続自己責任

25日札幌に行って来た。
俺がいく場所はなぜか札幌市とは言うけれどここらの田舎より環境が悪い所が多い
そこは寂れたお寺がある拓北 札幌と言うより石狩と言った方がいい様な場末のほんと小さな孫請けなどが集まる処だった。
車で通り掛かりの一人か二人程度の鉄工場で見たものは今どきこんな作業方法があるのかと言う作業だった。

H鋼に手拭いをマスク代わりにしてエッチングプライマーを吹き付け塗装をしているのだ。
脳や肺に障害が残る半世紀前ならあったが今どき見た事がない 危険で決していい事ではない 
たった数千円のマスクを買わないのか知らないのか息苦しい為に使わないのか
今日さえ乗り越えればと言う刹那的な作業方法だった。
田舎なら当然誰かが注意するので田舎ではそんな危険な作業は見た事がない
都会の場末だからこそやってしまう作業方法なのだろうと思う。
発注者か元請けから下請け孫請けと行くと工賃は半分近くピンハネされるのはよくある事で
都会ほど末端の枝葉までの距離は遠く 防塵マスクすら買えないのか使わないのか分からないがそんな危険な作業が行われてゆく
数十年前にある大メーカーの枝葉の数物屋を一年半やった。
枝と葉っぱの違いは枝は残るが葉っぱは用が済んだらハイさいならとなる。
そこでは「 あまり儲けさせるな 言う事を聞かなくなる 」と公然と言う。
生かさず殺さずの状況を作り設備もろくにない環境でなにかあったら
自己責任 痛いのと弁当は自分持ちと言う。

なまじ札幌市と言うだけで地代も高いその高い地代を払う為に今日の日銭を稼ぐ   それがまた安い単価の誰も受けんような物を引き受ける元になってゆく
自己責任にもピンからキリまであるが
出来のいい奴は他っておいてもなんとかするが行政はそんな日の当たらない処にこそ指導して一緒に改善をするのが行政の役目だと思うのだが
自業自得、自己責任と四文字熟語で他っておけと言うのはあまりにもケチ臭い 


本文には関係ありません 六郷土手にて

もう充分働いた田舎に帰れと

自己責任

ここに来て2年後にマリーナーが出来た。
その後24年間に最初は隻数も多く 年平均4~5隻の船を曳航した 最初は記録していたが多すぎて面倒臭くなってやめてしまったが
3桁に近い2桁を無償で曳航してきた。
危険な海に遊びで出る事自体が自己責任だと思うのだが 
曳航する為だけに時間当たり80リッターも食う大馬力のエンジンを途中で焼付き今度は225馬力に交換もした。
俺の場合はせっかく曳航して来て一番ムッタシ来るのは当事者以外から出る自己責任論なのだ

現場から近い港でも平均して2時間程度の曳航などは当たり前にあるが 当事者はやっと地面に足を付けたと言う事だけで他の事など
眼中にないのが普通なのだが
野次馬が回りに聞える声で「 皆に心配掛けてツラッとして挨拶もしない 」と言う。
では貴方は心配以外は何をしたのですか 揺れる船から船に飛び移ったのですかと
他人の不幸で何か実際に不利益を被ったのですかと聞きたくなる。
自分は安全な処に身を置いてクッチャベル奴を俺は信じないし そんな奴を沢山見て来た。
実際に経験しない、した事もない窮地を想像出来ないからこそ出て来る言葉も沢山聞いて来た。

初期の携帯電話はバッテリーが長持ちしなく不必要に使う事を止めさせる為と万が一そのまま行方不明になった場合に食糧とさせる為にも残ってるエサが続く限り救助されるまで釣りをさせる。
それを見て
「 人に心配させながらノンビリ釣りしてやがった、」などと言う者もいる。
それは言う者の浅はかさで己のバカさ加減を言ってるのとかわらんのだ。
中には心配したぞと缶コーヒーなどを渡す者もいた。
たった一本の缶コーヒーで相手に対する態度がその人の人格を物語っているが
そんな人はえてして普通の人が多い 
ここでの経験から声の大きい者( 発言力のある者 権威のある者 )をそのまま信じる事はなくなった。
簡単に助けるから懲りずにまたやるのだと言うが
懲りずにまたやるかどうかはそれはやってみないとわからないし一度出たからには二次遭難を防ぐ為にもさっさと簡単に出来るならやるに越した事はない
一概には言えないが助けられる者は連絡が付く間は動かずに待つ事が二次遭難を防ぐ事になる場合が多いし
燃料も体力も消耗するのは動いてる救助側なのだ。

医者が腹切って縫ってる最中に無保険者で金が無いと分かっても縫う手を止める事が無いのと一緒で
自己責任はどんな場合も付きものとは思うが 
相手が誰だろうがどんな事情があろうが助ける事を出来る者がやればよく その事が自分に生かされてゆく
自己責任それは己に言い聞かせる事で他人様に言う事ではない

よく知りもせんで知らん人間のジャッジばかりしてるとそれなりの顔つきにも立姿にもなり臭いとなって表れてゆく

ナミアムダブツ~ 右の頬を叩かれたら~ あら~は偉大なり~


10年前に伊藤和也さんの御両親から頂いた写真

終活

嫁さんの務めは美味い物を食わす事もあるが亭主より長生きする事だと
残された永い付合いの友人をみてつくづく思った。 
これからどう生きてゆくのかと思うと何を言っても口先だけなのと慰めにならないので三日間無言を貫く
そこにいくと36回払いで買った新車レビンを3回払った時点で乗逃げして いまだに俺の姓を使い続けメールだけでどこに住んでるかわからん、逃げられた嫁さんは面倒臭い女だが生きていてくれるだけ有難いのである。

俺は早くから自分の葬儀のやり方を書いて残している。
無節操、無党派、無宗教なので喪服禁止出来れば仕事着で来て欲しい事と
斎場はここの集落の会館で行うと集落の皆に頼んである その辺は俺が若い方に入るので心もとないが
手にはKTCの10ミリスパナを握らせて欲しい事 工具さえあれば何処にでも行く事が出来るのだ
斎場には国稀佳撰と生ビールを積んで来てくれた人にガッツリ朝まで呑んで欲しい
今でさえも呑んでいて何が嫌といって自分が先に帰るのは構わんが先に帰る奴は嫌いなのだ。
滝川のコンパニオンのお姉さん達にも頼んであるので盛大に楽しく
かんかんのう~ きうれんす~ とカンカン踊りでもしてくれ~
と近しい人達には頼んでいる。


季節の変り目は仕事が詰まってしまうが全部今月中に片付け来月は最低1週間は休みたい再度コンブを返しに道東に行くか
舞鶴までフェリーで行き山陰に行ってみたい一月休めたら瀬戸内と山陰なのだが 
それも銭と時間と生きていてこその話なのだが
製作中の車はまだ時間が掛かりそうなのでミニキャブバンでゆこうと思うのだが
よく皆にアチコチ行って羨ましいと言われるが
一言 「 嫁も子供も捨てれ そうすれば遊び放題だぞ~ 家の明かりとストーブは自分で点けんとないが 」と

かんかんのう~ きうれんす~

諸行無常

今日は人妻だが友人と言っていい人のお通夜だった。

世界三大宗教はキリスト教、仏教、イスラム教だが
仏教は現世のうちはあまりご利益が無く あの世に行ってからご利益があるらしい 
一方キリスト教は現世で御利益を求める宗教で何かと言うと 
現世利益を求める 我をお助け下さい 罪深い我をお許し下さいと祈る。
トランプ大統領のように罪深さそうなオヤジなどには持って来いの宗教で
これはどう考えてもせっかちで身勝手な現世においては仏教に勝ち目はない
お経を聞いてもこれは有難いお経でと感涙するなどもない 
高い精神性を求める仏教でも現在においては葬儀の為の仏教となって行った結果がお寺離れを招いていると思う。
だが多くの人は生きてる間により良く生きようと思うのは自然で
お寺がもっと身近にあって現世の悩みや現世をどう生きるかと言った相談に乗る事によってお寺が生きて来ると思うのだが
いっその事 増毛地酒祭りかシャケ祭りでお寺の屋台でもだして人生相談などでもやったら 
仏教の社会貢献は現代において結構必要とされるかも知れん

俺のような節操のない無党派で無宗教は罪を犯した時は許し給えア~メンと言い 
来生やすでにいない祖先への頼み事はナミアムダブツと言う。
クリスマスにはケーキを食い 彼岸には休んで酒をカッ喰らう このいい加減さが日本人が宗教戦争をしない良さでもある。
今更日本人は日本男児はとか武士道などと言っても結構いい加減なのである。

遺影を見てクレヨンしんちゃんの真似を見る事も絶品のイカメシも食えないのかと思うと悲しくなった。
ナミアムダブツ~ ご苦労さん

遠島島流し希望

俺は神様はいないと思っている。
信じる人の信じるのを妨げたりはしないが
もしいるならどんな基準で人の生き死を選んでいるのか頭の悪い俺に説明してみれと思う。
まさか商店街のガラガラポンに白珠と黒い球を入れて回してるんでないべな
俺などより遥かに真面目な若い人の訃報を聞いてそう思う。
そんな無慈悲な神より近場の爺婆にこそ神が存在するのではないかと思うのだが


シーサイドラインから枝道を海岸に向かって入り数キロドンドン下がる行止まりの村 
西海岸と違い数軒しかない集落が何か所もある コンブ漁やシャケ漁があるからここに住むとの事だった。
絶対に車は道路以外に入る事はしてはいけない 広い処は漁師さんのコンブ干し場で車が入るとコンブに泥が付く


ここも数軒の集落で買い物は急な坂を登り数十キロ先にある釧路か厚岸に行くしかない一体どうやって暮らしてるのか不思議 
漁師のアニーは銀行など行った事がないと言う。
金が必要な時は妹に頼むとの事だったので漁協に溜まる一方だべ~と思った。


コンブが落ちていたので拾った長さが3メーターほどあった 
増毛に戻ってから聞くにはたとえ船揚場に落ちていても拾ってはダメらしい 
あまりにも長いので拾って持ち帰ってシマッタ
神様 ワタシは罪を犯しました増毛の浜風でカラカラに乾いてしまったが今年中に戻しにゆきます罪人をどうかお許し下さい。ア~メン


俺は思うんだが北海道は兎に角広い車中泊をしないではホテルの予約時間に制限されて行ける場所は決まってしまう。
そしてそんなに混んでる道の駅は網走と阿寒湖の近くの道の駅くらいで他には見た事がない
日本海側などはガラガラの処は沢山あり車で旅する時は冷蔵庫のスペースにも限りがあるので食い物は地元で買う事になるので少しは潤うし
大体本格的なキャンピングカーなど乗ってる連中は金持ちがほとんどなので使うに値する店があるなら使う事は惜しまないと思う。
大体が道の駅に地元店の案内が無いので地元店の案内があったら違うと思うのだが


厚岸までに寄り道に次ぐ寄り道で二泊三日で帰る日にちが来てしまった 
帰り道に探していた処を見っけ~ 海岸近くの沼地にどんな生物がいるのか興味があり降りて見る事にしたが
製作中のキャンピングカーに荷物を移していたのだが何時も通り唐突に出て来たので胴付を積んで来るのを忘れてシマッタ 沼を見に来たのに何しに来たのかわからん


厚内 老後はこんな店をやりたい 来たい奴だけ来い 買いたければ買えと

峠で車に異変を感じたタイヤがパンクしてるのだスペアタイヤを積む場所にヒッチメンバーを付けた為にスペアタイヤが無いおまけにポンプも忘れて来てる さらに携帯も電波圏外

漁港は漁師さんが網をサヤメる為にカッターは必需品で漁港にはカッターの刃は沢山あるのだ
後タイヤに錆びたカッターの刃が刺さっている
なんのコッチャ~でパンク修理キットで応急修理をして浦幌のスタンドまで走った

神がコンブ泥棒に罰を与えたのか 出来れば遠島島流しにして貰えると嬉しいのだが

釧路厚岸

俺は修理工でもあるが 
その時その時の大メーカーによって商売を叩き込まれた商売人でもある。
そこで感じた事は中小企業と大企業とは理念も方法も全く違うと言う事だった。
極貧も経験し人の何倍も人様に世話になった奴でもある。
その狭間で都合の良いようにアッチ転びコッチ転びと今日まで12回住民票を変えて来た。
もし極貧時代が内地時代が無かったなら もっと嫌な奴になっていただろう。
ツラもある日 富良野で呑んで居たら「 お客さん富良野の人でないしょ 」と言われるほどで 
それほどノンビリしたツラでもない


釧路港 イワシ旋網漁船団 でかいおよそ300~500トンはありそう こんな船があちこちに数十隻碇泊してる。


網を操作する為に小さな船を3隻づつ積んでいる この船は小さいがその場旋回など小回りが出来るように二軸になっている。


 北茨城 大津港 神栖 大洗 八戸など内地の港から来てもうすぐ帰るらしい


オシャレな漁船きっと船頭が若いのだろう
びっくりしたのはどの船も乗組員が若い事 20代後半から30代前半が多かった。


俺は人様を好きだの嫌いだのとあまり言えんが これは大嫌いな奴 なんで銅像になるか理解出来ない
仕事はぱっとせん女は泣かせるわ ろくた食わせもせんで女にたかる最低な奴 石川啄木
そう言えば昨年 函館の回転寿司屋の横にも居た。 
芸術か文学かわからんが理解をしようとも思わん
蹴りを入れてやりたいが相手は石なので痛そうでやめた。


サンマ棒受け漁船 早朝ここを散策していたら ショウゾウさん~ ショウゾウさん~と漁船員と思われるオヤジが声を掛けて来た。
日焼けした顔にサンダルにジャージでサンマ棒受漁かイカ漁の漁船員を絵に描いたようなオヤジだった。
俺はいつもの雪駄に革ジャンで近くに寄って違う事に気付いたのかアッと言うが
折角なので立ち話をした。
いまはサンマ漁船に乗っている事や先立たれた嫁さんに苦労掛けた事や沢山聞いた。
切ったらチ~が出るような無垢材のような化粧合板にはない日常にこそ芸術も文学もあるのではないのかと思うのだが

勝手に思うには悪い事する奴はどこかしら思慮や根性が足りないのではないのかと思うのだが
心入れ替えると決心したなら今そこにある山を越える根性と超えれないと思った時に他の方法を探す思慮深さが必要だと思う。
それには字を読む書く以前の教育が必要でその為の出資は必要なのだ。
出来のいい奴は他って置いてもなんとかするが皆が皆そうではない 
やはり水もやり肥料もやり育てる事が必要になってゆく
人生をやり直すにはラーメン屋は最適な商売と思うが 根性があったらこのイワシ船団もいいかもと思った。

甲板で獲れたてイワシを焼いて朝飯食ってる茶髪やピアスのアニ~達に
「 毎日イワシかい 」と声を掛けるとこれしかないと言う。

士農工商その他

この辺りはいまは中国に変り圧倒的にベトナムから働きに来てる人が多くなった。
聞く処によると中国人は働かないそうでベトナム人はよく働くと言う あと聞くに堪えないような罵詈雑言も聞く
それは今までは安い労働力だったのが思う様に行かなくなったのでアッタラコッタラと理由を付けてるとしか思えんのだが
海外まで行って里に仕送りなどで力が付けば賃金が高くなるのは日本人からして当たり前の事で
いまは貧しい国の人達を次から次と使い捨てしてると思うのだが
日本人の多くは黄色人種なのになぜか黄色人種には冷たいのではないかと思う事がある。

海外ではテロだのなんだのと言うが使い捨てし差別をした順番でテロに遭うのではないかと漠然と思う。
人を一括りにして差別するのはそれは自分のバカさ加減で支配層にまんまと乗せられている。
日本ではたった200年前に士農工商その他と分けて来たが それも支配をするに都合が良かったからで
その括りの中で暮らし生産性を上げ稼ぎの中から年貢を納める事を求められて来た 
そこの括りから出る事はきっと厳しいものが有っただろうと思う。
日本は回りを海に囲まれて異文化が入り難かった事も都合良く回って来たのだろう。
北海道はバカばかりとか隣国はとか何か事件が起きると職業で区分けしたりする事は
それはまんま支配をする される事を手伝ってバカの一人になる事になってゆく
格安切符で外国から沢山の人が来る現代はその国の差別意識がテロに遭う確率を高くしてる。


御徒町

俺にとってもバブルの真っ最中に『 大森界隈職人往来 小関智弘 』を読んで 
どうしても行って見たくなり仕事を終えてから深夜便で羽田に行った。
歩いては空港外に出る事は出来ないので上野のカプセルホテルに泊まり
翌日その本のまま鎌田から六郷土手、羽田を歩いた事がある。
その時に工場の道路でお互いの頭を散髪してる中国の人達がいた。 
それを見た時にこれから中国が伸びてゆくだろうと漠然と思ったが
なぜか深夜航空便で巨大な海ほたるをシールド工法で作らてゆく工事現場を空から見た時に
修理工でトンネル工事現場などを渡り歩いた経験からか
これから日本は衰退してゆくだろうと漠然と思った。

シールド工法の先端にいて石を拾うのは生身の人間なのだ。
シールドされた圧力で時には指も飛ぶ 手も飛ぶ 使えなくなった身体は山谷に釜ヶ崎にえと消えてゆく

海水の海を越えて

久し振りに4サイクル140馬力エンジンで3日間72時間悩んで悩んで考えた。
永い付合いの立姿の綺麗なお姉さまに初めて仕事をしてる姿を見たと言われるくらい悩んだ。

陸上でエンジンを掛けるとすんなり始動してリミットスイッチを解除すると違和感なく吹け上がるのが
海上では一回目はすんなりエンジンは始動するが吹け上がる事は出来ない 数回後には始動すら中々しない
うん! こいつは海が恐いのかなと思ったのでクレーンで陸上に上げるとまたすんなり始動し吹け上がる。
なんかの間違えかとまた海上に降ろすと吹け上がらない また数回後には始動すら中々しない
それを繰り返す こうなりゃ~流されても海上で直すしかないと揺れる船の上で考え続けた。
陸上ではエンジン始動には真水を使うが海上は塩水なのでコンピューターが水の成分でも感知するのかと思ったり
こいつは1900時間超えなのでコンピューターがAI化してもう働きたくないと言ってるのかと思ったり
陸と海と何が違うのか考え続けた3日間だった。
最初はユーザーがなんかおかしいと言って来た時はまさかそんな事がある訳ねべ~と思った
まったくど素人はこれだから困ると思ったが 
自分で症状を確認した時は驚き 驚愕の事実にそこからは寝ても覚めても考え メーカーにも問合せて手持ちの資料をあさり読み続けた3日間だった。

そんなさ中にベトナムの食糧品がこれまた加減が無い量が送られて来た。画像はその一部

中には何も書いたものは無い 
まさかこれを全部俺に食えと言ってるとは思えんかった でも送り主の気持ちが袋に詰まっている。
送り主の普段の言動と人柄からするには俺が毎週顔を合わせるベトナムの子達に
即刻いますぐ持っていって食わせてやれと言う事なのだと忖度した 。

それなら早い方がいいと思ってすぐ近くの漁家で働くベトナムの子に一部をあげた
袋を見ただけで その喜び様はほんと凄かった あまりにも喜ぶのでまた戻って数を数えてさらにあげて
それから毎週行くホタテ漁家にいる子達にもあげる事が出来た。
なにせ大量だったので子供達にも漁師のオヤジにも送り主のベトナムに対する心情など少々説明が必要だったが
ブ~ラジャ~任務完了。

一人で生きてゆく決心をして初めて海を津軽海峡を超えたのが13歳だった。
津軽海峡、塩ょっぱい川を青函連絡船で渡った時にもう歩いては戻る事は出来ないと悟った。
あれから半世紀超え 気付く、気付かないも含めてどれほど人様の世話になった事か

殆どすべてと言っていいほど手を尽くしたエンジン眺めてコイツもそんな事を考えてるのかと思った。
悩んだ時は初心に戻れは修理工のイロハのイなのだが中々そうはいかない
わからん なぜ真水なら良くて海水ならエンジンが不調になるのか
ガソリンエンジンの始動には良い混合気 良い圧縮 良い点火 が三要素で
パソコンでECUの解析に掛かるが140馬力で1900時間使ったエンジンにしては綺麗なものだった。

画像は40馬力で参考 真ん中の黒いボックスがECU

このエンジンは優れものでパソコン以前にタコメーターに異常を知らせるランプとブザーがありユーザーが気付かない事は珍しいので
どっちにせ燃料系と判断して殆ど全部分解してみたがこれだと言うのは発見されなかった。

思えば天職ではないと思うが修理工になって半世紀ほんとうに良かったと思っている。
もし修理工をしていなかったらと思うと恐い
この仕事は目の前の現実を見る それも色々な方角から見て考えて予習をしてさらに考える。
不確かな事や情報には取り付かれないようにしその中から今ある故障の原因を探し対処する。
それは修理工になった一番最初に教わった。

72時間考えて直ったが今回の原因は4サイクル特有の原因だった。

増毛について考えた。

貴乃花を見る時に若い事は素晴らしいなと思う。

海もゆっくり足でも付けてチャプチャプやっていた柔らかい水も高さたった5メーターから飛び込んですんなり海面に浮かんで来る事はかなり難しい
入り角と方法を間違えると柔らかい水が凶器となり命に関わる。 
簡単だと思って足から先に飛び込む事も止めた方がいい5メーターの高さからでも気を失ってしまう。
足から飛び込む場合は必ず鼻をつまんで鼻に水が入らないようにしなければない

普段柔らかい物でも 自分が正しいとどれほど信じても全力でぶつかると相手は凶器となり自分を襲ってくる。
ゆっくりゆっくりくるならドってことない鉛のたった5,56ミリの小さな弾もスピードが凶器となる。
だが たとえ負け勝負になっても全力で逆らって初めて得るものも沢山ある。
その始末に何年間も冷や水喰らおうとも干されようともなのだ。
裏工作などは正攻法をやって堪えて来た者がやるから裏工作も許される事もあるし
正攻法それをやった者だけが信じてついて来てくれる連中もいる。
ハナから自分は危険もリスクも背負わんで裏工作だの大人になれだの言ってると
ご都合主義のコスイ奴と言われ都合のいい時だけ利用され惨めな晩年を味わってくるハズだと思うのだが?

貴乃花もここは可愛い弟子の為に耐えて、
ジュールに師事してゆっくり押し相撲を教えて貰う事も必要だったと思うのだが
仕事量=スピード×質量=ゆっくりでも質量があれば仕事量は変らん  
結構ゆっくり来る奴には知らんうちに変えれてしまうのだょ~
なが年一緒に居ると男も牙抜かれ これからいざって時に危ないかも~
さらにそこそこの妙齢の御姉様達はなぜあんなに自信満々なのかと不思議だったが
それは亭主相手に正攻法で実社会とは全然違う、全く違う、土俵で勝ち続けてるからなのだ。


大河の河口港を持つ漁師さんは北海道でもこんな感じ せっかっちな俺が言うのもなんだがゆっくりゆっくり
注意 フィシャーマントローラーは通常のボートとは船底構造も腕も違うので真似は出来ない ゆっくり仕様

追伸  あれだけ髪を傷めてる相撲取りにハゲが少ないのは何かあるのかと思ったら
    スポーツ業界はハゲが少ない なんだなんだと増毛について考えた。

シャケ祭りだぞ~

明日土曜日は日曜日のシャケ祭りにかこつけて昼から宴会をやる事に
最近は夜風が堪えるだょ~
いつも通り見知らぬ人でも誰でも誰が来ようが構わんのだ
参加費無料 自分の分は自分で用意 
条件は人の事はほっとけ聞くな 。