げんばびとの所作


船の船体には構造上のものと浸水を食止める為の水密区画がありバルクヘッドと呼ばれる。

エンジンから様々なワイヤーや配線や油圧ホースや電気ハーネスを何メートルも引いて来るのだがバルクヘッド配線用の小さな数センチの穴を通り越す事は結構大変でもっとも注意を要する作業になる。
穴が大きければバルクヘッドの役目はない
各種配線や配管がスムーズに出て来ないと言う事は引っかかってる事を意味し
当たり前だが力で引き抜くと絡まってるコントロール機器やハーネス類を損傷させる。

意外に思われるかも知れんが職人や修理工がやってはいけない事は力で押切る事はもっともやってはイケない事でそれは自分へのしっぺ返しとなって戻って来る。
その為に優秀な職人技ほど見てると流れがスムーズで誰でもやれそうに感じてしまうのだ。

途中で何度か小さな進化をしながらこのハーネスが出始めて23年ほどになるが
これはと思う物が付いた。たった6本の線を束ねているだけの物らしいが恐ろしい事に
このマッチ箱程度の大きさでも
引く側の端末に付いてるこの形は一目見ただけで
今回は大小合計9ヵ所あるバルクヘッドに引っ掛かる事がすぐわかる。
長い事やっているが小型の船のバルクヘッドの構造を実際に見た事は無いし見る事は出来ない場所が多い
ただ図でこうなってるだろうと想像は出来る。

結局は通常なら2時間程度で終わる各種コントロール系統作業にガラスウールを手に突き刺しながら二日間掛かった。
このコネクターはハーネス制作手間節約らしいが
設計部門の現場を全く知らない無知な設計者が設計をしたと言っていいし
設計部門上司も現場を知らない上司と言っていい
そして上部や中枢部組織全体がそんな感じだなと想像出来る。

バカの一つ覚えの様に安心安全と言って現場任せにし危険なオリンピックを強行しようとしたり
博打である金融経済を推し進めたりするが
そもそも金融経済や会社の上部や中枢部はその一円は何処から来たのか
最初の一円はすべては現場が身体を張って稼いだ一円ではないか
いま日本中で現場を知らない、知ろうともしない事がアチコチで起きている。
もう革命でも起きない限り戻る事は出来ないだろう。
革命が起きると支配階級はひで~目に遭うのは歴史が証明してるがチ~を見るのは嫌だ。

せめて下々がいま出来る事は自分の手から見知らぬ相手の手に銭を渡す時に
心を込めて
これは俺が身体を張って稼いだ銭だょと渡す事しかない
美しい所作は心の表れ

下級国民結構けっこうコケコッコー


大日本帝国陸海軍ご用達 ハ45型 エンジン実機
多くの若者が国策の特攻で死んでいった。

オリンピックを開催し観客と関係者を別に入れ酒類も提供するらしい
このなんでもありのやり方は大東亜戦争、太平洋戦争前夜と言っていいしこれが日本と言う国の上級国民達の本性のやり方なのだ。

北海道漁港管理条例発効前に公聴会を開き
すでに利用してる人達に道は各地で説明会を開いたが
2時間でハイ時間が来ましたのでと道の関係者は全員退席で
ただ言ったべ~聞いたべ~と言う形を残しただけで
今もそまま運営されて条例通り利用してボートの転覆事故が相次いだ。
45日も前に出航予約をせんといけない漁港管理条例は変更は認めない為に多少の波でも出てしまい
ボートが荒天の中で年を跨いで続けて沈み合計13人が亡くなりその後も転覆事故は道内では続いていった。
12年前6人が亡くなった当時の引き上げられた船に付いていたシリアルナンバーを俺の机に貼って苦しい時 悩んだ時に カッと来た時に触っている。

関係した中のもう一隻はそれすらもない

全国の行政者は窓口まで自分は特権階級でお上で上級国民で自分のする事は間違っていない正しいと突き進み下級国民はそれに流されていく
その姿勢が歩くのもやっとの人間が車に乗る池袋事故加害者の態度に繋がっている様に思えて仕方ないのだ。
それは下級国民は流されるままの無気力を生み やがて自分の狭い世界の中で自分の意見のみが、行動のみが、正しいと勘違いして相模原障害者施設殺傷事件が起きる。

俺もカッとなる性格だし回りにも沢山いるが知ってる限りはカッとなる性格の多くは、殆どはカチンと来る気持ちは30秒は持続しない
それを以上長い事怒り持続させ行動する者は異常者と言っていい
大概はカチンと来て手や足を出しても すぐ我に返り落し処を探っているのが普通なのだ。
怒ってる奴の正面に立ってはイケない、その場を30秒外す事がお互いの為なのだ。
外しぱなしでもダメで聞く気のない奴と思ってもキチンと向き合いお互いの主張を聞き言う事が必要なのだ。
それは自分の為でもあり世間の為でもある。


ハ45型エンジンが置いてあった場所の地下通路

ドンドン進む

さらに奥に なんかビビッて手が震えてるぞ

恐い~ぞ~

降りる

地下道を通り出たのはここ万世橋駅 現在は通る事は出来ない
どうも現政権は異常者なのか性格が悪すぎ
下級国民も異常者になるぞ~失うものが無いだけに怖いぞ~

環境が人を作る 1


俺の車は46000キロ乗ったスズキマニュアル車だが先月初めての車検から戻ってからチェンジが何かおかしいギヤが入るのが一瞬遅れると言うか何か突っかかる気がする。
なんでだべ~と気のせいかと思いながら修理工の端くれなのと一般道では大した事ではないが急な山道に入ったらギヤが一瞬入らない事は少々危険な時があるので色々考えた。
車検はすべて任せるので作業書も請求書も見る事はないが請求書を見てみる。
中にギヤーオイル交換と書いてあるがそれでもまだピンとこない

一般市販車のマニュアルミッションはバイクや船外機と違いシンクロメッシュ方式が使われている。
この方式はギヤを同調させる為の構造があり、どうもそれが上手くいっていないのではと思いギヤオイルを純正の物を取寄せ交換してみたピンポ~ンで当り ギヤがスムーズに入る。
硬いオイルはシンクロコーンが付き回りし過ぎるのかもしれない。
ミッションに使用したオイルは右の75Wシングル デフはデフロックが付いているのでデフもいつか交換してみようと左の75W-85ギヤオイルをついでに取寄せる。
せっかく気を利かしてやって貰ったオイルが合わなかっただけなのでやって貰った整備者には報告はまだ出来ないでいる。

オイルはピッタリ合った物をと言う事かと
オイルと言えば面白い話があるが又今度

確かに60~70年代のミッションとはスムーズさは違うが一体いつからギヤオイルがこんなにシビアになったのだ。
1960年代から1980年代までフォーミュラレースで活躍した
ブラバムが使っていたギヤボックスはヒューランド製でブラバムが勝続けた秘訣はバイクや船外機などに使われているドッククラッチ方式のギヤボックスにあった。


なんのコッチャ 今月は殆ど休んでいないので休みたかったが
昨日21日は交換したオイルを試せとばかりに山奥に行く仕事が出来た。
ここから108キロ先の山奥の事業所に初めて行くのでカーナビでゆく
なんだなんだ旧炭鉱の立坑があるぞドンドン奧に
ここからまだ奥に入ってカーナビに目的地が出るが途中で道が消えている。
ま~行ってみるかと行くが途中のゲートで性格の悪そうなオヤジが通行書はあるかと聞く
一応話は通っていると思い話をするが知らんと言う すったもんだの末にカーナビでは行けない事がわかる。
この道は最後は数百メーターの崖を歩いて登らないと行けない事が着いてから聞いた。
このままでは時間事に一方通行になる時間帯に間に合わないと気を取り直しお客さんが書いてくれた手書きの地図通りに最初の出発点まで10キロ以上戻る事に
カーナビがあるさと最初から素直に言われた通りにせん性格の悪さが出た。


シカさん秋まで沢山た~んと食って大きくな~れ
沖縄のMさんが口開けて待っているぞ~


最後の人家から5キロ入った処にここに昭和14年尋常高等小学校東分教場として開校、
昭和46年まで小中学校があったと書いてある。
この空の狭い川沿いでは何も作物は取れなく極貧であったろうに
大概の分教場は部落の手弁当持ち出しで建てられ運営されている。
環境が人を作る事は間違えない
北海道や雪が降る地方の人間はどんなにしてもあと4ケ月で雪は降って来る。
どんなに自分が正義だと勘違いしても自然には逆らう事は出来ない
雪国はいまある環境に沿って出来る事を淡々とやっていき回りから孤立する事は日々の生活が命に直結しクタバリかねない事を意味する。
どうもなんでも金さえあれば欲しい物は者ですら手に入ると勘違いしている大都会の人間とは相容れないものがあるのではないかと思い始めている。


露頭炭層

砂利道十数キロやっと着いた~ぞ~
最初に通った道は向かって一本左手の沢で終点はここの崖裏になる。
向こうに見えるのが新十津川のピンネシリの山
ちなみにピンネシリ道の駅とカーナビに入れると北海道~デッカイイドウとんでもない二百数十キロ離れた処に連れて行かれ日帰りでは戻れんので注意が必要

仕事が終わり下山する事に
急な道でブレーキは使えないのでこういう時はマニュアル車はいい
シフトもスムーズに減速出来る。
余裕噛まして崖下村を朝9時に出て現地滞在は小一時間で仕事は完了したが戻ったのは夕方まで掛かった。

大自然の中でここ数日の性格の悪いバカ野郎オヤジのやり取りなど色々考える事があった。

鶴への恩返し


マークルーザー5,7リッター このエンジン下に付いているセルが回らん
30年はゆうに立ってるだろうからビルジ水でボルトは錆びてるだろうしボルトの頭も無いかも知れんもしそうだったらエンジンを一旦外さんない
多少は海の怖さを知っているし修理には保証が付くし先々の故障も色々考えると面倒臭いのでやりたくないが かなり前に俺が売ったので仕方ない
船主はエンジンを始動させれば海に出ないでも満足する人なので
少しは気持ちが救われる。
船底に一万札が落ちてると思って狭い中に手を突っ込んで傷だらけになりながら作業開始

自営業がボヤクのは仕事の内なのだ。
真面に聞いたらイカン
通天閣あたりのオッサンに儲かりマッカと聞いて
「 ボチボチでんね 」は相当儲かってる。
「 あきまへん 」はソコソコ儲かってる。


三菱南部菊水

三菱新光

北炭清水沢

昭和炭鉱 坑道商店が雪の下にある。

北海道は石炭産業に大きく依存して栄えていったが
昭和46年を境に国策によって石炭政策が大きく変わり各地で閉山の嵐が吹き上げる。
その中でも財閥系の三井、住友、三菱などで働いた鉱夫や組夫達はまだよかった黒手帳や他所に移籍も出来たが
赤平や芦別や夕張などの自営業者はなんの補償も無く廃れに任せていくしかなかった。
従業員が居る者は何の補償も無い中で従業員の行く末を案じて
自分の年金を掛ける事も出来ない中で
鶴の様に見ないで下さいと自分の羽根を抜いて従業員に渡し新天地にと
頑張ってねと、元気でねと、新しい親に可愛がって貰いなさいと
駅から手をふり送り出したのだ。
いまがあるのは見えない鶴のお蔭なのだ。

旧産炭地で腰を曲げ杖を付いて歩くお年寄りは残ったお客さんが居る限りはここに居ると残り続けて私財を取り崩し最後は家までも風雪に潰されていった。
北海道には国策で商店街がなんの補償も無く消えてしまったマチは上芦、茂尻、我路、とアチコチにある。

オリンピックより旧産炭地に学ぶべきものは多い
なにをコロナで未来にツケを残す補償金がドッタラコッタラ
本気で泣きを入れるなら自営業などするな!サッサと辞めちまえ
これからは誰の指図も受けんと一本独鈷になったのではないのか

ダメな時はダメ 無い物は探しても無い

ステアリングワイヤーを交換して

ジンクを四個交換してと快調にうんうんと仕事を毎日順調に片付けてゆくが

本日のケッ躓き
何がどうしたのかインペラ交換したが検水口から水が出ん
オーバーヒート警告ランプが点灯し制御センサーが働く
穴径8ミリ程度のパイプか何処かが詰まってるらしい
1時間考えに考えてウオータージャケット内部を見る事が出来るサーモスタットを外しジンクを外し圧縮空気を送って見るが反応が無い
今度は冷却パイプにホースをバンドで止めて水を送り込んでみるが水は通らない全然ダメ
根気よく水を出しっぱなしで1時間挑戦それでもダメ
何がなんでも今日中に修理をして渡さんとないと
数時間挑戦するうちにスズキはウオータージャケットを直接洗うジョイント口がある事に気付く
なんてこったこれだけ長い年数作業をしてるのに思い出さない眼中にない
ネジで止める事で水道ホースは外れる事が無くなったので水道圧を目一杯掛ける。
水道圧力はおよそ0.7MPaありホームセンターで売ってる下手なコンプレッサー以上ある。
直接水を送れる事になって根気よく水を源泉かけ流し状態で約1時間以上流し続けて詰まっている塩の固まりやアルミの化合物を流す事に成功
今度は何処から水が入ったのかエンジンが始動しなくなる。
強烈な点火ミスをさせたのでエンジンをバラして点検し
折角入れたばかりのエンジンオイルとフィルターも再度交換して始動させる
以後ヒートセンサーもオーバーヒート警告ランプも点灯しなくなる。
出来たのは夕方6時頃
なんでもっと早くに気付かないのか
思い込んだらまっしぐらの性格が災いしている。
こういう奴の俺は人と一緒に何かをする事は苦手なので人様の上に立つ事も嫌いで協調性ゼロ
でも不思議な事にどんな原因不明の故障も面倒な作業も一定の流れで一日の仕事終わり時間頃には解決して終了する事が多い
間の時間はサボってるとは思えないのだが
24時間のうちに何か脳や身体が冴える時間か周期があるのだろうか不思議
だから終業時間は5時と決まってるのだろうか

ダメな時は脳も身体も休ませる事が必要なのだと思うのだが
それが出来ない筋金入りの貧乏人なのだ。

負け惜しみと自己満足 

琵琶湖水族館 オオサンショウウオ
古くからサンショウウオやイモリなどにオットセイの〇〇を混ぜたり黒焼きなどと漢方薬になったりするがこれは食ったら犯罪です。

半月ほど掛かった事がやっと終了した。
「 ありがとうございます お世話になりました 」
と深々と頭を下げて去っていったが
ひとつの考え方として国や行政というものは共済会か互助会とほぼ同じで上手く行ってる者や災難に遭わんかった者はそれで良しとし国にミジカメ料の税金を払い災難に遭った者を助ける。
ところが現在のガースや竹中平蔵などは強い者を助け弱きを挫く 運の悪かった者はさらに金がカタキの泥沼にハマる構造になっている。
対策は下々の商人(あきんど)は自分の裁量の中でサッサと諦める事も必要になってゆく
全部が全部ではないがそれは困ってる者を追い詰めない事にも繋がり立ち直りに時間を与える事にもなる。

ここから札幌にゆくには道は大きく二つしかない231号線を通るか一旦北に戻り275号線をゆくか
数を数えた訳ではないがコロナになってから浜通りの231号線はいったいどうしたんだと思うほどメチャクチャ混んでいる。
土日ラーメン屋も再開をしたが完売してシマッタ
バイクは特に多く感じるが北海道でのバイクは内地のバイクとは全く違い
バイクは一年に僅か5ケ月程度しか乗れず
あとは交通機関もまばらな為に車に頼るしかない
バイク乗りはその無駄なバイクと車に銭を掛ける余裕のある人達と言う事になる。
馬鹿タレ政権が経済がドッタラコッタラと言いGOTOトラブルを実行し全国に感染拡大を招いたが
それでもこの231号線の混雑である。

ホント人間って強いなと思う。
その強さの根源は自然の法則にしたがい、
より水と土に近い処に居る者
北海道や田舎は強いと言う事なのだと実感する。

「 ありがとうございます お世話になりました 」
と深々と頭を下げて去っていった子だくさんの彼は家族を守る為に海へと戻っていった。

な~に俺にしたらテ~した事ではない一回フェリーに乗って遊びにゆくくらいの銭でしかない

俺がクタバルのが早いか出世払いが何倍にも大きくなって戻って来るのが早いかと
負け惜しみと自己満足

下々は身を捨ててはイケマセン

 


昨年行ったっきりの
南小樽市場ここは小樽方面にゆくと必ず寄る
もう一か所新南小樽市場もあり両方とも地元のお客さん向けで安くて新鮮
それゆえに観光客も多くいつ行っても賑わっている。
年寄りの魚屋が多いのに可哀想に集団コロナが出たので14日まで休業するらしい

オリンピックは何か国参加するのかわからんが100カ国だとすると危険性は随行員も含めて100倍以上ある事になるし閉塞された空間でコロナのカクテルが出来る可能性も大きく
最新型コロナはTOKYOジャパンファイブリングコロナかガースーオモテナシコロナと名付けられる可能性も大きい

八百長を防ぐ為にレース前は隔離される競輪選手であるまいし隔離された状態では地元日本との真面な競争にすらならない歴史に禍根を残すオリンピックになるだろう。
いまさら主催者ではないと言い出すガースー
その心は責任者ではありませんででわいったい誰が責任者で
なぜにたいした生産性もないスポーツに大量の税金が使われるのか説明して見れと
漁業者や農業は振興の為の様々な補助金はあるが一匹釣る為に
俺が言うのもなんだが高いボートを買って海に出る者に補助金を出す国はないだろう。
なにをどう考えてもこのまま行けばオリンピック関係者は選手も含めは漁業者の間を我が物顔で走り抜ける暴走ボートと同じ扱いになるだろう。
オリンピックは身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれなのだ。


下々は身を捨ててはイケマセン

やっちまった。 

修理屋の悲しい処は故障は突然起きるのとさらに定期的な仕事も入るので予定が立たない
先週は船の狭いエンジンルームに逆さ吊り状態で覗き込んで点検中に胸ポケットから電源が入った携帯が落ちてエンジンルームのビルジに落ちてシマッタ
電源が入った状態で回収に手間取ったが
それでも真水なら何とかなるが流石にビルジ水ではアウトに
仕事柄身体が水に浸かる事が多いのでスマホは使えない
身体が濡れてる場合のスマホの危険性はもっと知らせないといけない思うのだが薦めるばかりで危険性は誰も言わない知らせない

データーが消える前に新しい携帯に移行出来て良かったが
どうせなら世界中からイチニノサンで携帯が無くなったらどんなにサッパリする事やら
『1時間待ちましたサチコ 』と書かれた駅の伝言板
そんな女を待たせる様な奴はサッサと別れてしまえと思った名駅裏の伝言板が懐かしい

一部の船関連で最近変わったのは縄梯子を備えれと言う。
これも危険性は言わない!知らない!
「 あの~お言葉ですが縄梯子を素手で昇った事はおありで 」
と言いたい
伊賀上野の出稼ぎ忍者か相当訓練しなければ下をガッチリと固定していない縄梯子を昇る事は中々出来ない
縄梯子は下がる事すら難しい
使い方と危険性までは考慮せん行政の下々平民に上から目線で何か言ってみるべや~と言う
安心安全の為にと検証なしの思い付き程度の物なのだ。
思い付きで始めたオリンピックも大した検証もせんでやるから鼻からゴタゴタ続きで税金が垂れ流された。
その銭があったなら
どうも最近の人間は自分を過信し頭の良さと頭の中で何もかもを乗り切れると思っている節がある。
甘い これからはどんな疫病や災害があるかわからん何もかもが用意され便利に進む都会では生きて来れたかも知れないが
現場に出て身体を張って自分の手を使って初めて知る事は沢山あると思うのだが

令和銭形平次

やっと忙しいのも一段落し暫しの待機時間が出来たので再び軽トラに箱を載せる事が出来た。
今迄は横に貼っていた50Wのソーラーパネル2枚を屋根に乗っけて発電量を増やす事に
北海道ではソーラーパネルは積雪がある為にカネ勾配が多いが内地では水切勾配程度で空に向かっているので内地と北海道では同じパネル面積でも経費も発電量も全然違うと思う。
北海道でソーラーで稼ごうと思ってる人は注意が必要だと思うのだが
中心二枚は冷凍ショーケースの二重フタを天窓にしたが夜空が見える反面日中は暑い

いまどき銭形平次じゃあるまえし弁当屋で銭を投げた奴は
その後菓子折り持って謝罪に行ったらしいが
親告罪なので俺だったら謝罪に来たら被害届は下げて許すな
謝りにゆくにも結構根性が要る事は何度も失敗し続けた人生で経験済だし
その時の許され方によっては、その人にその場所には今後絶対に迷惑掛けないと誓ったりして来た。
相手は若いし育てていく事も必要だと思うのだが
ネットではま~一度も失敗こいた事が無い奴はこんなに居るのかと思うほど許すなと散々叩いていて
中には終身刑にせと書いてる奴もいる法治国家に住んでいてまともな量刑判断も出来ん
お前の頭の中身はどんな事に成ってるのだと

揉め事もそうだが今迄で何度かの危険な場面に出遭って来た経験から
さ~これからと危険な場面に向かうと言う時は普段元気のいい奴はあまり頼りにならんし
揉め事で恐いのは何も言わない一見大人しそうに見え眼を落す奴は危険で恐いのは常識
本気の奴は足が斜になってる。
令和の銭形平次は声は大きいが充分やり直しが出来るタイプに見えるので赦してやれと思うのだが
ケツの穴が小さい弁当屋店長は許さんと言ってるらしいが俺は意外と女を上げた女性店員はゆるすのではないかと思う。
女性店員も売上は今週一週間は先週の倍は売れるべ~

罰金刑は前科が付くどんな奴でも
親はいる子も居るかもしれん家族の為にも許したってくれ~

高血圧には菊芋らしいぞ~

一体どういう事なのだ時間がない昨年までやっていた事が出来ていない。
5月は石狩川沿いアチコチにある三日月湖に行って鯉の産卵を観察にいかんとないのに今年は一度も行っていない
ここ数年山菜取りにも行っていない
これではド田舎に住んでる甲斐がないではないか

特に感覚ではコロナになってから兎に角忙しいのだ浜にも港にも人が集まり同好の趣味人だと思うが海にはコロナないと思ってるのか
マスクもせんと近距離で話をしてる。
さらに話が合うだけに時間が長い
広い海にはコロナはないかも知れんがお互いにコロナを持ち帰ったり置いて行ってる様な気がする。

人間の裏を見たとかナントカ言って
どうも群れるのが嫌い人達が田舎に集まって群れてる様な気がするのだが
そんな訳で土日ラーメン屋はしばし休業する事にしたのです。


二年で菊芋に掛けた時間は総時間数は1時間未満だが
菊芋の栽培に挑んでいたが今年は芽が出てあっと言う間に1メーターほどに育った。
元々菊芋は外来種で北海道では雑草扱いなのだが不思議な事が沢山ある。
芽が出始めると面白いので耕運機の中古を買って来て耕してみる事にこれにはイタドリの防止の為もあるのだ。


野生えではなぜか斜面にしか生えていないのだ。
それで裏に斜面が留萌に向かって延々とあるのでそこに穴掘って菊芋を植えて見た。

やはり斜面に植えた菊芋は育ちがいいが平面に植えた菊芋は育ちが悪い
なんでだろう不思議 他にも不思議な事がある。

修理工兼商人なので秋には収穫した菊芋を道端で売ってみるかなと思っている。

紀伊半島に行ってからは

十津川村役場前の国道168号線をゆく子供達

紀伊半島ではこの斜面に石を積んで家を建て農地を作るのに
北海道ではそこら中に平地が放置されているので回りにある空き地を耕してみたくなった。
これが俺の悪い癖で飽きるまでトコトンやらないと気が済まない
そして燃え尽き症候群になってしまうのだ。

8メーター水槽ではカワシンジュカイは簡単に育ち大きくなるがドブ貝は難しい
そのドブ貝も10年以上掛かったが越冬飼育に成功した。

人類は機械も生物もいまや、ある程度までは思い通りにする事は可能になった。
商人は心理学者と言っていいが唯一思い通りにいかないものは人で上手く行けば妬みを買い 失敗すれば同情を買う。
どうすりゃ~いいのだと思うが
この歳になってやっと人は自分の思い通りにしようとしてはイケない領域なのだと思うようになった。
どうも政治家連中や指導者達を見ると人を機械や作物並みに思い通りにしようと思ってるではないかと思う時がある。
ド田舎でさえこの状態なのだオリンピックなどやったら何が起きるかわからん