさず説明してくれる。
今やろうと思ったべ~ 五月蠅せ~やとレンチで頭をパ~コンと叩いてやるかと思ったが思い止まった。 
この目で見ようとするものは何も変わらないのに時代は確実に変化している。
だいたいがこの業界ではかなり知られた存在だと思ったが 若い人達は誰も俺を知らないしヨイショもして呉れない
なんだろう この寂しはと思いつつ時代は変わった事を思い知る
修理屋の講習会は予習もあるが復習もあると思うので出来る限り出ようと思うのだが~
一度聴いたらもういいと言う人が多いので年寄は出て来ない 歳食ったら余計に再確認をするのが修理工だと思うのだが
参加者に聞くと下から見えないオイルキャップ経験は結構あるとの事だった。

たんにメーカーの物を確実に直す事ともあるがメーカーにとっては地域に良い物と思う地域密着型の弱小小売店は中まで知らない物や納得しないものはどうしても食わず嫌いになってしまい販売しない傾向が出来るので、
技術講習会それを防ぐ意味合いもある。
うんだらな~縦型エンジンはレースに使うエンジンに近い構造をしてるが
若い連中より汗かいてやってる年寄の修理工の為にレースクイーンのネエチャンでも呼んで団扇で扇がせろ~
などと思いながら講習が終了 
来月は同じDF140エンジンオーバーホールを一人でしなければならない


屯田
 


帰りはカーラジオが壊れてるので石狩まで行って越波の為に増毛に帰る国道閉鎖を知る。
当別まで戻って275線を帰るが3時間も掛かってしまった。
天候よりもなぜか虚しさがなんども横切る
三日も黙って留守にすると怒られる田舎に住んだらもう都会では暮らせないし暮らし方を忘れた。
浦臼の焼き鳥屋台で一本90円の焼き鳥買って帰ろうっと! 
美味いんだこれが

チェーンメール

小樽のいつもお世話になってる方から逆に貰ってしまった。
小樽新倉屋の粒あんを求肥で包み黒胡麻・海苔・コイロ 花園ナンチャラとも書いてほとんど字が読めんが絶妙に美味い 

浜の元御姉様達を始め一国の大統領の言葉は口を出たとたんに1人で歩き始め それはまるで雪山から転がり落ちる雪玉のように次から次と回りにある雪をふっつけて大きくなってゆく
日本では売り言葉に買い言葉と言うくらい次から次と思わぬ方向に走ってゆく
西洋では魔女狩りしながら出すチェーンメールは三日以内にこの手紙を3人に出さないと貴方は不幸になりますと書いてあるらしい 
それは自分の不幸を避ける為に3人に不幸を3倍にしても構わないと言う
誰かが無視したら終わる事なのに
言葉が意志を持って一人歩きをし始める 
いま稀に見る時代の狭間にいる たった一人のトランプの無知と悪意によって その悪魔の口から出た言葉が一人歩きをしようとしてる。
対策は聞く者が自分の意志を持ってチェーンメールを断ち切らなければない
それはそんな奴は言えば言うほど逆らい あらぬ言葉をクッチャべる。
無視をするダンマリを決め込む返事せんのが簡単で一番 
それが一番の対策

漁師は浜の作業小屋を持っている 
そこに網をサヤメる為に籠る漁師の気持ちが少しわかり
それがあらぬ言葉のチェーンメールや不幸の手紙を断ち切り世界の平和を保ってる。


ここまでは5時間


鶏ガラが崩れてくれる9時間後に中に入ってるブタ骨の髄を寸胴の淵に叩いて取り出す 火を止めないのと骨が熱くて~熱くて~我慢して作業をする。
鳥のガラは網でしごいてすっかり出汁を取り出す この作業に1時間


さらに骨は並べ変えて下に向ける。


蓋をすると蒸されてさらに下にコラーゲンと油がポタポタと落ちる ここまでやって火を止めて床に就く
2交代スタッフに口で説明してもラーメンを作る事は出来ない 
口での説明はすべてを伝える事は難しく口での説明に頼ると聞いていないと始まる。
自分の中で消化し工夫し悩んで結局は我が事として向かう気持ちを持った者だけが前に進む

最初の2時間と後の1時間が重要で中は暇なのだがラーメンは結局は自分で何もかもすべて自分でやらなければ美味くならない
まだまだ満足はしていない なぜか寸胴は口切まで入れないと美味くない気がする。

異星人

さすがに今は無いと思うが? 出力を測定する場合は測定場所をどこでどのようにするかは大問題でエンジンをミッションやデフ等は外し単体を台に乗せ測るとロスが無いぶん当然馬力は上がる。
さらにマフラーやエァークリーナーなども外しそこに燃費など無視して混合気を入れるとこれも当然馬力が上がる。
通常使う事やピストンスピードの限界を無視して回転を上げるとこれまた馬力は上がる。
ただし使用方法などから汎用機のように自動でエンジン回転制御を掛ける物はガバナを外し最高回転まで回すと壊れる事になる。
どの時点で測定するかは時代と共に変わって来たが現在では最終出力軸で測るのが常識 
機械はいつかは壊れる完璧などはない では10分でいいのか100年でいいのかいつまで使えたらいいのかそれは世間と時代が決めてゆく

成田航空博物館

ここにはやるなら自己責任でと言う やるなら勝手にやれと言う お国柄の国はエンジンに関しては結構アバウトな測定方法を用いる。
そもそも1馬力とはそのエンジンは馬一頭分の仕事をすると言う事で馬一頭分の価格を提示したのが最初で10馬力なら馬10頭分の価格になる。
ところが悪い奴がいて馬を過少評価した一説には農耕馬は常用出力4馬力ほどあるらしいし競馬馬の最大馬力は数十馬力あるらしい
1HPはホースパワーの略で多分ヘタレ馬と比べたのだろう。
正しくは1HPは馬の四分の一の価格しか無いと言う事になる。
大問題はそんな誤魔化す奴らと親しく付き合うと世間から同類、仲間兄弟分とみなされる。

ドナルドトランプ周辺の女達並みのなんぼ言ってもわからん浜の元お姉さま達に一度も見た事ないのにケツの穴が小さいとか、細かいとか、それでも男か金玉付いてるのかと喧嘩しながらの多勢に無勢の土日がやっと終わった。


震災前の気仙沼 鉄の博物館

俺の金玉の大きさを言ってるより気仙沼の佐比内高炉 守りタヌキの金玉でも見てみろ~。

不凍不屈~

俺がもし修理工をやっていなかったら今の幸せな人生は歩んでいなかったろう。
なんでもバラし中の仕組みを見てみた ま~元に戻せなかった物も多数 二次災害になったものも多数あるがそれは目をつぶって無かった事に見なかった事にしてスクラップにして熔高炉に掘り込んで新しい製品になって貰うと!

結構永い油虫稼業で学んだ事は軽くて性能が良ければ高いと言う事だった。
バッテリーや発電機や充電器、ポンプなどは重量に価格が比例してる 安くて性能が良くて軽い物は無い!
軽くて性能がいい物がもしあったとしたら それは高価な材質の物を使ってるか特別に手間を掛けてるかで、それは当然価格に反映されて高価になってゆく 
特別空を飛ぶとか宇宙にゆくとかで無いのでそんな高価な物はいらん

170足す80は、え~え~と170に30足して80に20足して300とそこから(30+20)でゴジュウ引くと水面から水槽の一番高い所までの高さはニヒャクゴジュウと
ネットで買った時は確か揚程は2,8メーターから3,0メーターと書いてあった。
再度ネット文章を確認~うんうん間違いない書いてある。

水が揚がらん計算に間違えがあるのか再度水面の高さの確認するがニヒャクゴジュウしかないそれも大目に測ってなのだ。
魚にはこれ以上は日延べは頼めない もし魚達に頼んだらギョギョギョと言われる事は間違いない 家じゅうの壊れてるポンプをかき集めて使ってみるが全部アウト そこでピ~ッカン~と閃いたのが風呂の残り水を汲み上げるポンプだった な~んと揚がるではないかさすが地元販売店だが水量がチョロイ クッソ~と銭を握りしめて脱兎のごとく留萌のホーマーックに走った。
そこで見た物は定価11000円 を3月1日まで8600円でと書いてある。
なんとネットで買ったポンプと1620円しかかわらん それに重量もシッカリあるメーカーは工進 工進は一般小型ポンプでは知る人は知るメーカーで多分世界で一番ではないかと思う。
さいど脱兎のごとく崖下村に戻って作業完了 水も綺麗になって魚達は喜んでるのがわかる。

手に取って見れる実在店舗のありがたさを実感ギョギョのギョと

俺が言うのもなんだが以前からネットで買う事は必ずしも安い事は無いと言う事を再確認した。
外に通す為にコードを切ってしまい返品は出来ないので分解してみる事に
初めに手にした時は大きさの割にやたら軽いと感じた中の構造はビックリぽん
インペラの径は風呂ポンプと同じ大きさで風呂ポンプは確か買った価格は2000~3000円位だったような覚えがある。

ちなみにワット数は馬力に置き換える事が出来る 重量×揚程×時間が馬力でこの式は変える事は出来ない馬力測定は出力軸にポンプを付けて水を汲み上げておこなう場合がよくある

世界の潮流は1馬力=1PSは価格に反映される  
あ~た~今頃 1馬力≒1HP表示などアホかそんな車が世界に売れる訳がない


これは水道管凍結防止の為に水道管の中に圧縮空気を入れてる。
これも中々の出来ばい

氷瀑祭り

夢中になると回りがまったく見えなくなるタイプなので昨日までまったく気付かなかったが
またポンプが動かなくなって再度川にゆくとびっくりポン

崖下村氷瀑祭りかと思うような氷の柱が出来ていた。すが漏り対策に一か所だけ水の通路を作る為に電気を通してるがそこに氷柱がわずか半月でこんなになっている と言う事は思った通り機能してる事になる。
直径25センチほどこのまま放置は出来ないので取り除く事にしたが窓とガス湯沸かし器の煙突を壊さんように上手い事川に落とさんとならん 長さ約4メーター 径約25センチ 氷は軽いだろうけど200キロはありそう 上が繋がっていなければ木を倒す要領でやればいいだろうがなにせ繋がっているし回りの雪も一気に落ちる可能性もある。
根性無しで臆病者なので離れてスコップでツンツンと突くがびくともせん 今度は恐々小さなハンマーでコンコンと叩くもまったく反応なし 
テメ~氷ごとき舐めらてたまるかと一ポンドハンマーでバッカン~と叩くとあっけなく落ちたが氷は一本の柱となってすんでの処で身体を避けて川に落ちていった。

川に落ちた氷を見て思うのは川と用水路の違いは何だのだろうか ここは自然の川を護岸しただけなのでやはり川だろうと思う。
そうすると数十メートル先で海に流れるからどこの河川にも属さず独立河川と言う事になるが ここの川に名前があるとは聞いた事がない
うんうんよっしゃ~名前を付けてやろう何がいいかな~ 別刈にある洞窟は義経洞窟と言うが誰が義経に縁もゆかりもない別刈にそんな名前を付けたのか その心境と広がった仕組みに興味があったが
どうせなら世界の嫌われ者でヒトデナシのトランプ川とでも付けてやろうか
ピンクの桃太郎川などもいいか~などと昨日から思案してる。


ポンプは浸水でアウトに今どきのブレーカーは電流のわずかな異変でもブレーカーが落ちるので電気機器はリセットになるしで大変 人間より魚にとっては水の流れや水位が変わる事は人間が空気が無くなるのと同じ事だと思う 可哀想なので新品を注文したが来るのは土曜日 それまで水道水で我慢して貰うしかない
早く春になって山から引いてるパイプが自然解凍してくれる事を願うのみ

寒いのは何かと嫌じゃ~と思うがここ北緯43度51分は地球全体でみると北緯43度以北で暮らしてる人が遥かに多くカナダやヨーロッパーなどほぼ43度以北になる 
そう思うと崖下村にもうんうん文化と芸術の香りが~

キモイ~

CIMG0600
七年使った携帯が突然電源が入らんくなった。
エライコッチャ中には700軒以上の電話番号が入っているので即留萌まで行って見て貰うが新品に替えるしかないと言う。
説明されるが聞いても何が何だかわからん きっと宇宙からの回し者かも
しかし海や水槽には落とすわ叩き落とすわで7年 よく壊れんで7年も使えたと思うと感謝感謝で丁重に弔ってやらんとないと持って帰って来たが魂を抜いたせいか軽くなったように感じるのだ。

すぐ使いたいので色は選べない キモイ~と言われるの覚悟でピンクにした。毎月の請求が宣伝より高いと言うと「 お客様の場合は高く感じますが最低料金なので二カ月にいっぺん請求させて頂いていますので、、、、」と勝ち誇ったように言われてしまった。
それでもなんやら点数が溜まってるとかで携帯もタダ、壊れた電気釜を使ってるので電気釜も貰いさらにコーヒーを貰いさらに充電器も貰った。
これで卵かザルを貰ったら催眠商法かと思うほど貰ってしまった。
かなり昔にここ崖下村に若いニイチャン達が催眠商法で羽根布団を売りに来たが大損こいて帰っていった事を思い出してしまった。
少し可哀想とは思ったが儲かるばかりでないのが商売だす~ 
若いニイチャン達も商売や抱えるものが大きくなるにしたがって過去の履歴はズッシリと膨らみ自分の中に溜まって来る。
贖罪は自分と同じ者を作らんように経験した者だから言える事も沢山あるのだから若い者の面倒をみる事が一番の贖罪になると思うのだが

ピンクの携帯は使い方が全然わからん ワイハイにモバイルがドッタラコッタラ ペアがドッタラ 基本的にはパソコンなどは一切外注でひち面倒な事を考えてる暇があったら本業を考えれと言う方なので今時の言葉は半分もわからん
俺は幼児に英語を教えるなと思う方でその時その時代に経験しておくべき事が沢山あると思うので英才教育など何かにぶつかった時に少し怖いと思うのだが 

ペア~そんなもんとっくにおらんワイと思いながら携帯と格闘してるといきなり部屋が暗くなり部屋中が光だした。
なんだなんだと思っていたら電気のブレーカーが漏電で落ちて携帯が何か知らんがピカピカとやたら光ってる。
非常用の電源でも入ったかと思うほど点滅してる。まずは真っ暗な中で手探りで懐中電灯を探しブレーカーを入れにゆくが電動シャッターが停電で上がらん こんな時は電動シャッターはほんと危ない 火事になってブレーカーが落ちた時の為に電動シャッターは訓練が必要なのだ。ナイショの方法で工場に侵入して
まず全部で24カ所のブレーカーを一か所づつ点検して一か所のブレーカーがダメな事を確認して再度ブレーカーを上げて完了
CIMG0601
朝に川を点検すると水中ポンプがダメになっていた。
山からのパイプを凍らんように対策が必要だが土を不凍深さまで掘るしかないのかいい案がない
ここ24時間でいい事は以前からの懸案だった事に一定の目途がたった事と物好きな人が訪ねて来てくれた事
暇なので土曜日にここで呑み会をする約束して別れた 陽の高いうちに呑む酒はクウ~美味いのだ。
ラーメンは相変わらず納得のいく味にならない同じ事をしてる気がするのだが
ラーメンを除くと良い事悪い事が半々だったので上々の24時間だった。

IMG_2867
 
目に入る一枚の現象を文字で表す事は難しいので記録として撮る事が多く出来栄えはそれほど気にしていない それなので俺の場合は他人の写真を見る時もそこに芸術と思う事はない
もっとも芸術をまったく理解が出来ない事が一番の理由だが
よく本棚を見るとその人なりがわかると言う 
写真にも同じ事が言えると思うのだがその人が見ようとしたものを間にカメラを置いて撮った人に変わって見てるだけだと思うのだが 

雪山で夕陽を見る事はかなり恐ろしく 思いだしてしまって眠れない
冬山で日付が変わり指先が凍っていき こうしてじわじわとジエンドになってゆくのだなと思い始めた時に助けられた。
山から下りて
「 りょうちゃん腹減っていないか 家に寄ってカレー食っていけ 」
とリンゴ屋の賢蔵さんに言われ夜明け前に家でカレーを食った。
そこには戻って来るのが当たり前だと言うように娘さんと奥さんが温めていてくれたカレーがあった。

あれから永い時間がたって今はリンゴの里増毛に住んでいる 
もう賢蔵さんより長生きはしたが あの時のカレー食わせてくれた賢蔵さんを超える男になったのだろうか 
黙ってカレーを食えと差し出せるほどの男になったのだろうか

味は忘れたが皿に盛ったカレーは一枚の写真より鮮明に思い出す。