網、走る

毎年9月に行っていた網走詣でも今年は終わった。
昨年の水害の影響がやはりあり漁獲は低調と通常の見られる小魚が少なかった。
オホーツク方面は石狩川水系と違い外来種は少なく 多いのは鯉くらいと思う一つにはやはり寒さなのかも 普通に見られるウチダなども漁師さんでも網走湖では一回しか見た事が無いという。

網走湖湖畔の石は軽石がほとんどで水に浮く水が浸みこみ沈むまでの相当の時間が掛かるし舗装していない道路などは軽い為にいつまでももうもうと土埃が舞っている。そこに根性で何世代にも渡って客土をして今の豊かな土地が出来たのだ。

ホタテ養殖発祥の地 
1934年から延々とやって食えるようになったのが1960年代じつに26年掛かっている その後も紆余曲折した。
流氷で半年漁が出来ないオホーツクの漁師は戸が買えない貧乏人ばかりでゴザを戸の代わりにしてると言われていたのが今ではホタテ御殿などと言われる豪邸が軒並み建って居る。
その恩恵は大工から機械屋まで裾野は広がる。

皆は成功の秘訣を一言で聴きたがるが そんな一言で語れるものではないがすぐ目の前に見える人の成功は周辺に暮らす人達に一つの方法と灯りを照らす。
大工の息子豊田佐吉は静岡県湖西の出身で
静岡からはアート商会修理工丁稚の本田宗一郎、
二刀流の山葉 寅楠、大工の鈴木道雄などが世界に羽ばたいた。

地域の誰かの成功は背中を見せる事で地域全体に大きく影響する  現在のオホーツクの繁栄は新谷広治氏と木下虎一郎氏が苦難の末に導いたものなのだろう。
『 成功体験は前に進む力になり失敗体験は横に広がり その人の幅を作る。 』 by俺、
う~ん 渋いぞ~渋いぞ~

俺の場合は何やっても失敗と言う認識が無い!
ので懲りていないのが現在の貧乏暮らし

先週の網走で見掛けた大好物の花咲カニを食ってしまい今回の食費を先食い食い潰したので北見のスーパー見切り品の天ぷらセットと三食うどんで二日間凌いだ。
毎度食う前に写真と思うがカツレているのと雨で外では調理は出来んかったのだ。
ザップン~ピュ~

補選


羽幌町 232 オロロン鳥

大昔はこんなサイズのケッコナンチャラ言う鳥が国境を越えて空を飛んでいたのだから下々も大変だったろう 
現在もこんなのが飛んでいたら子供達が学校通うにも大変だろう
村は一体どんな対策を取るのかが面白い ヘルメットどころの話ではナイ、
殲滅か共存か~ 時代は成るようにして成なった。

そういえば最近この辺のカラスは空を飛ばん 国道でさえ歩いて横断しようとする、
その歩き方はトントンとトントン日野の二トンとチョコマカと10センチ程度づつ飛んで歩く
車が行っても除ける気配がないが車が傷付くし無益な殺生はやめておきたいと思う心を
見透かしているのか飛べないわけではない 相手の出かた次第では飛んでゆく 
その舐め切った態度が最近やたらムカつくが空飛ぶはずのカラスはやたら車に引かれてる。 
何十年に一回くらいスズメが車に当たって来るくらいでカラス以外の鳥が車に引かれてる処を見かける事はまずない スズメはぼちぼちいこか~と歩いている処を引かれた訳ではない鳥の威厳を守り飛んでる最中に事故にあってるのだ。

この鳥本来の職責と矜持を放棄したようなカラスの舐め切った態度はどこか 
人の上に立つはずなのに職責も使命も矜持もアルマーニーか何かのブランド小銭入れ程度にしか思っていない議員先生にも似てる。
ま~不倫は下準備にも時間が掛かるし 
お互いの時間の摺合せが必要なので夫婦の何倍も時間も金も掛かり政務活動費も盗られる。

もすぐ24時間国民の為に命を掛けてスヌ~気~になって働くとワァ~ワァ~と騒ぐカラスに一票が始まる。

9月5日の道立北方民族博物館

修理工は想像するのが仕事で今起こってる現象の点を繋ぎ合わせて機械の中で起こってる事を想像し近い部分を分解し確認して修理する。
闇雲に分解すると実は誤診だった場合は故障原因が再現出来なくなってしまう。
苦労して作った機械が作った人達の思わぬ故障が起きるのでアラ探しになるが
それはそれは面白い仕事で毎日が銭を貰いながらゲームをしてる。
想像するという事は人間社会では大事なことなのだ


9月5日の道立北方民族博物館入館料は常設展、特別展全部見ると800円 最低賃金より高い
二十歳以下はタダにせ~どの道経費は変らんべ~
昔は更生者はほうぼうの博物館のタダ券が貰えた。

博物館の多くは展示物で成立ってるが その展示物を見る事でどうやって使われ どうして必要とされ作られたのかを想像する。
博物館は騒ぐ場所ではない想像をする思考する場所なのだが9月5日の館内は兎に角うるさい

1 説明員らしいおばさんはハイヒールで歩きカツカツと館内に音が響く 誰も居ないので暇なのか俺が何かをカッパラい腹巻に入れて逃げると思ってるのかカツカツと響かせ近寄っては去ってカツカツと近寄って次の順路はコッチと言っては去るを繰り返す。
館員全員が自分でも気付かないのか鈍感なのか
何もカッパらわないから心配するなと言いそうになった。
博物館を見にゆくと言ったらローファーで音のしない靴にワンピースで麦藁帽子と決まってる
いかにも賢そうでね~か~
9月5日俺は雪駄にハラマキだったがダメか~


山に生活を支える神が住んでると説明中のテレビつけっぱ

2 館内の全部の説明テレビが点けっ放しでアチコチから別々の説明が同時に聞こえて来る。
パチンコ屋か黄昏た下町商店街の大売り出しと変わらん

馬が馬を捕まえるのに人間に協力中のテレビつけっぱ
 


テレビつけっぱ

ピカソの絵にちんどん屋の音楽は合うと思うのだが
五月蠅い博物館など経験した事が無い 館員が自分で金を払って入る気は絶対に無いだろう。
どの道自分の金ではないから旭川の動物園に学ぼうとも思っていない道立北方民族博物館
ラーメンは食ってから払うが ここは先払いストリップ劇場か~閉館した方がいいって 

3 アイヌ民族の着物が試着出来るが姿見が近くに無く探してやっと見つける。

一人なので着ても自分で見れない地鶏棒とかでも持参すればいいのかどうするんだと探したらあった全身が見れないセコクサイ姿見
着丈があったら呉れるのか~

などなど他にも最低賃金を出して見るほどの事はない折角網走なのだから 
この着物の素材のアザラシやトドなどは現在でも海岸に流れ着くのだからケツの皮でも剥いで来て手で触れる展示をするといいと思うのだが
海獣の毛は逆なでは出来ない事や硬さがわかり道外の人には実感出来ると思うのだが
アンケートに書いてやろうかと思ったがや~めた~
どの道 役所など一般の意見は聴く振りするだけな事は北海道漁港管理条例で散々学んだのだ。


8月29日火曜日昼過ぎのオホーツクミュージアム
こっちは入館料300円で体験出来るコーナーなどありマシだが
おいおい新しくなった方が面白くない元に戻せとチャランケ(アイヌ語)付けたら定休日でないのに戸があかんぞ~新聞が溜まって落ちてるぞ~

日野皓正

俺があの立場だったらクソガキをケリ倒している。
いまでも同じ状況ならたいした変らんと思うが手に切れがなくなった事と躊躇が入る。
体罰や暴力は決してよくない 掛からないエンジンを幾ら叩いても直らない
例え叩かれた子供がなんと言っても  
世界の日野皓正と呼ばれてるらしいクソオヤジに叩かれた自分のこれからを忖度した時に何をどう言えばいいかはわかっていて言ってると思う。

昔は体罰は普通にあったし ひどい目にあってあんな事やこんな事もあって学校にゆくのをやめた。
言葉だけで実行出来ない兄貴は人前で俺を殴る事で自分が偉くなった思ってる節があった。
勝手に思うに 
親世代が戦争という狂気の時代で暴力と体罰を受けてきた世代だった。
昔は普通にあったが皆いい子に育ったなどと言うのは浅はかだと思う。もっと違うやり方をされたならもっといい子になったかも知れない
暴力や暴言やイジメは癖になり受け継がれ連鎖し最悪は自分で気付いても止める事さえ出来なくなる。
誰でも裏と表の大小はあるだろうが
俺が言うのもなんだが暴力でしか相手を屈服できないそんな奴が顔を世間に堂々と出したりする事自体が間違っているのだ。

芸術はまったくわからないが 幾ら稼ぐか有名かが物差しになってると思うのだが
人に出来ない指の動きや手や口の動きなどを出来るからなら
そんなもんその辺に一杯いる。
弘前城前の煎餅焼きオヤジなど煎餅を置いた板が焦げるほど熱い煎餅を素手で持ちきっちりと仕事をする芸術家なのだ~
生きてゆく大衆の生活に役立たない芸術などあってたまるかと思うのです。
そんなのはただの趣味 なにもそんなに有難がる事ではない


芸術だ芸術の爆発だ~ 擦文土器と縄文土器の芸術品の数々 道立北方民族博物館

様々な博物館を見てあるいたが9月5日の道立北方民族博物館は内容に比較して木戸銭が極端に高い 
目指すところもレベルも最悪に低い 道外観光客にもと思うなら恥臭いので閉館を 
数年前と責任者が変わったのか?
どこかは追って~沙汰を

土日ラーメン 神の子

エンジンは手前から一番と呼び順々に2.3.4番となってゆくが
点火爆発順序は一番から始まり次は2番 次は4番目 次が3番目となってゆく 
1、2、4、3と順番に異物を入れて狂わす事によって共振する事によるクランクを破壊する 大きな振動になる事を防ぐ 
1,2,4,3,1,2,4,3、1,2,4,3、と回ってゆく
六気筒は1,5,3,6,2,4
最初のエンジン始動を何番から始まるかエンジンそのものが右回りか左回りかでどこが異かはまったく変ってゆく
誰もが右でも左でも意見を言える社会になったが
人間社会いま何が基準なのか右回りなのか左回りなのかは誰もわからない

半世紀も機械の業界にいて色々な乗り物を売ったり乗ったりしてきたが
馬力と人間の目の色は反比例するような気がしてならないのだ。
歩く人、自転車に乗る人以外に神様が送ってくれた申し子のような綺麗な目をした人を見た記憶がない
いまでも記憶にあるのは望来と何十年も前にパンクした自転車を押してきた夫婦と思われる人達と数人だけなのだ。
惰性に流され共振する事の恐さを忠告するように現れる人達はまさに神様が送ってくれた申し子なのだ。
その相手の目の色に写る自分こそ異物だっだのかも知れない。

土日ラーメン屋


ここ崖下村の黄昏た場所に小さな店を作って一年ちょっとたつ 

自分で散々乗って暴走しておいて言うのもなんだが だからわかるのかも知れんが一人しか乗らんのに大馬力のバイクに何千CCと言う車 それは身体に刻む刺青や茶髪とたいしたかわらんと思うのだ。みんな大バカ野郎達なのだ。
俺は 私は ここに居ると叫んでいるように見える。
ここはラーメン一杯 コーヒー一杯で一日居ようが全然かまわないのだ。
ここだからこそ来てくれる人達がいる。
ここの店は外も中もたいしたかわらん金の掛けていない小さな小さな店なのだ。
子供が騒ぐからと ペットがいるからと 身体が不自由だからと
 

ダ、スビダーニャ

15~6年ほど前の少し荒れてる時期だったが、
ここから南に約100キロほど行った所に望来と言う集落がある.
そこに「 お多福 」と言う通りからは見えない小さな店があった。
見えない処にあるその店に夜遅く何か食おうと入ったが
車で通ったのになぜ入ったのかいまもわからない
中に客は一組だけで若いカップルと思われる先客が居て二人ともどこか知恵遅れの障碍者と思われた。
その二人は七つの大罪すべて振り払ったような目で美味しいね、美味しいね、と交互に言い合いながら食べる姿に荒れた物欲の固まりの俺は心を打たれ反省した事を今でも思い出す。
乱闘が続いたり少しばかり荒れてる時期だったので神様が送ってくれた申し子達だったのかも知れない
いまはその店はない

先週はちょっと強面の訳あり風のご一行さんがラーメン食いながらポツリポツリと語る言葉に美味いラーメンを作りたいと痛切に思った。

36時間わけ

警察官に救助されて助けてくれた人に向かって何様だ上から目線だと書く人がいるらしいが同じ場所に行った者が全員が遭難する訳では無い 
自分のメの無さと自分の責任 もう一度同じ処に置いてこいと思うが綱を離すわけにはいかないのだ。
かえって利口そうな奴より見るからにバカ野郎でもその後の始末は良い場合もあり 
見た目がいくても反省もたいしたせん奴は始末に悪いと思うのだが!
人って別れ際に横向く無防備な横顔に結構ほんとうの性格が現れたりしっちゃのであります。

8時30分に一報が入り ミッション完了が11時30分 3時間掛かった225馬力全開のタンク燃料は2時間分あとは追い風か潮がどっちに流れるかで運しだいと思った。
着いた先には傷つく横付けを嫌がったほどの某メーカーのほぼ新造船 
新品エンジンの場合は作った側の責任は大きく 
メーカーのその後の対処の仕方に未来が見え隠れするのだ。
今のところは世話になったと言って来たのは故障原因には何の関係も無い役場の人達だけでエンジンを造った関係者は何も言って来ない。
修理工としてはクラッシュした原因に興味があるのだが

で帰りの燃料は牽引する為に通常の何倍かの燃料が必要
下手すると「共倒れ」と思うが実はそうでは無い救助作業は待ってる側は燃料も体力も使わないし失敗した時の為に次々と後続隊が控えてる。
一度などは自分の責任だが遠くを見ていてホタテのロープを引っ掛けてトランサムが破れ そのすぐ後に探してる船を見つけエンジンを始動して二隻ともやっと自力で戻った。
自分の船はそのまま室蘭の造船所に修理に入るが銭んこはどこからも出ない涙涙
海も陸(おか)も困り事は常に流され時間との勝負なので手を出せる者!が手を出してやるべきと思うが
例え警察官と言えども縁も所縁もない相手に身体を張るには受ける側にもそれなりの覚悟がいると思うのだが
それが嫌ならどこにも連絡せずに即身仏にでもなっておくれ ア~メン

岩手県久慈市震災前

36時間は火曜日が定休日で月曜日の朝から昼頃にボートが出航していない事を確認後に遊びにゆき
水曜日には戻っていなくてはないから36時間以上は遊んではいられないが大シケが続く時はアリが十匹有難うさん状態なのだ。
自分で選んだ商売だがシケたら漁師さんが困る事なのに因果な商売なのであります。

32時間三角

今週は夜の付合いが続き忙しかった。
命も掛かる不始末の責任問題を分散化して少しづつ薄めてわからなくなってしまうと言う 少し考えさせられる事があった。


北海道は大きく分けて13世紀に突如消えたオホーツク文化圏と縄文系アイヌ文化圏がそれぞれの川の流域と海を使い広まってゆく 中でもここは後世まで繁栄をしてゆく
日本で3番目に長い川の流域と4番目に長い川の源流域はわずか10キロほど隔てただけで近い アイヌの人達や縄文人は川を遡り川伝いに交易をしていったが一番盛んに交差したと思われる三叉路は愛別あたりではないかと思うのだが

三叉路はそこには宿場がたち交易が盛んに行われてゆく 
ここの狭い川沿いの土地でハッカ栽培がおこなわれた事も面白が 一つの産業の品物が何処まで運ばれるかは発展するかどうかの大きな要素になってゆき 量があっても運ぶコストは大問題になるがハッカなどは高価な割にガサがないので伐採された木材と共に川を下って行ったのだろうと思う。

ハッカ蒸留設備


映写機


駅兼博物館と思われる建物の二階から街を見る 誰も出逢わなかったが街の手入れもゆき届きすごく理想的な住みやすい街と思った。
今回初めて来たがまた必ず来るだろう。
原木が陸送に代わりやがて材木価格の下落により住民の流失が続いたそうだが 
人が食ってゆく為に必要な富は人材も考え方も含めて地域にどれだけ蓄積されたかでその後に続くかが決まってゆくような気がしてならない
北海道は大きな町と町が繋がっていないで個々がハッキリと分かれているので町が現れたら道を一本外して走るとその町がまた違った面が見えて面白い
折角予約要らずの動く宿キャンピングカーで北海道に来たなら国道だけでは勿体ないと思うのだが


32時間到着 

人間社会には出逢い 生活や一瞬の雑談や暮らしとやがて別れがあるが
昼の商売から夜の商売まで出逢いは出向かえる為に「 おはよう 」「 どうも毎度~ 」なりと誰でもなんとかなってしまう。 
中間も紆余曲折があっても流れてゆくが人間社会では別れが一番大切と思うようになった。
別れをいかに出来るかでその後もその人と続いてゆくことが出来るような気がしてならないのだ。
一瞬の出逢いにキッチリと別れを言えただろうか 
またいつか出逢いましょうと気持ちを伝える事が出来ただろうかと
言葉では到底あらわす事の出来ない お互いの人生の出逢いのわかれ姿を身に付けたいと思うこの頃なのだ。
「 さよなら三角また来て四角 四角は豆腐 豆腐は白い 」と

32時間小商い


謎の魚捕獲成功 増毛まで近道を探し戻る事に


住民はせいぜい居ても100人程度だろう国鉄に早くに見切られ廃線になった元駅に立つ地蔵さん
砂金色のヘルメット ま~何もないよりはマシかもヘルメットをなでると砂金堀は大漁かも

台座 みぎ

名前が皆カタカナ 極寒の地での開拓にみな苦労したろうに
昨今のキャンピングカーブームで広大な土地を見てこれが北海道とかなんとか言って車で周って楽しんでいるのかも知れんが そこに住み続ける者 去った者の苦労までは想像は出来ないだろうと思う時がある。
そこに棲む者にとっては闘いの日々の土地 それを通りすがりの者は広大な大自然の北海道とかなんとか言って一円も落とす事もなく通り過ぎる。
早朝の国道 特に観光道路の38号線はスーパーの袋に入れたゴミが道路の脇に沢山落ちてる。
家に持ち帰るにも大変な旅人が処理に困って捨ててゆく 見える範囲でかなりあるので見えない所にはもっとあるだろう。
皆自分を何らかの形で残したいと思うだろうが観光客はゴミと言う形で先人が命を掛けて苦労に苦労を重ねて来た北海道の大地に自分の車の中さえ綺麗ならとゴミと言う形で自分を残して帰る。


商人は遥か先の年金より今月の支払が先で余分に仕入れる事が利益になり地域の為にもなると考える。
年金が地方にあった時は役場が毎月集金に来たので全納した人は多い それが国に移行してからは集金に来なくなった為に払っていない人が多くなる。
田舎の年寄がやっている小さな店は店主の国民年金が手渡してくれる品物に乗っかている。
それを安いだの高いだのこいてる貧乏人メが結局は地域を崩壊に導いた。
この小さなナマコトタン張の見るからに寒そうな商店の後ろの住居部分にどれほど慎ましい生活をして店を守って来たかを物語っているのに
同じ線路を使うのにJRはJR貨物は別会社だと言う。
近い将来 毛細血管を失った事が間違いだったと知る時が来るだろう。


この学校にはヘビと闘った子もいたろう、熊と一緒の道を歩いた子もいたろう。
自分の肌で生きる術を探しそこから先にも役立っていったろうに
みんなどこに行っていまは幸せなんだろうか

国鉄廃線で元駅に作られたバス待合所 止まって戸を開けて見る事が地域の為になる。大学ノートでも置いておけばと思ったが余計なお世話かも

10月16日日曜日 中頓別中学 学校祭
すべての男は紆余曲折あっても この子達が幸せな生活を送れるようにする義務がある、それは税金納付であり 見返りの求めない故郷納税かもしれん 通りすがりの買物かもしれん 頑張れと安あがりな気を置いてくる事かもしれん

いったいどうなってゆくのだ 小商いの商人から旋盤工から溶接工まで いつ辞めるかわからん新入社員に給料を払い教育を最初にする 
それは教育はリターンの大きい一番利率のいい投資と考えてるからなのだ。

閉校に次ぐ閉校 これほど大きい学校達が或る日突然閉校になる廃線と閉校と地域崩壊の因果関係はないのか

32時間セザンヌ

悪い癖で言葉などほとんど信じない自分の目で見たものしか信じない 
これでどれほど損した事か

21日午後2時頃 幌加小学校跡 

22日朝5時頃 男能富小学校 なぜかゆく先々に閉校した学校がある。

体育館の壁をぶち抜いてグランドピアノでも売り飛ばしたのか壁に穴

手作りマキ割り機 作ってる本人は楽しかったろう。

22日朝6時頃 開店準備していたので入ってサイダーとタバコを吸わないのでマッチをすぐ忘れ香取線香に火を付けるのに大変な目にあったのでライターを買う。
三代続いたが自分で締める事になるだろうと言う。

閉めさせてなるものかと他にも探すが取りあえず必要なものがない

空き瓶でも貴重な酒の空き瓶を展示してるが売らんと言う。地域のデパートだったと思うなんでもあった桑村商店

汽車で通う子供達や稼ぎ人達に明かりを灯し続けたであろう無人駅のそばにあった竹内商店 小商い商売人の本懐を遂げた跡 

雄信内小学校跡

安牛小学校跡 
別に学校を探してる訳ではない どんどん目的地に近づくがポール・セザンヌのリンゴの絵を思い出す。

突如こんなのがあらわれる何度も通った街道なのになぜ今まで見る事が無かったのか不思議だったが途中に年中エゾサンショウウオが居る池がありここだけは迂回していたので通る事はなかった。
折角なので缶コーヒーを買い暇そうな事務所のオヤジに話掛ける。

戦闘機と言えどもナビゲーションライトはある 「 みぎ緑ひだり火の色 」海でも空でも赤い火を見たらその物体は左に向かうハズだが殆ど見えない場所の主翼の付け根にある黒い点がそう、危ない奴だ。
艦船と保持船だった商船の衝突が多いがいっぺん太平洋セメントの扇洋丸に弟子入りせ~


俺が思うには田舎で暮らすには銭ンコなど大した役にたたん渡すものに自分を重ねるバーター取引を勉強する必要がある。
この後も閉校した学校を見かけ続ける。