魚屋一心助け

や~凄いオヤジがいたもんだ。
平成の一心太助か大分県の何処かわからんが大分市から周防大島までおよそ300キロあるが内地の300キロは北海道の倍時間が掛かる。
自分で燃料代払い自腹でメシ食って助けたい一心で軽バンに乗って魚屋一心助け~か~
函館の山で一週間子供ゆくえ不明を思い出したあの時の子も凄い子だったが
もうかなり前になるが留萌から増毛信砂川まで夏休み中毎朝おはようサイクリングの手伝いをした事がある
その時に学校行く前の小さな子が補助車を取った16インチの自転車で参加するのだが
おいおい何十万回ペダルを漕ぐのょ~ と思ったがその時に子供の体力は凄いと実感した。
魚屋一心助けオヤジは心の中まで子供でわかるのかも知れん

心から助けたいと思う者と給料貰って出掛ける者の違いか
ぼ~と歩いてるんでね~ぞ チコちゃんに怒られるぞ~
( いい年になったのに怒られるのはもう沢山なのと知らんでも大した困らんので最近は見ていないが )
子供行方不明は多くの事を示唆してる。
捜索は縦の指揮下に入る事を強要され それ以外は捜索の邪魔になるからと捜索区域に入る事は許さない
地元の海象や山を知ってる人でもその意見は縦系列のなかで中々取り入れられる事は無い
その中で自分の強固な意志で探し当て その時間は30分足らずと言う。
その事はなぜと多くの意味を持つ さらに発見した子供を引き渡すように言ったらしいが 
画像にも魚屋一心助けの肩に手を掛ける画像があるが それは縦系列の象徴のように見えて仕方ないのだ
魚屋一心助けにしたら手を払い除けたかったと思うのは下衆の勘繰りか~
帰り際に水しか飲まんと言いさっさと帰る。
ボランテァは自分の為にすると言うボランテァの真髄を見る。

自分の居場所が特定出来ない場合は清く正しい表を歩く者にはわからない場所がある事を知るべきと思うのだが
道をそれる事を絶対にさせない清く正しい登山者には道を外れて行った者は探せないのではないか
その点はスノモ乗りは結構無法者が多いが縦横自由でどこにあの岩があり何処は落ちる危険があるかをよく知っている。
海は潮流で流されて一か所に留まる事は無い 時間との勝負で手を出せる者は手を出すべきと思うのだが
沿岸は逆に流れる事は結構あり地元の漁師にはかなわない

救命胴衣の赤は相手に発見される為にある あの赤の手拭いは見つけてくれと頼ってくれと強烈な意志の表れか
もし逢う事があったなら一言聞きたい
「 なに食ったらそんなに元気なのか 」と 

腰抜けメデア

メデアは何をそんなに恐れてるのか
殆どの国民はたいした関係ないボクシング連盟がドッタラコッタラと放送してる場合ではないべ

来月すべての国民に直接関係する自民党総裁選が始まる。
森友加計に代表される夫婦共に公私の区別のつかん人徳の欠片もない安倍晋三という人間に嫌悪感どころか恐怖さえ覚えるのだ。
こんな政治家が戦後73年にかって居たのだろうか 
何が高級かわからんが自分が選んで任命した高級官僚に嘘を付かせ、すっ飛ぼける。隠す 自殺にまで追い込む
まるで戦中の大本営ではないか
俺は危ない奴には近づかない その見極めは程度の差はあるが嘘の付く奴
その根底は自分を実態以上に大きく見せようとし足りない部分を隠そうとする。
そんな奴は実力以上の事をして危ない場面になると回りを置き去りにして自分だけ逃げる。
それを何度も見て来たし巻き込まれた事もある。
その卑怯さを正当化する為にまた嘘を付く
一個人でさえも巻き込まれて害を受けてしまうが一個人の場合は何かしらの因果があるからまだ諦めも付くが
通り魔事件などは自分の意見を正当化しようとして何の関係も無い者を襲う
自分の実力が劣っている事を十二分にわかってそれを認めようとしないで問題を隠し他に転嫁しようとする。

多数の国民が反対する法案を力づくで通し続けた安倍晋三がさらに自民党総裁になった暁には直接選ぶ事が出来ない国民は通り魔にあったのとたいした変らんのだ。

政権はなにかっちゃ景気景気と言うが盆休みで前の枝道を車が次から次と故郷に向かい走ってゆく
その中に俺の車よりボロイ車など走ってるのは見た事が無い 子供でさえスマホなどを景色も見んといじくりまわしてる
充分に景気はいいのだ欲を掻いてはいけない
足るを知る 引く事を知る 人様は人様 それが世界平和への道にも繋がってゆく

特定の政党は支持していないが今回は自民党に入党して まだましそうな石破票を入れようかと思ったほどなのだ。
ダメか~

愛別市街地

やんちゃで食うや食わずの子だったJYUNNYAが 「 あんたの孫を見せに来た 」
と言って遠くから生まれたばかりの子供と家族でわざわざ来た。
溶接工をやっていると言う本当に逞しくいい若者に育った記念写真を撮った 本当は写真を沢山載せたいのだが
いつか公開出来るまで我慢しよう。

かわりに機械でも

「 大きく打てば大きく響き、小さく打てば小さく響く 」せごどん~チェスト~
言っちゃなんだが~それは太鼓でもバケツでも普通、当たり前だと思う 
ただ期待しすぎて大きく打ち過ぎると壊れるのが現代
現代はこの幅限度が極端に狭い弱いっちいのだ 機械でも最初は過剰なくらい強度を持たせて作られてきた。
それは長持ちをさせる事と壊れた場合は使う者が困るだろうと言う製作者の気持ちがそうさせて来た。
現在は使用期間を決めてそこから機械寿命を逆算して最初から消耗品として造られてゆくが
それは限られた資源の無駄遣いに繋がってゆくような気がしてならない そして人さえもドンドン消耗品として使ってゆく
もしアチコチに大量に沈んでいる戦艦を戦艦としてでなく平和利用の船として機械として造り使用したなら現在の世界は違ったものがあったのではないかと思うのだが
只々無駄に人もろ共沈めて燃やして ほんとに超超バカな事を無駄な事を
戦争は政治の最大の失敗なのだと終戦記念日に思うのだが


ホタテラーメンが好評でホタテを買いに発泡の箱を持って臼谷漁港まで買いに行くのだがオバチャンは
「 大きな入れ物には大きくオマケして呉れ、小さな入れ物には小さくオマケして呉れる 」
オバチャン~チェスト~
ところでチェストってどんな意味があるのか せごどんタンスか~大川栄策みたいだな~

愛別市街地は明治から永山 比布、愛別。下川と続く人街道の延長線上にあったのだ 
詳しくはまた今度

下川鉱山


西興部村 人口1100人 とにかく綺麗な村 整理整頓出来ない俺には綺麗過ぎてここでは暮らせないかも

美味そうな鹿 


興部漁港 釣れてるチカがデカかった それも次から次と釣れている 
一家に一台かと言うくらいユニックがある 差がありすぎなんてコッタ
水曜日の朝に戻ればいいので予定を変更して再度愛別を通って見る事にした。

俺の感じではうどん屋やそば屋は丁稚奉公から真面目にコツコツと苦労してやっと店を持ちました 白い上っ張りに涙の跡がと言う感じがするのだが
ラーメン屋はオラ~昔はチョイ悪でいまは真面目にラーメン屋やって湯切りに命掛けてます~オリャ~と言う感じが多いのだが
雄武から下川に抜けて再度うどん屋を探してみる。

再度下川町 人口3800人へ 
下川鉱山と標識があったのでセイコーマートでメガネのお姉さんに鉱山の中に入る事が出来るのか聞いてみるとしばし考えて
「 わたしは行く事は進めません 」と言う
「 でるんです~ 」
「 何が~熊かヘビでもでるんか 」
「 お化けか出るんです わたしの爺ちゃんは鉱山で働いていて色々聞いているので行きません 」
すでに目の前に出てる とは言わんで次を聞く そばに敬和と言う小学校跡がありその傍には近づいてはいけないと言う。
ついでに うどん屋を聞いてみると冷蔵庫から出火して現在は改装中でしばらく休みとの事だった。
話は永遠に続きそうだったが行って見る事に
ここが他のコンビニとの違いで地元資本が多いセイコーマートは店員さんか店主かわからんが面白い人が多い


ここらしいい 太陽が出てるので霊も昼寝か ただここは戦前からの銅鉱山なので裏面歴史がありそうで町に戻り博物館を探すがない

何がなんだかわからんが万里の長城へ 入館料200円 
受付は無人で中に1人 ぬぼ~とした人が
「 お客様~入館料が掛かりますが~よろしいでしょうか~ 」
出たな~お化け~と思ったが これは絶対に今日は俺一人しか来てないなと察する。
下川鉱山の資料を見たいと告げると
「 お客様~そちらに興味がおありで~ では~こちらにどうぞ~ 」とチョットわかりずらい裏側にぬぼ~と案内される。
そっこからが説明が200円以上で凄い詳しいが
霊が出るらしいがホントかと聞くと 元々スダレの掛かった顔にさらにスダレが掛かって
まるで俺が乗って来た三菱ミニキャブを見たかのように話を三菱鉱山がいかにいい会社かを説明し始める。

再度 霊が出るらしいがとたたむが勉強しかして来なかったような ぬぼ~とした兄さんだが
写真と資料を持って来て昭和30年にすでに水洗トイレだったと言う 中々根性がありそうで口を割らん
だがここでの説明でなぜ愛別市街地が初めてなのに見た事があると感じたのかがわかったのだ。

101号線

政治家と官僚の皆さん ハイ残念でした。山根会長は潔く辞任し選手達に謝罪した。
それに比べて嘘のつき放題 しらばっくれるのし放題 そんな連中は山根会長がもっと粘ってテレビがそっちばかり向いて欲しいと思ったべ~
ハ~イ~残念でした  さ~余った時間はボクシング協会私物化より国を私物化した将来に渡る巨悪のモリカケソバ問題でもやりましょう。

70代は竹槍と根性でB29でさえ落とせると教えられイモ食って育った世代で一に根性 二に根性 三に盗っても食え
そんな世代を今の充分食える食えなければお上がなんとかして呉れる世代には理解など出来る訳がない 少しでも腹を満たそうと思うと拳に頼り 
その中でも見込みのある者は各種格闘技の中でも際立ってハングリーなボクシングと進む時代 
山根会長はなりも多少づれてるが昭和の生きる化石で嘘はつかん 

大阪にとっては大事業を成し遂げた木下藤吉郎も息子秀頼が出来て道がズレ初めていったように
山根会長が身内に場を譲った時から大幅にずれたのではないかと

人間功罪は誰でもあるだろうが
冬山と同じで登る時は頂上は一つだが降りる時は常は方々にあり下山の方が道を間違えやすい
道を間違えたと思ったなら原点に戻りそこから少しづつ下がって原点に生まれた場所に立つって見るのがいいかなと

お盆休みは来客で仕事が出来ないのと呑み会でやたら忙しく いま休まんとしばらく休めないので月曜日は4時まで仕事をして一度も通った事が無い道 愛別から下川線を通って見る事に

初めて行った夕方の愛別市街地  ここで不思議な事が
あれ~おかしいぞ市街地は初めて来たのにどこかで見た景色だぞと思った。
が下川名物うどんが食いたいので先を急ぐドンドンゆく岩尾内ダム湖を通り過ぎて夜8時に下川に到着
焼肉屋は小さい街にしてはやたらあるがうどん屋が無い 無いとなると余計食いたい
スーパーに入って聞くと一軒しかない店が臨時休業中との事 いつも通りの無計画なので
玉うどんと豚肉を買って自炊する事に
西興部道の駅で寝るがこの路線は人気がないのか車がわずか4台しかいない
それにしてもなぜ初めての場所が見た事があると瞬間思ったのかうどん食いながら考えた。
早朝今度はオホーツクに向かう

なんだなんだ 懐かしいマツダのオート三輪があるぞ朝早過ぎて誰も居なのでドアを開けたり触たりする事は出来なかったが アチコチ眺めてこの時代の記憶を確かめている。
この時代からマツダは先進的な会社でVツインや軽4気筒アルミエンジンなど変わった車が多かったのちにロータリーを世に出す事に成功する。
だがこの時代はどこも先進的なエンジンや車が多くパッとせんのはトヨタ、日産、三菱などは地道に今まで通りだった
先進的な開発をした中ではホンダだけが独自に生き残り後は自滅と吸収されてゆく 
海外ではMVやモーガンやロータースなど遅くまで独立路線をあゆんで行ったのに
大手は散々開発させてやがて技術もろとも吸収と言うわりとセコイ方法を取っていったが
時代の流れなのかなんとなくしっくりいかん


なんだなんだ清く正しくを絵に描いたような街が山の中に突然現れる。

なんてこった


以前の持ち主が放置していたソファーにスズメバチが巣を作ったので昨夜、巣に殺虫剤とパーツクリーナーを突き刺し
滴るほどタップリ入れて朝を待って巣の除去に向かった
女王蜂を仕留めないと又そこに巣を作られるしいつまでたっても生残ったハチの残党がここから立去らない
火で燃やしてしまうのが手っ取り早いが火事の恐れがあるので火は使わずにビニール袋を被せ熱でクタバルまで待つ作戦だったが
おかしいぞ~飛んでる残党の数がいつもより異常に多い事に気付く
作戦を変更 すでに巣を出て飛んでるハチが多すぎるので12MPaのエンジン高圧洗車機で巣をバラバラに吹っ飛ばす事に
12MPaは圧力はおよそ122kgf/cm2も有るのでまともに当たれば大概のものはオッチヌはず
それでもハチは減らない おかしいハチはなんぼでも出て来る。一度退却して状況を観察するとどうも見えてる部分だけでない事が判明 
鎌でソファーの布を裂くと背もたれ部分全部がハチの巣で今まで見たもの中で最大の大きさで巨大だった。
隣の建物の壁を背にして洗車機で一匹づつ狙い撃ちしながら巣を破壊して行った。
襲って来るスズメバチを洗車機と殺虫剤で落とし巣全部破壊するのに2時間掛かった。

ホームセンターで売ってるパーツクリーナーはあまり効かないで殺虫剤の方がいいが
ワコーズのパーツクリーナーは殺虫剤のレベルではない 価格はホームセンターの倍以上するが本当に一発コロリなのだ
こんな物を常時使って仕事していて長生きなど出来るわけがないと納得
カラにした殺虫剤1本 パーツクリーナー3本 危険と費用を考えると役所に任せた方が絶対に安全で安い
が小さな物は発見次第にあの手この手で落としていたのだが
ここに住んで25年ほど大きな巣も自分で駆除するようになったのは訳があって
連絡して来た奴の一言がムッタシ来てそれからは自分で駆除してる。
そろそろ慣れた頃なので危ないかも 
色足是食~ナンマダ~ブ~ 右の頬を叩かれたら左の頬を~ アラ~は砂漠で~

丸い釣り下がりタイプの巣だと巣を丸ごと袋に入れて殺虫剤でアウトにして女王バチを打ち取れば完全勝利宣言なのだが
巣をバラバラに破壊してしまった為に女王蜂の確認が取れなかった。
まるで本能寺の織田信長を確認しそこなった明智光秀状態になってシマッタ こりゃ~まずいぞ~
仇討に遭うかも知れん
しかし巣を破壊されてしまった帰る家の無い残党のハチは何処で暮らすのか その後は一体どうなるのか
家なき子にさせてしまって少し可哀想だが許しておくれ~ 


それにしても背もたれ全部が巣と思ってもみなかった。
ここにボート置いていた第一発見者のDさんは今月2日までここまで大きくなるまで全く気付かずにいたのだ。

責任は持てないが 
以前にもスズメバチが直径30センチほどの巣を作った時も巣が大きくなるまで気付かずに毎日その1メートル下を歩いていたのだ。
浜は魚を干したりするので肉食のスズメバチはよく見かけるのだが
スズメバチは意外と襲って来る事は無い マムシも自分から襲う事は滅多にないそうで
自然界では自分の影響力を知ってか知らずか強いものほどチャラチャラと用もないのに簡単に襲ったりしないのかも知れない 責任は持てないが 
ま~人間界は弱い犬ほどよく吠えると言う。

なんのこっちゃ~

和風キャバレー風の桜井よしこと仲間らしいが単細胞の水田水脈を百歩譲って見てもおかしい
子供を産まない事は生産性が無いと言うが 
あれ~安倍首相に大層気に入れて特別に自民党に鞍替えして選挙に受かったのに 
その大恩人の首相には子供がいないぞ~生産性がね~のじゃね~か~
水商売風大好きな安倍晋三首相はなんでか稲田ナンチャラとか水田水脈とかオッカ~も含めて女を見る目がないな~
女を見る時にヨコシマな考えが見え隠れるしてるぞ~
国会議員の殆どは税金で食わして貰ってほぼ生産性ゼロで生産性などあるのか疑問だが
国民も生産性と経営者目線を持とう定年延長などこれらの意見は連携していて。
あっち痛いこっち痛いと言う歳食った国民をクタバルまで働かせてムシリ取ろうと言う考えなのだ。
歳食ったらぼ~とした頭でそこそこに暮らすのが一番で定年延長などは政治の失敗なのだ。

最近の筋肉バカは相撲からレスリング、アメフト カヌー ボクシングとトラブルが噴出
それは公や国を私物化して嘘もつき放題で力に頼る安倍一強の弊害がここに来て表に出てきたのだが
組織の名前を入れ替えれば今の安倍首相とほとんど共通する。
例え本当の事でも認めさせしなければ無かった事に出来ると言う。嘘のつき放題 忖度のし放題
頭の良い連中が考える嘘はクソ熱い中で身体を使って働く労働者などチョロく騙せると思ってる。
なにが 「 美しい日本を取り戻そうではありませんか 」 などと 
森友加計とどの口が言うのか恥と言うものを知らない指導者を皆が見倣った結果がここに来て表ざたになっただけ

それもこれも選挙に行かない連中は白紙委任をしたのと一緒なので文句を言ってはいけない
クソ熱い中で働いて働いて生産性を上げて税金を納めて勘違いも甚だしいクソ政治家に付いてゆきましょう。

背広とネクタイに騙されてやがんの~

今日はすぐ傍にスズメバチの巣を発見 巣は壁に付いて落とすにも苦労しそうなので
作戦を練りに練って車で近づき車の中から巣の中にキャブクリーナーを巣にたっぷり掘り込んでやった多分中は〆たと思うのだが
スズメバチ巣駆除はこれで三度目だが一網打尽にする為に今回は稼ぎに出掛けた労働者ハチが巣に戻って来るまで待ったが夜中でも巣の回りをわずかな光を頼りにか夜中の8時になっても夜間歩哨担当ハチだと思うのだが巣の付近をチョコマカと歩いている。
少し可哀想だがナンマンダブ~


朝になって自画像を再度見ると我ながらツラが朝飯に向かない事がわかったのでさらに修正

袖もしっかり締まる防寒着とフルフェースを被って夜中の9時から駆除作業に
暗くて表に逃げたハチはどれほどいるのか分からないので明日朝に確認をして残った巣も取り除く事にする。
今度は殺虫剤を使わずに凍結スプレーで落としてオロナミンCの瓶にスズメバチ3匹と合同焼酎を入れて滋養強壮にオロロン北海スズメバチ三兄弟 350円どうだ~

華火

通り掛かりも何もない自己紹介など一切なしの例年の花火鑑賞会 
いつから始まり何時で終わるのかわからん呑み会も
かなり呑んでも顔に出る事は無い俺は花火も何がなんだかわからんうちに寝てしまい気付いたら朝だった。
銘々がトマトや野菜やツマミを持込んで割と健康的な呑み会も
あと何回こうして見る事が出来るのだろうかと言ったNさんの言葉が実感として迫って来てる
増毛の沢に内地から来て雪が降らない時期だけ移住して来る人の白樺樹液を呑んだせいか朝はスッキリ起きる事出来たし酒は楽しく大勢で呑むのが楽しい

昔原野二線極貧集落と神居岩極貧集落でどこかから拝借したリヤカーに足の悪い子を乗せて花火の見える処まで港に向かって歩くのが貧乏集落のクソガキ達の恒例の行事だった。
数十年後入ったキャバレーで集落出のK子に偶然逢った、すがり付いて泣く子はいま何処に
神居岩集落はいまはすっかり家もなくなり沢山あった地蔵さんも何処かに行ってしまい面影もない
僅かに残るのは道の西側に朽ち果てた家が一軒残るのみになった。
俺が思うにはバカスカ揚がる花火もいいが  
数千発揚がるらしい花火の中に10発でもいいので思いっ切り高く揚がり数十キロ先から
常の向こうの集落からでも見える華火があってもいい様な気がする。
どこかに車の無い人も
小さな窓からしか華火を見る事が出来ない人もいるような気がしてならない

花火もろくに見んで綺麗なネェチャン達と酒ばかり呑んでいて言うのもなんだが
関係者スマン

花火

今日はここの前の港で花火大会 一杯やりながら見る事に 
誰にでも席は空いている。
さ~誰でもどうぞ 条件は他人の事はほっとけ

花火と言えば忘れられない思い出があり 十数年来の事がもうすぐ決着が付く 
何処かで書き残しておきたい気持ちはあるが それは絶対にここでは書く事も語る事も出来ない 
花火は音と光がセットで近くで見る花火もいいが遠くで遅れて聞こえる音もいい 
スーパーの安売りのにようにまとめてバカスカ揚がるのより
ひとつづつシミたれたように忘れた頃に揚がる花火が好きになった。

蜂の一刺し数回

毎日がこの辺りにしては28度から30度と異常に熱い 寒さには多少の耐性があるが熱いのに弱い俺は毎日が大変で意識が朦朧とする事があった。
マイナス20度超えで何度も仕事をしたので熱さ寒さを二者択一すると寒さを選ぶ 
だがそれにも加減や程度など限度があり正確には熱さはどこまで寒さはどこまでとなってゆく 
俺は熱さはせいぜい25度以下で寒さはマイナス10度以下ならそこに住んでもいいと考える。
北海道には一時にマイナス40度超える処で生活してる人もいるが数日の仕事ならいけるが普通にマイナス20度がある そこで暮らす事が出来る身体や生活装備は持っていない。
熱さ寒さも物事すべて作用反作用のバランスの中で成立ち加減があり程度がある。 
現在はたったの数字の字面で、その中で詳しい情報を開示せずに さ~どっちかを選べと二者択一を選択させてるような気がしてならない、

実際にコイツを〆てやろうかと一瞬思った事が数回あるので 
死刑制度はある程度の抑止効果はあると思っているので死刑制度廃止論者ではないし
それが他の事件なら命には命で償えと思うのにどこが違うのか 主犯は当然としても昨日もなぜか虚しさがよぎった。
なぜ頭の良さそうな者達がハマッて行ったのか もし自分だったなら危ない思想から逃げ切る事は出来たのだろうか
どこでどう間違ったのかもう少し時間を掛けて探ってゆく方がいかったのではないかと思ったし
極端な頭の良さはドンドン純化して機械のようになってゆくような気がしてならない
機械でさえバックラッシュ遊びが無ければすぐ壊れてゆく 
人の間の社会では寛容と言うらしいが
政治は人間にも生産性と経営者目線を求めてゆき 金を持った者は小さな地球をさらに小さくしてゆく 
それがあたかも永遠の真理のようにおっしゃる首相や病的なほど女を見る目が無い首相推薦の国民の代表の杉田ナンチャラ先生達がおっしゃる。

今の社会状況を30年以上も前に頭の良さから予測して真剣に悩んだ頭のいい連中が小汚いオヤジにいい風に騙されたのだろうと思うのだが
科学は充分に進んだ これからは今あるものを大事に維持し分け合う科学と商売が求められているような気がしてならない。

10年以上まったく使っていなかった船がウラジオストックで使われる為に行ったが~

10年の間に雑草は直径10センチほどの木になっていて それをチェンソーで伐採して不用意に船に乗り込んでキャビンの中に入った。

キャビンの中には黄色スズメバチの巣が一個と多分足長ハチと思われるハチの巣が二個もあった。
狭いキャビンの中で逃げるとこは何処にもなく中にあった魚のタモ網で応戦したが多勢に無勢でハチ達にムタクタ刺されてシマッタ
考えたらタモ網とパーツクリーナー( パーツクリーナーはなぜか黄色スズメバチは大嫌いらしいスズメバチに聞いた訳ではないが )で応戦してもB29に竹槍だった。
いまこうしてられるのも不思議 
以前から多少銭にも色にも眼はくらんでいるが数日眼がおかしかった。
教訓 黄色は注意 赤止まれ バカはクタバラナイ